ご挨拶

医療法人社団アップル歯科クリニック 理事長 吉見哲朗からのご挨拶

はじめまして。医療法人社団 アップル歯科クリニック 理事長の吉見哲朗と申します。 この度は、たくさんある歯科医院の中から、三宮アップル歯科に興味を持って頂きありがとうございます。

医療法人社団アップル歯科クリニックは2004年の5月に、明石市大久保町にて私が開業したアップル歯科クリニックから始まった歯科医院です。(2010年に法人化し、現在は医療法人社団アップル歯科クリニック) 私が「痛くなく・怖くなく・通いたくなる歯科医院」を目指し、お隣の明石市に開業して10年が経ちました。 私は開業して間もないころ、「治療が痛くなければ患者さんは喜んでくれる」「予防で地域のむし歯や歯周病で悩む人を減らす!」と、意気込んで開業しました。ところが実際はそんなに甘い世界ではなく、痛くない治療をしても、予防の大切を伝えても患者さんの心に響くことはありませんでした。

そんな毎日にもやもやしているとき、ある人から、「患者様に話をするのではなく、話を聞いてあげるんだ」というアドバイスをいただきました。ものは試しとそれから私は患者様のお悩みに耳を傾けることから始めてみました。すると今までいくら熱く説明しても患者様には伝わらなかったことが、患者様の質問にお答えすることであっさりと伝わるようになったのです。


大切だったのはこちらが一方的に話すことではなく、まずはお話を聞くことだったのです。 アップル歯科が、カウンセリングを大切にしているのはそういう歴史があります。現在明石・加古川にはカウンセリング専門のスタッフも在籍しています。まず患者様のご要望や悩みを伺うこと。それに対してどのような選択肢や未来があるかを説明すること。アップル歯科では患者様のお悩みやご都合に応じて治療方法をご提案し、複数の選択肢の中からご自身で治療方法を選んで頂く、そんな治療スタイルを確立してきました。私たち歯科医師は、患者様が治療を選ぶに値する情報を、メリット・デメリット含めてご説明することにあると考えます。

歯医者が嫌い・苦手な人にこそ来て頂きたい歯医者です

アップル歯科は我々が目指す歯医者像として、「歯医者っぽくない歯医者」を掲げています。これは中高年の方には特に「歯医者に行ったら口を開けて、歯を削り、銀歯を詰めて終わり」という感覚をお持ちの方が多いからです。昔の治療を悪く言うわけではありませんが、歯医者には一時期、そういう治療の仕方をしていたところがあったのも事実だと思います。私自身、子どもの頃そんな歯科医院でそんな治療を受けた経験者でもあります。そのせいで中高年層には歯医者嫌いな人が多いのでは?と疑ってしまうこともありました。 そういう時代や歯医者があったのかもしれません。しかし、今はそんな歯医者ばかりではありませんし、少なくともアップル歯科はそんな歯医者ではありません。 だからこそ私は、そんな昔の歯医者に対する「ネガティブなイメージ」を払拭することも、アップル歯科の使命だと考えています。

三宮でも世界水準の歯科治療を

このたび、神戸・三宮に3つ目のアップル歯科を開院するきっかけとなったのは、「患者様からのご要望」が第一の理由です。アップル歯科では、毎月治療を終えられた患者様からアンケートを収集し、患者様のダイレクトなお声を治療に活かすよう心がけています。 そんな中治療のこと・設備のこと・スタッフのこと、様々なご要望にお答えしてきましたが「駅前にアップルを移転して欲しい」「電車で通える場所に作って欲しい」というたくさんのお声にお答えすることができませんでした。 しかしそれは費用や場所の問題ではありません。私がアップル歯科を作る上で一番大切にしているのは、やはり「治療の質」です。ですから、ちょっと上手くなったドクターや、経験のある歯科医師だからといって、簡単にアップル歯科を任せるわけにはいかないのです。 つまり、逆に言うと今回三宮アップル歯科を開業したということは、「任しても良い」と考えられる歯科医師が育ったということです。 私たちアップル歯科は「世界水準の治療を地域の皆様に」という合言葉の下、歯科医師をはじめとして、歯科衛生士・技工士、すべてのスタッフが毎週のように国内外のセミナーや学会に参加し、常に技術と知識の研鑽を行なっています。 ですから、三宮アップル歯科でも保険・自由診療を問わず明石・加古川と同じぐらい質の高い治療をご提供できると確信しています。

分院ではなく3つ目のアップル歯科

三宮アップル歯科は、大型医療法人でよく言う「分院」ではありません。明石・加古川と同程度の治療や医療サービスを加ご提供できる「3つめのアップル歯科」です。 規模こそ大きくはありませんが、設備も明石家加古川に引けをとりません。院長をお任せしている和気は他院の先生にも認めて頂けるような優秀なドクターで、口腔外科や全身疾患との関わりにも詳しい知識の持ち主です。 「本院の方が治療のレベルが高いのでは?」と考えておられるようでしたら、安心して三宮アップル歯科にお越し下さい。


最後に、私たちアップル歯科が目指す最終的な目標は予防に特化した歯科医院になることです。 歯は削れば元にはもどりませんし、抜いてしまえば生えてはきません。ですから、80歳まで20本の歯を残す8020運動に共感し、少しでも歯を長持ちさせることを考え、日々診療に励んでおります。 治療はそのための第一歩です。痛い治療ではなく、気持ちい予防で、神戸・三宮にお住まい、あるいはご勤務されておられる皆さまと末永くお付き合いできる事を心より願います。 皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。


医療法人社団 アップル歯科クリニック 理事長 吉見哲朗


タグ: , ,


三宮アップル歯科院長 和気正和からのご挨拶

院長 和気正和からのご挨拶

三宮アップル歯科のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。三宮アップル歯科院長の和気と申します。私は三宮アップル歯科を、「皆さんが通いたくなる歯科医院」にしたいと考えています。三宮アップル歯科は、他の2つのアップル歯科(明石・加古川)に比べ、極めて駅に近い立地の歯医者さんとなります。

駅前の歯医者さんとなると、どうしても「詰め物が取れた」「急な痛み」などで「ちょっと治して」という気持ちでお越しなる方もおられるかもしれません。もちろんそんな患者様も大歓迎です。きっかけは何でもです。ただその治療をするにあたって「何故取れたのか?」「何故痛くなったのか?」を考え、しっかり治したいという思って頂くために、カウンセリングを通じてあらゆる情報・治療の種類をご提案させて頂きたいと思います。「キレイに治してしっかり予防」につなげて頂く、その結果患者様のHappy Lifeにつながる。私たちアップル歯科は、そんな治療を目指しています。


院長 和気正和の歩み

私はもともと歯医者になる運命だったのかもしれません。

院長 和気正和からのご挨拶

私が歯医者になると決めたのは、まだ私が歯医者の歯の字も知らない頃のことでした。私の祖父が歯医者だったことが影響しているとは思うのですが、小さい頃からなぜか刷り込まれたように「将来は歯医者」と口にしていたそうです。すでに小学校のときには友達の前ででも「歯医者になる」と公言するようになったのを覚えています。今になってふと思うのは、歯医者の遺伝子の隔世遺伝的なものだったのかな?と考えています。

勉強していくうちにはまってしまった歯医者の世界

結局受験の前でも「やっぱり歯医者」という意志は変わらずそのまま大阪大学の歯学部を受験。そしていよいよ歯のことを勉強し始めた途端、歯に魅了されている自分がいたのです。やはりなるべくしてなったのか、歯の知識に対する欲求が自分の中でどんどん大きくなっていったのを覚えています。

大学で学んだ知識、口腔外科で身につけた技術

大学の授業は、私にとって毎日が新鮮であり楽しみでした。そこで気づいたのは、歯科はどうしても専門に特化しやすいということです。だから私は、先に学ぶべきものとして口腔外科を選び、滋賀の成人病センターにて歯科医師の第一歩を踏み出しました。成人病センターは歯科のみならず、全身の病気で来られる患者様がたくさん来られます。そこで私は人の健康に直面し、「医療」というものを学び、医療の中で歯科に何ができるのか、その役割を学びました。


食べる喜び、笑える幸せを提供するために

院長 和気正和からのご挨拶

アップル歯科に入り、包括的な治療を始めみて感じたのは「自分の無力さ」でした。口腔外科での仕事には満足し、やりがいも合ったものの、私が見ていたのは「病気」に過ぎなかったのです。もちろんそれは必要な仕事であり自分の目指してきたものでもあったのですが、一人ひとりの患者さんと向き合い、その悩みに寄り添って解決していくことに喜びすら憶えました。「患者を診ること」それが私の求めていたことだったのです。そして気づいた大切なことが「治すだけでなく悪くならないようにすること」です。それが出来れば、口腔外科に来られていた患者様のような辛い思いを少しでも減らせる。それこそが私のやるべきことだという考えに至ったのです。つまるところ私たちが歯を治すというのは、健康のお手伝いをすることだと考えています。口は「食べる」「話す」「笑う」全ての出発点です。人は食べなければ生きていけず、話せなければ孤独になり、笑えなければ人生を楽しむことができません。だからこそ私はお口の健康を通じて、患者様に食べる喜びや笑える幸せを目一杯感じてもらえる、そんな治療ができる歯科医師になるために日々研鑽を続けて参ります。ですから三宮アップル歯科では「悪いところを治す」だけでなく、「その後の患者さんの人生を良くする」ための治療を提供し、予防に努めて参りたいと考えています。

三宮アップル歯科にお越しになられた際には、ぜひカウンセリングの機会を取って頂き、これから皆さんの幸せにつながるような、そんな治療の話を聞いて頂ければと思います。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

三宮アップル歯科 院長 和気正和


タグ: , ,



三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:10:00~19:30
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スタッフからのお知らせ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
グループ医院のご案内 歯科 明石・神戸市西区 明石アップル歯科 世界水準の歯科治療を明石で
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1
TEL0120-952-118
歯科 加古川・高砂 明石アップル歯科 世界水準の歯科治療を加古川で

兵庫県加古川市平岡町土山909-33
TEL078-942-4185

各医院直近の予約状況

三宮アップル歯科

予約率85%
やや取りやすい状態です

DR【2名】 診療台【3台】空き枠15%

明石アップル歯科

予約率80%
取りやすい状態です

DR【6名】 診療台【11台】空き枠20%

加古川アップル歯科

予約率95%
取りにくい状態です

DR【4名】 診療台【6台】空き枠5%


このページのトップへ