神戸市の歯医者【三宮アップル歯科】HOME  > 歯並びや咬み合せの悩み
歯並びや咬み合せの悩み

歯列矯正について

なぜ歯列矯正が必要なのか

なぜ矯正治療が必要なのか

アップル歯科の得意な治療のひとつが歯列矯正です。歯列矯正というと、「子どもがするもの」とか「治療期間が長い」とか「装置の違和感がありそう」などのイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。そしてほとんどの方が必要のないものだと思われておられうと思います。 しかし厚生労働省が行っている歯科疾患実態調査によると、平成11年度:叢生なしの人277名、叢生ありの人が241名・平成17年度:叢生なしが148名、叢生ありの人が98名、平成23年度:叢生なしの人117名、叢生ありの人が98名と、毎回40%以上の人に叢生が認められているのです。叢生とは歯がガタガタに並んでいる状態。「見た目さえ気にしなければ別に良い」と思われる方もいらっしゃいますが、実は見た目だけではありません。

叢生の場合の見た目以外のリスク

  • 歯磨きで磨きにくい場所が増えるため、虫歯のリスクが高くなります
  • 磨き残しが多いため歯垢や歯石がたまりやすく歯周病のリスクが高くなる
  • 上と下の歯が正しい位置で咬めていない可能性が高く咀嚼効率が悪い

  • 叢生の場合の見た目以外のリスク

    見た目だけでなく咬み合わせを考えた治療

    そしてそれらは見た目でわかる叢生のみではありません。前歯が出ている上顎前突や受け口の下顎前突、八重歯も叢生ですし、前歯で噛めない開咬などもあります。これらは全て上記のリスクや咬み合せの危険性を持った歯並びなのです。 歯並びを治すことは、見た目の問題のためではありません。将来健康で壊れにくい口腔内の環境を作ることが第一なのです。そこにおまけで見た目がついてくると言っても過言ではありません。三宮アップル歯科では、「矯正が必要である」と判断した場合、患者様を主訴を問わず矯正治療を選択肢に含むことがあります。もちろん決めるのは患者様自身ですが、もし、ご自身の歯を長く健康に保ち、心身の健康の礎としたのいのなら、これから長い人生を支えるための歯のことです。ぜひ一度ご提案内容をご検討下さい。


    三宮アップル歯科の矯正治療の特徴

    三宮アップル歯科の矯正治療の特徴

    三宮アップル歯科の矯正治療は、元町の矯正歯科「アキラ矯正歯科クリニック」との連携を行った治療となります。アキラ矯正歯科クリニックのDr楊浩彰は日本矯正歯科学会の認定医です。矯正の一番のポイントは最初の診断と治療計画です。この2つを矯正医を交えて診断・検討していきます。矯正専門医院との違いは、総合的な診断ができること。例えば矯正治療と審美補綴(キレイな被せ物や詰め物に変える治療)や、インプラントを絡めた矯正治療、矯正治療中の歯の管理なども可能となることです。しかも、ブレーンとして矯正医の目が入っていますので自信を持ってご提案できるのです。「どこで歯並びを治せば良いのか」「自分は歯並びの治療が必要なのか」とお考えなら、まずはご相談だけでも結構ですのでお越しください。


    タグ: , ,


    歯並びや咬み合わせの悩みについて

    歯並びや咬み合わせの悩み

    歯並びや咬み合わせは「生まれつきのもの」と、気にされない方も多くいらっしゃいます。確かに歯並びは遺伝が大きく影響する上に、咬み合わせも決まってきます。しかし、悪い歯並びや咬み合わせは見た目に問題があるだけではなく、自分の歯を長持ちさせるためにも改善する必要があります。

    歯並びによる影響

    歯並びを治したいと歯科に通われる方のほとんどは、「審美的」、すなわち見た目の改善を図りたい方が大半を占めます。反対に歯科医院から矯正をおすすめする場合は見た目も去ることながら、「自分の歯を健康的に長持ちさせる」ためであることが主となります。歯並びが悪いと、自分では磨けない・磨きにくい場所が多くなり、そこにむし歯菌や歯周病菌が溜まりやすくなり、むし歯・歯周病になりやすくなります。また、しっかり噛み合っていない歯は、支えとしての役割を果たせていないために、周りの歯を弱くする原因になることもあります。これらの歯並びの大半は「歯列矯正」で改善することが出来、それによってむし歯や歯周病になるリスクを大幅に下げることが出来ます。

    咬み合せの影響

    咬み合わせが悪いと、顎の関節が悪くなり口が開けにくくなることもあったり、顔のゆがみや歯ぎしりによる歯の摩耗がひどくなることもあります。咬み合わせは小さな問題でしたら高さを調節したり、マウスピースなどの対処療法なども考えられますが、大きく変える場合は歯列矯正で改善することもあります。

    歯並びや咬み合わせでお悩みの方

    歯並びや咬み合わせでお悩みでしたら、まずはご相談にお越し下さい。叢生や反対咬合、前突や顎関節症、それぞれ放っておくより治した方が良い場合が多々あります。また、早めに治療することによってその先正しい咬み合わせで過ごせる期間は長くなります。少しでも「治してみようかな?」と思うようであれば、お気軽にご相談下さい。また、当院から歯並び・咬み合わせについてご指摘させて頂いた場合は、ご自身の人生に関わることだと思い、しっかりご検討頂ければと思います。


    タグ: , ,


    咬合性外傷について

    咬合性外傷

    咬合性外傷とは

    咬合性外傷とは、バランスよく歯が咬み合っていないことから起こる歯の損傷です。人間の咬合力(咬む力)は通常50kg〜100kg程度と言われており、歯は隣り合う歯と支えあいながらその力を分散することで均衡を保っています。 しかし、一本の歯がバランスを崩したり、歯並び的にしっかり咬み合っていなければ、時間の経過とともに徐々に歯はダメージを蓄積しています。 歯へのダメージは咬合面(咬み合っている面)にも現れますが、時として歯の根を支える骨(歯槽骨)をも侵襲していきます。ダメージを受けた骨は徐々に歯を支えきれなくなり、最終的には破壊され、歯が抜けてしまいます。


    咬合性外傷を放っておくと

    咬合性外傷

    咬合性外傷の進行は、奥歯から始まります。奥歯はひと目につかず「1本ぐらいなくても」と放っておかれる方もたまにおられますが、実は咬み合わせにとってもっとも重要なのがこの奥歯なのです。奥歯がなくなると咬み合う力を支えることができなくなり、家の屋根とおなじに「ペシャッ」と潰れてしまいます。 柱を失った屋根がどうなるかというと、写真の前歯のように前に倒れながら潰れて、最終的には前歯も失うことになります。これが咬合崩壊です。1本の抜歯が全ての歯を失う原因となる。これが咬合性外傷の怖さなのです。28(32)本あるんだから1本ぐらいと考えるのではなく27本を支えるための1本だと考え、歯に違和感を感じたらすぐにご相談下さい。


    咬合性外傷の治療と予防

    咬合性外傷の治療

    咬合性外傷の治療として考えられるのは、抜けてしまってからの欠損補綴と、抜けるまでの予防として歯の定期検診が挙げられます。欠損補綴となると1本の欠損であれば入れ歯やブリッジも可能ですが、どちらもバネをかけたり歯を被せるために健康な歯を削ることになります。 独立して同じ支えとして機能させるとなると、自由診療のインプラントが考えられます。どの治療法にしろ、失った歯は戻りませんので、やはり最良の選択は「予防」ということになってきます。 歯の定期検診に通っていれば、レントゲンや精密検査でその徴候を発見することが可能です。歯が歯槽骨を破壊し始める前に、歯の高さを調整したり、歯並びを改善することで歯を失うリスクを下げることができます。 1本の歯から残りの歯の寿命が短くなることがあります。特に咬合性外傷は50歳前後から急速に抜歯の原因となる病気ですので、きちんと定期検診で予防することをおすすめします。



    タグ: , ,


    顎関節症の治療について

    咬み合わせ

    正しい咬み合わせは心身の健康に繋がります

    顎(あご)から音が鳴る、口が大きく開けようとすると痛い・開かない、顎(あご)が痛い。それは顎関節症の症状かもしれません。他にもそこから派生し、肩こりが酷い、偏頭痛がするなどの弊害が現れることも・・・。顎関節症は、自然になるものもありますが、痛みがある異常原因があることがほとんどで、その原因を除去することが症状の緩和だけでなく将来的なお口の健康にも役立つものであると思います。


    顎関節将の原因

    義歯・入れ歯

    顎関節症の原因は、少し前まで「咬み合わせ」であると言われていました。現在では多因子病因説といって、様々な要因が絡みあうことで症状をもたらすという、いわば原因を特定するのが困難な病気とされています。前述した咬み合わせはもちろん、打った・ぶつけたなどの外傷や、身体の構造的な問題、あるいは習癖が要因となっていることもあります。 現在ではその習癖が問題であることが最も多いともされていますが、こればかりは人によって違いますので、一つ一つ改善していくことで要因を探ることが根本的な治療につなげる手段であると考えられます。


    顎関節将の治療

    義歯・入れ歯

    歯の治療後から顎関節症が発生した場合、もちろん考えられる原因は咬み合わせであるというとです。その場合は咬み合わせをしっかり診断し、歯を削ったり高さを調節しながら、スプリントという装着物(マウスピース)により痛み・炎症の原因の緩和や顎位の調整を行います。 また、歯ぎしりが原因である場合もマウスピースの着用により緩和されます。 審査・診断を行った上で歯科的要因以外が原因として考えられる場合は然るべき機関にご紹介させていただくことも可能です。



    タグ: , ,


    自由診療 料金【矯正治療】

    種類 説明 料金
    診断料
    診断料
    パノラマレントゲン・セファロレントゲン・顔面写真・口腔内写真・咬合模型等、歯列矯正に必要な診断資料を採取します。 30,000円+税
    mtm
    MTM
    1本~数本だけを動かす矯正です。適応には限りがあります。 100,000円~300,000円+税
    ブラケット矯正
    ブラケット矯正
    一般的なブラケットという装置を使った矯正です。ブラケットには様々な種類があり、種類ごとに費用が加算されていきます。 片顎300,000円+税
    両顎600,000~700,000円+税
    メタルブラケット
    メタルブラケット
    金属のブラケットを使用する歯列矯正です。少し前までは最もポピュラーなブラケットでしたが、金属が目立つデメリットがあり、使用者は減少傾向にあります。 600,000円+税
    クリアブラケット
    クリアブラケット
    クリアブラケットという透明のブラケットを使用する歯列矯正です。透明なブラケットで目立ちにくく、アップル歯科ではポピュラーな矯正です。 650,000円+税

    デーモンシステム
    弱い力で無理なく歯を動かすデーモンブラケットという特殊なブラケット矯正の一種です。 700,000円+税
    アイブレイス
    アイブレイス
    歯の舌側に着けるオーダーメイドのブラケットです。目立ちにくいブラケットですが、滑舌に多少影響します。 (両顎)1,400,000 円+税
    (コンビネーション)1,100,000 円+税
    プチ矯正
    プチ矯正
    部分的な矯正治療を行う方法です。適用には限りがあり、費用は検査の上でお見積りとなり、難易度により異なります。 応相談
    難加算 歯の移動が難しい場合、治療が難しい咬み合わせの場合には加算があります。 100,000円~300,000円+税
    挺出
    挺出
    矯正の機能を使い、歯の根を少し引っ張り出す方法です。 50,000円+税
    ムーシールド
    ムーシールド
    小さなお子様うちに修正を試みる反対咬合の早期治療です。 1装置80,000円+税

    調整料
    来院ごとの矯正の調整の費用です。通常月に1〜2回程度です。 3,000円~5,000円+税
    mtm
    咬合育形成
    11歳ごろまで可能な顎を広げて歯を並べる矯正です。 400,000円~500,000円+税
    ミニインプラント
    矯正用ミニインプラント
    小さなインプラントを歯ぐきに埋入し、そこをフックにしてワイヤーをかける方法です。通常ではかけられない場所にワイヤーをかけることで歯の動きが早くなります。
    (床矯正あるいはムーシールド終了後に全体矯正をする場合は1装置分の費用は全体矯正の費用の一部とします)
    20,000円+税
    リテーナー
    リテーナー
    矯正治療が終った後に、後戻りを防ぐために着ける装置です。 片顎10,000円+税
    MFT
    MFT(筋機能療法)指導
    お口の癖を治すための指導とトレーニング、歯科医師によるチェックとアドバイスを行います。 30分/3,000円+税
    コルチコトミー
    コルチコトミー
    歯肉を切開し、歯槽骨に切れ目を入れることにより、矯正のスピードを速くしたり同時に歯周病の改善も行う小手術です。 1ブロック100,000円+税
    フルブロック600,000円+税

    タグ: , ,


    自由診療 料金【咬合治療】

    咬合治療に必要な費用

    種類 説明 料金
    咬合治療 通常症例 咬合治療 通常症例 診断・精密検査1の上、スプリント(マウスピース)による痛み・炎症の原因の緩和や顎位の調整を行います。 50,000円+税
    咬合治療 難症例 咬合治療 難症例 診断・精密検査の上、スプリント(マウスピース)により痛み・炎症の原因の緩和や顎位の調整を行います。難症例の場合、通常よりも精密な処置・施術を行います。 100,000円+税
    調整料 調整料 スプリントの調整や経過監察、顎位・咬み合わせの高さ調整。 1回/5,000円+税

    タグ: , ,


    自由診療 料金【顎関節症治療】

    顎関節症に必要な費用

    種類 説明 料金
    咬合調整 咬合調整 咬合紙などを用いて上下の歯の不正な接触関係を確認し、咬み合せの調和がとれるように削合することで、顎関節への負担を減らすことで炎症や不快感を抑える方法です。 30分/5,000円+税
    咬合治療 難症例 スプリント マウスピース 診断・精密検査の上、スプリント(マウスピース)によって痛みや炎症の原因を緩和し、顎位の調整を行います。難症例の場合は通常より精密に処置を進めていきます。 20,000円+税
    調整料 診断料 エックス線撮影法、歯科用CTをはじめとした画像による診断、咬合紙を使った咬み合わせの診断、顎の動きの検査などを行います。 10,000円+税

    タグ: , ,



    三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
    診療時間
    月・火・木・金:10:00~19:30
    :9:30~17:00
    休診日
    水・日・祝
    所在地
    神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
    三信ビル3F
    電話番号
    078-200-6802(むし歯ゼロに)
    ※急患・新患受け入れ可能

    診療カレンダー

    三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
    院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
    理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
    スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
    スタッフからのお知らせ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
    グループ医院のご案内 歯科 明石・神戸市西区 明石アップル歯科 世界水準の歯科治療を明石で
    兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1
    TEL0120-952-118
    歯科 加古川・高砂 明石アップル歯科 世界水準の歯科治療を加古川で

    兵庫県加古川市平岡町土山909-33
    TEL078-942-4185


    このページのトップへ