三宮アップル歯科HOME >  2017年 1月の記事

歯周病のセルフチェックと治療法

歯周病かな?と思ったら

歯周病かな?と思ったら

全世界で最も蔓延している病気としてギネスブックにも載っている歯周病。歯ぐきが腫れぼったい、歯磨き中に血が出てきた、口臭が気になる・・・etc。自分は歯周病かな?と思った時は以下の自己診断を行って歯医者に行くことを検討してみてはいかがでしょうか。

歯周病セルフチェック(複数選択可)
生活のリズムが不規則だと思う
起床時、口の中が粘ついていると感じたことがある
歯ぐきが以前より赤みがかっている気がする
歯ぐきが腫れている・たまに腫れる
歯磨きをすると出血することがある
口臭が気になる、指摘されることがある
歯と歯のすき間が以前より広がった気がする
歯ぐきから膿のようなものが出ることがある
以前より、歯が長くなった気がする
歯が動揺している、ぐらぐら揺れる

合計:
歯周病かな?と思ったら

リスクの合計が 0 の方
今のところ歯周病である可能性は低いです。しかし、歯周病は自覚症状の出にくい病気です。何らかの要因で「歯周病かな?」と思ってこのセルフチェックをされたのであれば、歯周病である可能性はあります。気になる方は歯科医院に検査をしに行きましょう。

リスクの合計が 5 以下の方

軽度の歯肉炎であることが疑われます。軽度であれば歯科医院での歯石取りと歯のクリーニングで改善することが多いです。また、歯磨きとデンタルフロスでしっかり歯垢を取り、規則的な生活を心がけることも悪化を防ぐことが出来ます。

リスクの合計が 10〜15 の方 軽度から中等度の歯周病であることが考えられます。早目に歯科医院へ行って検査と治療を始めましょう。また、喫煙者の場合歯周病の悪化を早めることもありますので禁煙を心がけましょう。

リスクの合計が 20〜60 の方

中等度以上の歯周病であることが考えられます。見た目や口臭も悪化している可能性もあります。放っておくと歯を失う恐れがあるばかりか、1本失うと立て続けに抜けていく可能性がありますので、早急に歯科医院での治療を開始しましょう。

リスクの合計が 65 以上の方
重度の歯周病であることが考えられます。もしかして歯が抜けそう、あるいは歯が抜けてしまっている状態ではありませんか?グラグラの歯がある場合は、歯科医院にいっても抜歯の適用になることもあります。これ以上の悪化を止めるためには歯科医院での治療と、抜歯の有無や可能性がある場合は欠損補綴(歯が抜けた後の治療法)を考える必要もあります。

上記はあくまでセルフチェックです。正しい診断をするには歯科医院での検査が必要です。自分では「大丈夫」と思っていても実は大丈夫でないのが歯周病の怖さの一つ。「どこかで時間を見つけて検査に行こう」と考えておられる方、そのまま考えっぱなしになっていませんか?まずは歯医者を予約して、しっかり検査、早めの治療を行っていきましょう。また、リスクが少しの方も「軽度だから」と安心するのは危険です。歯周病は進行する病気です。例えばガンが見つかって「軽度だからまだいいか」と考える人はいません。軽度だからこそ早めの治療が肝心です。

歯周病の検査法

歯周ポケット検査

歯科医院では歯周病の進行を調べる際、歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度合いを図ります。

歯周ポケット 進行度合い 状態
正常な歯肉
1〜3mm
正常な歯肉 健康な状態の場合は、歯周ポケットとは呼ばず歯肉溝と呼びます。
歯肉炎
1~3mm
歯肉炎
歯と歯茎の間の溝に歯垢(プラーク)がたまり、歯茎が軽い炎症を起こしています。ポケットの深さは正常な歯肉と変わりません。
軽度歯周病
3〜5mm
軽度歯周病 歯茎の晴れが大きくなり、歯周病菌が歯の周りの組織に侵入し、歯を支えている土台となる骨が破壊され始めました。
プレミアム
4〜6mm
中等度歯周病 炎症がさらに拡大して、歯の周り骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつき始めました。歯周ポケットもさらに深くなっています。
重度歯周病
6mm以上
重度歯周病 歯の周りの骨が半分以上破壊され、歯はグラグラです。抜歯が適用されることもあります。

※上記はあくまで目安です。歯周病の進行度は歯周ポケットの深さのみではなく、X線による骨吸収の量を診て歯科医師が総合的に判断します。

歯周病の治療法

1.自分でできる治療法
残念ながら、実際に歯周病に罹患していまっていれば自分だけで治すことは困難です。ただ、軽度の歯肉炎であればセルフケアの質を上げることで改善することがあります。セルフケアの質を上げるためには「磨き残しのないきちんとした歯磨き」「デンタルフロスや歯間ブラシによる歯間の掃除」「洗口剤による予防」などが上げられます。

歯周病って治るの?治らないの?

歯周病って治るの?治らないの?「歯周病は治ります」という歯医者もいれば「歯周病は一度なってしまうと治らない」という歯医者もいます。一体どちらなのでしょうか?厳密に言うと「治る」というよりは「改善」というのがアップル歯科の歯科医師の見解です。 それを治ると捉えるかどうかは患者さんの治療後の感じ方であるのではないでしょうか?痛みや腫れが治まれば「治った」と感じる方もおられますし、抜歯になりインプラントを入れたことにより「前より良くなった」と感じる人もいます。反対に「痛みや腫れは落ち着いたが、痩せた歯ぐきや抜けた歯は戻らない」と、完治はしていないと感じる方もおられます。ただ、いずれにしてもほとんどの方が、治療することによって悩みを解決できたと喜ばれる場合がほとんどです。歯周病が主訴で歯医者に来られる患者さんのほとんどは「歯ぐきの腫れや痛み・退化」「口臭」「歯のぐらつきや抜歯」がほとんどです。それらの主訴を解決することを治療と呼ぶのであれば「治る」という表現も当てはまらなくもないとは思います。つまり、歯周病に関しては「治る」「治らない」という議論よりも「今より良くなるか」「悪くなるのを待つのか」という考え方にすれば、治療をするかどうかは決めやすいのではない出ようか。


カテゴリー:三宮ウィキ歯ディア

インプラントのデメリットについて

歯が抜けた後の治療法で、最も自分の歯に近い治療法の一つとして挙げられる治療法「インプラント」。歯科医院のホームページなどを見ても良いことばかりが書いてあるにも関わらず、雑誌や新聞、テレビなどの報道ではここ数年「インプラントが鼻から出てきた」「手術で神経を傷つけて麻痺が残った」など、悪いニュースが流れることしばしば。 インプラントは本当に安全な良い治療なのでしょうか? 答えはYESでもありNOでもあります。正確には、しっかりとした検査設備と知識があり、インプラントを専門的に学んだ歯科医師がしっかり治療計画を立てて行う場合はYES、CTなどもなく、知識や経験に乏しい歯科医師がメーカーのセミナーのみを受けて治療計画もなく行う場合はNOといえます。つまりは歯科医院選びが大切ということです。

とはいえ、どんな治療にも言えることですが、いくら歯科医院選びに成功してもインプラントが万能な治療とは限りません。メリットが多分にあるのはもちろんですが、デメリットもあることは忘れてはいけません。 では実際、どんなデメリットがあるのでしょうか。

インプラントのデメリット

◯あくまで人工物である。 インプラントは神からの授かりものではありません。実は歯周病(インプラント周囲炎)には、天然歯よりなりやすいという側面もあります。

◯外科的侵襲がある。 手術によって骨に穴を開けるので当然です。とはいうもののインプラント体の直径は0.5センチ以下、長さ1センチ程度です。天然歯(大臼歯)の歯根の平均的な大きさはインプラント体よりも大きいのです。つまりインプラントの埋入手術よりも歯を抜く抜歯処置の方が侵襲が大きいということです。 そう考えると、歯牙移植(歯の移植)の方が侵襲大きいということがわかります。

◯治療期間が長い。 早くても3ヶ月、複数の歯であれば1年から数年かかることもあります。しかし、ブリッジや義歯と比べれてみると、実は治療回数は変わりません。それどころか条件によっては最短5回で終わるため、ブリッジや義歯よりも回数が少なくなることもあります。インプラントの場合免荷期間(骨とインプラントがくっつくのを待つ期間)があるため、回数は少なくても期間が長くなるだけなのです。

◯医科のCTやMRI撮影時に指摘される場合がある 撮影できないというより、ノイズが入る場合があるという程度です。それよりも実は銀歯の方がもっと影響します。よほどのケースでは指摘されることもあるらしいのですが、専門家は影響ないとの見解を示しています。ちなみにマグネットを使った義歯などは、マグネット部分を外す必要があります。

◯メインテナンスが必要 もちろんインプラントにのみメンテナンスが必要なわけではありません。リスクの差異はあるものの、考え方は天然歯と同じです。厚生労働省の発表によると65歳以上でかかりつけの歯科医院がある方とない方では、3年間で歯周病のリスクの差が10倍もあるそうです。天然歯でもそれだけの歯周病リスクがあるのですから、天然歯に合わせてインプラントもメインテナンスをしていれば、問題は起きにくいと思います。

◯費用が高い 患者さんの一番の問題としては保険が適応されないことですが、これは仕方がないことでもあります。同じチタンを身体の一部として使用する治療としては、医科では人工股関節の手術が保険適応で出来るそうです。実は歯科領域においても、保険の適応されるインプラント治療があります。ただしそれは先天性の病気や事故などにより顎の骨がない場合や回復が見込めない場合のみに適応される「インプラント義歯」という治療です。ですからむし歯や歯周病で失った歯は適応されません。眼科のレーシック手術やコンタクトレンズと同じです。ちなみに統計はありませんがレーシックやコンタクトレンズがあるのに、眼科医にはNOレーシック、NOコンタクトの医師が多いのはご存知でしょうか?それに対して歯を失った歯科医師の欠損補綴においては圧倒的にインプラントをしている人が多いのです。同じように費用のかかる治療であっても、どうして施術側の利用率がここまで違うのでしょうか。体内に入れる人工物の中で圧倒な成功率を誇るインプラント治療は、治療する側も信頼している治療であるということです。

◯失敗することがある これはどんな手術でも同じです。ただし、あってはならないのが知識不足・技術不足・設備不足による歯科医師側の責任による失敗です。逆に考えればCTなどの精密診断機器があり、それを使いこなせる歯科医師が、しっかり学んだ上で滅菌・感染予防の整った医院で治療計画を立て治療を行えば、問題が起こる可能性は極めて低いということです。歯科医師の部分で言えば診断が大切。手術の成功率・治療の予後を考えても優れた治療であることは間違いありません。「インプラントが鼻から出てきた」「手術で神経を傷つけて麻痺が残った」などの問題はこれらができていない歯科医院で起こった一種の事故であると考えられます。通常、きちんと診断を行っていればそのようなことが起こることはほとんどありません。インプラントにおける失敗と呼ばれるものは「正着(くっつかなかった)しなかった」「取れた」程度のものが数%ある程度です(喫煙者に多いです)。また、咬み合わせの勉強をせずに行った歯科医師のために、咬み合わせに違和感が出ることもありますが、これも診断と治療計画、技工士との連携にて解消できる問題です。

「インプラントのデメリット」まとめ

インプラントには「虫歯にならない」「他の歯の寿命を縮めない」「歯槽骨の保存ができる」「違和感少ない」など、失った歯の代替えとしては魅力的な側面が多数あります。その反面上記のようなデメリットがあることも治療を決断する前に理解しておく必要があります。とは言え、理解したからといって、患者側から出来ることは2つしかありません。1つは「インプラント治療を検討する」1つは「治療する歯科医院を選ぶ」の2つです。(タバコをやめるなどの予防的行為ももちろん出来ることには含まれます)しっかり診断、しっかり治療をしてくれる医院を選び、より良い治療を選択して下さい。


カテゴリー:三宮ウィキ歯ディア

食後の歯ブラシについて

明けましておめでとうございます 助手の前田です。 食後すぐに歯磨きをされる、美意識の高い皆さん!! じつは・・・ 食事直後よりも、もっと良いタイミングがあるのです☆ 理科の授業で「酸性、中性、アルカリ性」という 言葉を聞いたことがありませんか? もともと、お口の中は 中性PH6.8(ペーハー)と言われています。 PHとは酸性かアルカリ性かを分ける数値です。 PH7を中性としそれ未満を酸性 以上をアルカリ性で表します。 そのPHは食事によって変化します。 食事をすると食べ物の糖分によって お口の中は酸性に傾き、 歯(エナメル質)が溶け出してしまいます。 それが!虫歯の始まりです。 ミネラルウォーター:PH7.0 コーラ飲料:PH2.2 と言われています。
img_1282
お口の中が酸性に傾いても唾液の働きで 40~60分程かけて中性に戻るのですが、 食事を終えてすぐの酸性状態で歯磨剤が 含まれている歯磨き粉でのブラッシングや ブラッシング圧の強い人が食後すぐに 歯磨きをすると歯の表面が削れてしまう 可能性があります。 そうすると食後終えてすぐよりも 30~60分後のお口の中が中性に戻る タイミングに歯磨きをしたほうが 歯には優しいので、 是非みなさんも試してみてください!!
カテゴリー:スタッフブログ

2017年、新年のご挨拶【三宮アップル歯科】

2017年新年あけましておめでとうございます。

2017年、新年あけましておめでとうございます。 2016年10月に三宮駅前、中央区琴ノ緒町に開業させて頂き、早3ヶ月が経ちました。わずかな期間ながら、たくさんの患者様にご来院いただきまして誠にありがとうございます。 本来、歯医者という決して楽しくはない、ほとんどの方にとって行きたくはない場所にも関わらず、足をお運びいただけたことをとても嬉しく思い、日々感謝しております。

2017年も三宮アップル歯科は、益々さまざまな知識・技術の研鑽に励み、少しでも良い治療を皆さまにご提供できるよう、邁進してまいりたいと思います。

何卒本年も医療法人社団アップル歯科クリニック 三宮アップル歯科をよろしくお願い申し上げます。
同法人の明石アップル歯科(兵庫県明石市)、加古川アップル歯科(兵庫県加古川市)も合わせて皆様のお口の健康のお手伝いをさせて頂ければと考えております。

今年は、痛い治療ではなく、痛くない予防でみなさまと笑顔でお会いできるようになることを、心よりお祈り申し上げます。

アップル歯科クリニック 理事長 吉見哲朗
三宮アップル歯科 院長 和気正和


カテゴリー:スタッフブログ


三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:9:30~18:45
:9:30~13:00
:9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

※4月から診療時間が変わります

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー

ご挨拶

院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶

お知らせ・情報

スタッフからのお知らせ
【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報
このページのトップへ

このページのトップへ