三宮アップル歯科HOME > 一般診療 > 義歯(入れ歯治療) > 義歯・入れ歯について

義歯・入れ歯について

義歯・入れ歯

義歯・入れ歯について

歯が抜けた後の治療法として古くからある治療法として「入れ歯」による治療があります。治療種上では「部分床義歯」や「総義歯」など、「義歯(ぎし)」と呼ばれる場合が多いですが、本来は被せ物やインプラントも含めて抜けたり欠けたりしたものを補うものの総称として「義歯」と呼ばれます。 ただ、一般的な歯科治療の現場においては、義歯=入れ歯を指すことが多く、特に有床義歯や部分義歯を「入れ歯」と呼ぶことが多くなっています。明確な決まりはありませんが、当院での分類としてはご自身で取り外しができる(可撤性義歯)ものを、入れ歯と分類して「義歯」と称しています。 ただし中には「入れ歯」と言われることにコンプレックスを感じておられる方は少なくありませんので、通常は「義歯」、わかりづらい場合など患者様に応じて「入れ歯」と呼ぶようにしています。治療の説明の際は写真付きの資料や模型などを用いますのでご安心下さい。  

義歯・入れ歯の分類

一口に「義歯(入れ歯)」といっても多様な種類がありますが、主に上顎に装着するもの、下顎に装着するもの、部分的に装着するもの、全ての歯の代わりに装着するものの4パターンに分けれられます。
上顎(じょうがく)義歯 上顎義歯上顎(うえあご)に装着する義歯です。
下顎(かがく)義歯 下顎義歯下顎(したあご)に装着する義歯です。
部分床(ぶぶんしょう)義歯 部分床義歯部分的に抜けてしまった歯に装着する義歯です。
全部床(ぜんぶしょう)義歯 全部床義歯すべての歯が抜けてしまった方が装着する義歯です。
 

他の治療法と義歯・入れ歯の比較

歯を失った後の治療法として大きく分けると「義歯・入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」。各々特徴やメリット・デメリットがありますが、その中で最もリーズナブル且つ短い治療期間で出来るのが義歯・入れ歯です。 中にはインプラントやブリッジが出来ないから「入れ歯」という選択肢を選ばられる方もおられますが、患者様によっては入れ歯が最適である場合もあります。ご自身の健康や現在のお口の状態をしっかり把握し、ご自身にあった義歯・入れ歯の選択をして頂くことが、残りの歯にとっても毎日の生活においても重要です。 下図はその他の欠損補綴(歯が抜けた後の治療法)との簡単な比較です。義歯は一見デメリットも多いですが、自由診療の義歯であればその制度や咀嚼力を高めることも可能です。 また、歯周病が進行してしまって骨が残っていない方、身体の疾患(糖尿病などで手術を伴う治療が出来ない)をお持ちの方などは、義歯による治療が最適である場合もあります。まずはカウンセリングでお話を聞いてからご自身に合った治療を検討して下さい。

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スペシャルコンテンツ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
スペシャルコンテンツ 神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ