三宮アップル歯科HOME > 一般診療 > 痛みを抑える工夫 > 治療時の痛みを抑えるための工夫

治療時の痛みを抑えるための工夫

むし歯の治療

中には「無痛治療」と呼ぶ歯科医院もあるようますが、当院では極力その呼び方を控えています。実際に痛みを100%抑え、無痛にすることは全身麻酔下で治療する他ありません。 三宮アップル歯科が取り組んでいるのは、全身麻酔以外の方法で、出来る限り痛みを抑えたです。痛みを抑える方法としては、最近では歯を削らない薬剤などを使う方法もありますが、それらのほとんどは適応が限られたり、その他のリスクが考えられる場合があります。
ですから、通常の治療でもいかに痛みに対して配慮出来るかが、痛みが苦手な患者様にとって大切なことであると考えています。そしてそれは、特別な治療法や道具に頼らなくても、技術的な方法で可能になることが少なくありません。

痛みを抑えるための取り組み

表面麻酔により注射の痛みを和らげます

表面麻酔

歯科の治療中の痛みは、実は局所麻酔によりそのほとんどを打ち消すことができます。麻酔をしていても痛いというのは、「麻酔がしっかり効いていない」場合と「麻酔の注射が痛かった」場合に分かれます。麻酔が効いていない場合は、体質的なものもありますが、多くは打つ場所や量の間違いであることが考えられます。
しっかり麻酔が効く場所に、適量に麻酔を打つことができれば、ほとんどの方に対して麻酔を効かすことが出来ます。一度「麻酔の注射が痛かった」と思ってしまうと、麻酔の時に痛みを感じると、治療中も「痛かった」と勘違いしてしまう方もおられます。

ですから痛みへの配慮は第一段階として「麻酔の打ち方」が、痛みを抑えるための最初の一歩となります。
三宮アップル歯科では、麻酔の前に針を指すところに、「表面麻酔」を塗布することで、麻酔針の痛みを抑えるようにしています。これにより麻酔を指すときの痛みを抑えられますので、麻酔針が歯肉に刺さる際の痛みを抑え、治療中も「痛いのではないか」と、身体が強張る要因を取り除くことにもなります。

細い麻酔針による痛みの緩和

細い麻酔針

表面麻酔は100%その痛みを消すものではありません。痛みの感じ方は人によりますが、表面麻酔の効果でほとんど痛みを感じない方もおられれば、少し「チクッ」とする感じを受ける方もおられます。
そこで、さらに痛みを感じなくするために細い針が有効的となります。三宮アップル歯科では局所麻酔の際、33ゲージという非常に細い針を使用してます。33ゲージの針は、医科では糖尿病の患者さんなどが、自身でインスリンの注射を打たれる際に痛みを抑えるために使われるような極細の針です。 針先はわずか0.2mmと極めて細く、刺さる瞬間のチクっとする痛みお最小限に抑えます。

痛みを考慮した麻酔の打ち方、歯科医師のテクニック

歯科医師のテクニック

麻酔を打つ前に、道具に頼る方法は他にもいくつもあり、年々様々な方法が考えられてはいるものの、最終的に一番重要なのは歯科医師の技術です。
痛みを感じるのには、メカニズムがあります。そのメカニズムを理解しておけば、痛みを抑えることは可能となります。 具体的には頬粘膜という頬の内側の表面を引っ張りながら針を打ち、軽く振動させながら薬液を注入するだけですが、それをきちんとできれば以下の効果が期待できます。

  • 1.痛点(痛みを感じる場所)を引っ張ることで、針を刺す場所の面積が広がり、痛みを感じるポイントを小さくできます。
  • 2.頬粘膜という頬の内側の表面を引っ張ることで触覚がそちらに集中し、針を刺す痛みを紛らわすことができます。
  • 3.頬粘膜を振動させることにより、触覚が紛らわされ、痛みを感じにくくする。
  • 4.頬粘膜を振動させることで早く深く麻酔が浸透し、効きが早く・強くなる。

すべての患者様に同じ効果が見込めるとは限りませんが、しっかり麻酔を効かせるためには怠ることのできない歯科医師の努めであると考えています。アップル歯科の歯科医師は、入職してからまずこの「痛みを考慮した麻酔の打ち方」の技術を習得するまでは、治療に携わる事ができないようになっています。

痛みを和らげる器具や機器の導入

痛みを抑える機器

技術だけでは補えない部分は、道具でカバーします。様々な器具や機器も使用するこで、あらゆる患者様や患部に対応できるようにしています。

  • 麻酔薬の温度調節器…麻酔薬を体温と同じぐらいの温度で保つことにより注入時の痛みを感じにくする道具。
  • 麻酔注入時のスピードをコントロールすす機器…麻酔薬を一定の速度で浸潤させることで、注入時の痛みを和らげる道具
  • 振動することで痛みを感じにくくする電動麻酔注射…針を刺し、注射器を振動させることで薬を注入するときの痛みを和らげる道具。

タグ:

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
治療時の痛みを抑えるための工夫

治療時の痛みを抑えるための工夫 | 公開日: 2016年8月5日 | 最終更新日: 2018年12月10日 | by 三宮アップル歯科


三宮アップル歯科HOMEへ

痛みを抑える工夫, 歯医者が怖い、歯科での治療が出来ない方へ

このページと同じカテゴリーの記事

診療情報

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー


このページのトップへ