三宮アップル歯科HOME > 一般診療 > 歯周病治療
歯周病治療

歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病とは細菌によって感染するお口の病気です。一昔前まで歯槽膿漏とも呼ばれていました。お口の中には、常に300〜500種類の菌が居ると言われています。これらの菌は普段何も悪いことはしませんが、食事などの食べかす(歯垢/プラーク)が溜まるとそこに菌が集まり、その歯垢を巣として何億もの歯周病菌が住み着いて歯周病を引き起こします。 歯垢は歯ブラシやうがいである程度落とすことはできますが、全て取り除くことは不可能と言われていおり、磨き残された歯垢はやがて歯石となってしまいます。歯石には小さな穴や隙間があり、そこが新たな細菌の住処となります。こうして細菌はどんどんお口の中で繁殖し、歯周病は悪化していくのです。 更に怖いのは、歯周病は歯や歯茎のみならず、様々な病気の原因となったり、合併症を起こしたりすることが認められています。糖尿病をはじめとして、脳梗塞・糖尿病・心筋梗、妊婦においては早産まで、歯周病がもたらす影響は命に関わると言っても過言ではありません。

歯周病(歯槽膿漏)になると

歯周病(歯槽膿漏)の怖いところは、その進行の仕方です。歯周病は自覚症状がないまま進行することが多々ある病気です。つまり歯周病になり、進行しているにも関わらず本人は罹患していることにすら気づいていないといこうとです。 ある日「口が臭い」や「歯磨き時に出血」が出てきた際に、自身が罹患していることに気付きますが、その頃には歯周病はかなり進行していますので、治療も難しくなったり、時には抜歯を余儀なくされることもあります。

歯周病(歯槽膿漏)の進行

健康な歯周組織

歯周病になる前の健康な歯周組織です。
歯肉溝0.5~2mm

歯肉炎

歯肉に歯垢(プラーク)ができ、細菌の住処となります。歯肉が炎症で腫れ、歯とハグキの境目の溝(歯周ポケット)が広がり始めます。


歯周ポケット2~4mm
軽度歯周炎

歯肉が腫れ始め、歯周病菌が歯周組織に入り歯根膜を破壊し始めます。歯周ポケットは深くなり歯垢や歯石が溜まります。


歯周ポケット4~7mm
中等度歯周炎

炎症は拡大し、歯を支える骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつき始めます。歯周ポケットは更に深くなります。


歯周ポケット3~5mm

重度歯周炎

歯を支える骨がが半分以上破壊され歯はグラグラです。咬み合わせが崩れ始め、咬合崩壊がはじまります。


歯周ポケット6mm以上
歯の脱落

歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまいます。


歯周病(歯槽膿漏)の感染

歯周病は口臭の原因

歯周病は、感染する病気です。ギネスブックには「歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症」とさえ載っています。また、厚生労働省運営の健康情報サイトのe-ヘルスネットにも【「8割が歯周病」というのは、ウソではない】とも記載されています。大げさな捉え方とは書いてはありますが、それだけの人が感染または感染の危険性に直面しているということは確かです。だからこそ感染に気をつけなければならないのです。歯周病は家族でのお箸の共用や、恋人とのキス、ドリンクの回し飲みなどでも感染ることがあります。「家族だから」「身近だから」とついついやってしまう行動で、大切な子どもにまで感染するということを憶えておきましょう。

口臭が気になる方へ

歯周病は口臭の原因

口臭が気になる方、家族や身近な人から「口が臭い」と言われた方、ひょっとして、歯周病かもしれません。口臭の主な原因はそのほとんどがお口の中の環境によるものです。 歯石や歯垢(プラーク)などの歯の付着物の匂い、むし歯やできものなどの疾患に伴う匂い、そして歯周病による匂いです。 歯周病が匂いの原因となる理由は複数あります。まず歯周ポケットに菌が溜まると、それが発酵し腐敗臭を伴います。また、歯周病によって弱った歯肉(歯ぐき)は出血を伴い、生臭さを伴います。更に、歯周病により腫れた歯ぐきには膿が溜まることも少なくありません。膿は細菌の死骸の固まりのようなものですから、激しい匂いを伴います。つまり、口臭でお悩みなの場合、歯科医院であればその悩みを解決出来るかもしれないということです。大切なのはしっかり診断すること。三宮アップル歯科では口臭のお悩みのご相談も承っています。


タグ: ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約

歯周病治療のQ&A

歯周病治療のQ&A
Q歯周病を治療すると口臭は治りますか?
A歯周病治療によって口臭が改善する可能性は高いです。歯周病に罹患すると歯周ポケットを大量の細菌が住処とします。その中の嫌気性菌という細菌は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンという悪臭を伴う物質を作り出し口臭の原因となります。歯周病治療はこの刺繍ポケットに溜まった細菌の数を減らす治療を行いますので、歯周病由来の口臭を改善します。
Q歯茎から血が出るのですが、歯周病でしょうか?
A歯周病である可能性は高いと思います。歯肉からの出血は歯周病のサインの一つです。ただし、ブラッシングや食物などにより歯茎を傷つけてしまった場合でも出血の可能性はありますので、まずは検査を行いましょう。
Q歯周病で歯がグラグラなのですが、抜歯せずに治療は可能でしょうか?
A抜歯の可能性は否めません。しかしそのまま放置してしまうと、まだ残存可能な歯も進行が進んで抜歯となってしまいます。少しでも多くの歯を残すために、出来るだけ早く治療を始めましょう。
Q歯周病と歯槽膿漏は違う病気なのでしょうか?
A同じ病気だと思って頂いて結構です。歯槽膿漏は次の通り歯茎から膿が漏れる病気です。つまり重度の歯周炎の状態のことです。昔は歯周病を症状から歯槽膿漏とよんでいる時期があったということです。現在では主に歯周病(歯周炎)と呼ぶことが多いです。
Q歯茎がぶよぶよなのですが、元に戻りますか?
A完全に戻ることは出来なくても治療により改善、引き締めることは可能です。
Q歯周病で歯が長くなってしまったのですが、治療することは可能ですか?
A基本的に歯茎が下がり、歯が伸びた状態から戻すことは困難です。ただし、外科処置であれば可能な場合があります。どちらにしてもまずは進行している歯周病を止めることが大切です。
Q歯周病で歯が長くなってしまったのですが、治療することは可能ですか?
A基本的に歯茎が下がり、歯が伸びた状態から戻すことは困難です。ただし、外科処置であれば可能な場合があります。どちらにしてもまずは進行している歯周病を止めることが大切です。
Q歯周病でが原因で糖尿病なるって本当ですか?
A歯周病が重症化すると血糖のコントロールが悪くなることがわかっています。また、その逆に糖尿病になると歯周病になりやすいこともわかっています。歯周病と糖尿病は合併症と言われるほど関連不快病気です。糖尿が気になるのであれば歯周病の治療は平行してすることをお勧めします。
Q歯周病の治療は痛いですか?
A軽度の歯周炎で縁上スケーリングだけの治療の場合、痛みを感じることはほとんどありません。ただし歯周病が進行している場合は縁下(歯茎に埋まっている部分)の歯石や歯垢の除去が必要なため、スケーラーという刃物を歯茎の中に入れて掻き出す必要があります。もちろん痛みを伴う処置となりますので局所麻酔を行った上で治療を行います。ですから基本的には激しい痛みを伴うような治療はありません。
Q歯周病の予防にはどれぐらいの頻度での通院が必要ですか?
A通常年に3〜4回程度、3〜4ヶ月に1度程度です。ただし、歯周病の治療後に経過を診る必要がある場合はSPTⅡという保険治療の対象となりますので、1ヶ月に1回程度お越しいただくこともあります。
Q市販の歯周病用デンタルグッズで歯周病は改善しますか?
Aご使用頂くことは良いとは思いますが、改善に関しては期待されないほうが良いかと思います。歯周病の治療はプラークのコントロールが重要です。しかし、セルフケアではいくら頑張っても磨けるのは6割程度と言われています。ですから歯科医院でのプロによるケアが必要です。デンタルグッズは歯周病の症状に対する予防的な意味合いでご使用いただく方が良いかと思います。

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約


診療情報

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

JR神戸線 三ノ宮駅前MAP

JR神戸線 三ノ宮駅東口徒歩1分
各線三宮駅から徒歩5分

診療カレンダー

プレミアムフライデー

ご挨拶

院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶

お知らせ・情報

スタッフからのお知らせ
求人情報

このページのトップへ