三宮アップル歯科HOME > 一般診療 > 小児歯科 > 小児歯科について

小児歯科について

歯の健康は乳歯(子供の歯)から

歯の健康は子供の歯から 「自分の子どもはきちんと歯を磨けているか」「むし歯になっていないか」、お子さまを持つ親御さんには気になる問題だと思います。その反面「どうせ生え変わるのだから」と、仕上げ磨きやチェックを怠ってしまう親御さんがおられるのも事実です。これが大きな間違いで、生え変わるからと行ってむし歯を放置していると、その下の歯肉で育っている永久歯にまで影響を及ぼすことがあります。例えば神経をとってしまえば永久歯との生え変わりの時期にうまく抜けなかったり、神経までむし歯が進行してしまえばその下にある永久歯が変色してしまうこともあります。乳歯は、大人の歯に生え変わるための重要な役割を担っています。 ①親御さんがきちんと仕上げ磨きやチェックをする②定期的に歯科医院に通う このふたつをしっかり守ることが、乳歯から大人の歯へときっちりバトンタッチの唯一の方法だと私たちは考えています。 歯科での治療は、むし歯が進行してしまえば削ることしかできません。つまり「治癒(完全に元通りに治ること)」はできないのです。お子さまが大きくなった時、歯で困らないよう、または歯にコンプレックスを持たせないために、アップル歯科はお子さまの頃から皆様のホームドクターとしてお手伝いが出来ればと考えています。  

お子さまの歯の治療「なかよし治療」

お子さまの歯の治療「なかよし治療」 乳歯は、大人の永久歯と比べ、歯質も薄くむし歯になりやすい歯です。また、むし歯も大人が想像する黒っぽいものではなく、白っぽいものが多くあり、気づかないことも多々あります。ですから、歯科検診でなければ見つからないことが多いのです。 また、むし歯になってからも進行が早いのも乳歯の弱点です。初期の段階で見つかればフッ素を塗布して歯を強くすることで経過を診ていくことになりますが、むし歯が進行していれば削ってむし歯を取ることになります。その際、治療に耐えれる年齢かどうかがとても重要になってきます。無理やり治療してしまうとそれがトラウマとなり、歯医者に行くのを嫌がったり、歯が痛くても隠すようになるおそれもあります。 ですから、アップル歯科では小さなお子さまの治療の場合は「なかよし治療」を掲げ、以下のことに気をつけながら治療を行っていきます。 ・ お子さまが嫌がっているときは治療を行いません。 ・ むし歯等があった場合は、お子さまの成長を考え、無理のない治療を行っていきます。 ・ お子さまとのコミュニケーションを重視し、来院初日は歯を抜いたり削ったりは致しません。 ・ むし歯を治す事よりもむし歯にならないことを第一に考えていきます。  

三宮アップル歯科の小児歯科治療の流れ

三宮アップル歯科の小児歯科治療の流れ ① 親御さんだけでなく、お子さまにもお話をお伺うことでお子さまとのコミュニケーションを図りながらヒアリングを行います。 ② 歯科衛生士がお子さまが「歯医者って楽しい」と思えるように、楽しみながら歯磨きの練習を行い、お子さまが気を許した頃にフッ素を塗ります。 ③ 歯科用の機械を電車うあ掃除機などに例え、見たり触ったりすることで怖くないものと認識してもらいます。 ④ 定期的にフッ素を塗布をするむし歯予防と、その都度お口の異常がないかチェックをしていきます。 ⑤ 歯が生え揃って来る頃には併せて歯並びのチェックも行ないます。  

3歳までのお子さまの歯

乳歯の生え始め

3歳までのお子さまの歯 赤ちゃんが最初の歯が生え始めるのは生後6ヶ月ごろが一般的です(個人差はあります)。通常乳歯は下の歯から生え始め、大体2歳くらいには上下あわせて20本の歯が生え揃ってきます。乳歯はそこから12歳ぐらいまで約10年前前後、「食べ物を噛む」という役割を果たします。 その後、「永久歯が正しく生えるための案内役」という大役を終え、自然に抜けて永久歯と生え変わります。乳歯を健康に保つことが、お子様が今後一生使うであろう永久歯を丈夫で長持ちするために、とても重要なことなのです。  

生後6ヶ月~1歳半頃)のお口のケア

生後6ヶ月~1歳半頃)のお口のケア 個人差はありますが。通常赤ちゃんは生後半年前後で前歯が生え始めます。生えてきた歯はその時点でむし歯になる可能性も出てきます。とはいえ歯のお手入れは、赤ちゃんが嫌がるためにお母さんやお父さんの頭を悩ますことも多いようです。生え始めのこの頃は歯を磨くことよりも、お口を開けたり歯ブラシの感触になれることを目指し、赤ちゃんが楽しむような感覚にしてお口のケアをしてあげましょう。この時期気をつけたいのはお菓子やジュースの糖分です。あげたい気持ちはわかりますが、お子さまの歯のことを考えるなら、しっかり歯磨きができるようになるまでグッとこらえましょう。徐々にお子さまにも乳児用の歯ブラシを持たせり、決まった時間に歯みがきタイムを設けることで、お子さまに歯磨きを習慣化させることを目指しましょう。  

3歳までのむし歯の予防

乳歯の生え始め

3歳までのむし歯の予防 1歳半頃を目安として、子どもが何となく歯磨きになれてきたら、1日2回の歯磨きを心がけて下さい。もちろん最後は親御さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。 むし歯は寝ている間に作られることが多いので、夕食後の仕上げ歯磨きは念入りに磨いてあげましょう。歯磨きの時間の目安は食後30分ぐらいがベストです。  

離乳食や食事の注意

離乳食や食事の注意 むし歯や歯周病菌は感染症です。簡単に言うと感染(うつ)ります。例えばお子さま全くむし歯がなくても、お母さんやお父さんの口の中にむし歯菌があれば、同じをお箸やスプーンを使ったり、コップの回し飲み、子どもへのキスでも感染ることはあります。 また、歯周病菌も感染る病気です。歯周病菌はギネスにものっているほど感染率の高い病原菌です。「子どもだから」と油断していたら、お子さまも立派な歯周病患者となってしまいます。お子さまのことを考えるなら、お箸の使い回しなどの唾液を交換する恐れのある行為は、絶対に控えましょう。  

お子さまのむし歯の原因「飲み物」

離乳食や食事の注意 お子さまのむし歯の意外な原因は、飲み物です。「身体に良い」と思って100%の果物ジュースを飲ませたり、腸の働きを良くするためにと乳酸菌飲料を与える方も多いのではないでしょうか?実はその中には大量の糖分が含まれていて、その糖分をエネルギーとしてむし歯菌は増殖していきます。 あげたい気持ちはもちろんわかります。ただ、一度その味をしってしまうと子どもはそればかりを求めてしまいます。歯をしっかり磨けるようになるまでは、これらの飲み物は控え、お茶や水を上げることをお薦めします。周りのお母様はみんなジュースをあげていても、子どもをむし歯から守りたいのであれば涙を飲んで我慢しましょう。  

フッ素で歯を強く

お子さまの歯は歯質も弱く、むし歯になりやすい歯です。そこでフッ素を塗布することで、歯の再石灰化(歯の表面を修復する力)を促し、酸による歯の溶解を抑制することができます。ですから歯科では、お子さまの定期検診時にこの「フッ素」の塗布をお薦めしています。中には「フッ素は毒だ!」と塗布を拒否される方もおられますが、そんな場合はお気軽にお申し付け頂ければ、無理やり塗布するようなことはありません。ただ、「毒」か「毒でない」かの議論はさておき、歯科医師として不安な親御さんにお声掛けするとすれば、フッ素を塗らずにむし歯になったときにお子さまに与える影響の方が、フッ素塗布の毒性による身体への影響よりも遥かに強いと思います。フッ素を大量に飲むと中毒になるといいますが、塩でも大量に飲めば中毒になるものです。三宮アップル歯科はフッ素塗布をご提案する歯科医院です。  

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スペシャルコンテンツ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
スペシャルコンテンツ 神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ