歯医者が怖い、歯科での治療が出来ない方へ

HOME > 短期集中歯科治療

短期集中歯科治療について

短期集中歯科治療とは

image

世の中には、歯医者が極端に苦手(怖い・痛そう)な方や、お口にものを突っ込まれると反射的に嘔吐してしまいそうになる方はたくんさんいらっしゃいます。 また、仕事がお忙しいからと、歯の治療を疎かにしてしまわれる方も少なくありません。得てしてそのような方々は、むし歯や歯周病が進行しても、治療が出来ずどんどん悪くなってしまったと、すがる思いでお越し頂く患者様は一人や二人ではありません。 おそらく歯科恐怖症は昔の歯医者の治療でのトラウマが原因であることが多かったり、嘔吐反射はそれを理由に治療を進められないことが理由であるため、そこには歯科医院としても原因がないわけではないと思います。 短期集中歯科治療はそんな歯医者での治療が困難な方に、痛みや不安を伴う治療を、鎮静麻酔下で一度にまとめて行なってしまう方法です。 鎮静麻酔とは、正しくは静脈内鎮静法という麻酔で、お酒を飲んでほろ酔い状態のような感覚の下、治療を行なっていく方法です。 全身麻酔と違って、意識はありますので、術者との会話や意思表示も可能です。ただし鎮静麻酔自体に口腔内への麻酔効果はないので、半分眠っているような状態で、局所麻酔を打っていきます。 術中、会話する事もありますが、麻酔には健忘効果がるため、術後には何を話したかすら覚えておられないことがほとんどです。 治療には、施術する歯科医師意外に歯科麻酔医が麻酔で患者様の意識や状態をコントロールしますので、心地よい気分の中で治療を進めていきます。

こんな方にお薦めの治療です

image
  • 歯医者が極端に怖い方(歯科恐怖症)
  • 歯医者が苦手で長い間歯の治療に行けずむし歯や歯周病が進行してしまった方
  • むし歯や歯周病が進行し、診られるのが恥ずかしくて歯医者にいけなかった方
  • 嘔吐反射があり治療が困難な方
  • 仕事などで忙しく、歯医者に長期間通うことができない方
  • ついつい治療途中で歯の治療を投げ出してしまう方
  • 身体に既往歴があり、治療が困難な方

などなど、様々な理由で歯科治療が出来ずに困っておられる方、一度ご相談だけでもお越しになりませんか?

静脈内鎮静法

image

短期集中歯科治療における痛みや治療ストレスに対して有効な方法として、静脈内鎮静法を導入しています。
静脈内鎮静法とは静脈内に鎮痛薬や向精神薬を直接注入することにより鎮静状態を作る麻酔法です。簡単に言うとお酒を飲んだ状態や、半分眠ったような状態です。その上で局所麻酔(通常の歯科治療で使う麻酔)をかけることで痛みを感じさせないようにすることです。 歯科での治療では他にインプラントの手術や歯周外科などの長時間に渡る外科的処置、身体的な既往歴のある方の治療に使用することがあります。
通常の保険治療でも使用出来る病院(大学病院や入院設備のある病院等)もありますが、 静脈内鎮静法の効果として、まず鎮静効果で神経系の過活動を抑えて、健忘効果により治療中の痛みや不安を忘れさせます。ですから治療が終わって、長時間口を開けていても「辛かった」や「痛かった」とおっしゃられる方もほとんどおられません。(効果には個人差があります) 全身麻酔との違いは、意識が全くなくなるわけではないことと、実際に眠っているわけではないこと。ですから、麻酔下においても「口を開けて下さい」や「今は動かないで」という歯科医師の指示にも反応することができます。もちろんその内容もほとんど忘れます。つまり静脈内鎮静法の作用は、歯科恐怖症をはじめとして、嘔吐反射に効く事もありますので、今まであらゆる理由で治療を受けられなかった方に適してるといえます。

ご注意

  • 短期集中歯科治療は麻酔の費用一式に加え、被せ物や詰め物など全ての治療が自由診療となります。
  • 全ての患者様にご提供できる治療ではありません。ご自身が治療可能かどうかはカウンセリングにてご相談下さい。
  • 短期集中治療は全てが一日で終るものではありません。ただし大幅に治療期間はできます。
  • 稀に沈静下でもお痛みを感じられる方もおられます。その場合治療が進められれば進めますが、不可能な場合は中止します。※目的は痛みを少なくすることより治療を進めることを優先することがあります。
  • 沈静下でも嘔吐反射が出る方もおられます。その際は可能な限りの治療のみ進めさせて頂きます。
  • 未成年の方も治療可能ですがカウンセリングにて保護者の同伴と同意を頂きます。

貸し切り歯医者【治療回数短縮】

貸し切り歯医者とは

image
image

歯医者の治療というと「1回あたり15〜30分、長い待ち時間と診療台でも待つ時間がある」などとお考えの方もおられるのではないでしょうか?確かに、15分・20分前後の治療時間の歯科医院は多いと思います。しかし当院では、通常の治療でも1人あたりのお時間を保険で30分、自由診療であれば45分〜90分と、かなり長めのお時間をお取りすることにより丁寧な治療を心がけています。しかし、お取りしている時間が長いからと行って、決して治療回数が短くなるものではありません。治療回数を短くしようと思えば、治療方法や計画から検討し、まとめて治療を行う時間を確保する必要があるのです。

の貸し切り歯医者は、そのような「まとめて行う治療」を提供する短期集中歯科治療のメニューです。「痛みを伴う処置をまとめて」「複数の歯の治療をまとめて」行うことで、大幅に治療回数を減らすことが可能です。(1回ですべての治療が終わるものではありません)

貸し切り歯医者で出来ること

  • 治療期間の短縮
  • 治療回数の削減
  • 鎮静麻酔による治療

貸し切り歯医者のデメリット

  • 保険が効かない自由診療であるため費用がかかる
  • 1回の治療の時間が長くなる
  • 場合によっては鎮静麻酔(別途費用が必要)が必要な方もいる

貸し切り歯医者の費用

治療の進行 1回の治療時間 治療費用
2倍速治療
※1日2時間歯科医師貸し切り
2時間 40,000円+治療費+税
4倍速治療
※1日4時間歯科医師貸し切り
4時間 80,000円+治療費+税
8倍速治療
※1日8時間歯科医師貸し切り
8時間 160,000円+治療費+税
別途鎮静麻酔
※歯科麻酔を手配した場合
100,000円〜+税
※内容に応じてお見積りします

※倍速は実際の治療の期間を指すものではありません。1コマを60分として1回にかける費用です。(2時間=2倍速)


短期集中歯科治療についてのQ&A

短期集中歯科治療についてのよくある質問

Q.何回で終わりますか?
A.明確な回数は治療により異なます。ただし、短期集中だからといって、1回・2回で終わるようなものではありません。通常10回・20回かかるような治療を5回・6回に短縮するようなイメージです。カウンセリングにて治療方針を立てていきますので、それによっておおよその目処はお話できるかと思います。とはいえ、医療行為ですのでイレギュラーにより回数が変動してしまったり、本人の回復状況やメインテナンス状況によって回数や期間が異なることもございますのでご了承ください。
Q.短期集中歯科治療のメリットはなんですか?
A.一番のメリットは通院回数を減らすことが出来ることです。当院は予約制ですので場合によっては次回のご予約が少し先になってしまうことがありますが、1度に複数の予約を取ることも可能です。また、静脈内鎮静法を併用すれば痛みを伴う処置をほぼ寝ているような状態で受けることも可能です。お仕事で忙しい方や早く治療を終わらせたい方、歯医者の痛みが苦手な方に有用かと思われます。
Q.静脈内鎮静法を使った治療をした場合、治療後はすぐに帰宅できますか?
A.当院が帰宅しても問題ないと判断できましたら帰宅して頂いても大丈夫です。
歯科診療における 静脈内鎮静法ガイドラインによると、付添人やタクシーで帰られる場合、歩いて帰られる場合などのパターンに分けて検査基準が設けられており、それを一つの判断の基準としております。
。 こちらが判断したらすぐにご帰宅していただいても結構ですし、当院にて休まれてからご帰宅いただくことも可能です。鎮静が覚めるまで個人差がありますので当日はゆとりを持ったスケジュールをお組みください。

静脈内鎮静法後の帰宅許可の目安は何か

Q.長時間の治療は術後に痛みが強く出ますか?
A.施術の時間とお痛みは相関関係にありませんが、オペによっては麻酔が切れた後にお痛みが出たり腫れたりする場合がございます。術後の説明をよくお聞きになり、痛み止めなどを服用し当日はゆっくりお休みになってください。
Q.短期集中治療で保険の治療はできますか?
A.残念ながら自由診療のみとなります。保険の治療は、国民全員が平等に受けられるようにという国の方針から、様々なルールが定められています。短期集中はそのルールに準じた治療ではありませんので、自由診療のみとなります。必然的に補綴(詰め物や被せ物)も自由診療のものをご選択頂く必要があります。
保険で静脈内鎮静法を行える病院もありますが、短期集中ではなく、通常の治療に静脈内鎮静法を取り入れた治療となります。そのため、短期集中で静脈内鎮静法を使用するとなると、どうしても自由診療となります。静脈内鎮静を保険で行うためには、マスクまたは気管挿管による閉鎖循環式の全身麻酔に移行できる体制が必要となりますので、大学病院等の大きな病院の歯科口腔外科などで取り扱っているところが多いです。
Q.嘔吐反射があっても治療は可能ですか?
A.静脈内鎮静法を用いた治療であれば治療可能です。歯科診療における静脈内鎮静法ガイドラインの適応症に含まれています。ただし、全ての方に有効というわけではありません。中には静脈内鎮静法を用いても治療ができなかった場合も少数ですがございます。その際は、全身麻酔下での治療が可能な病院等をご紹介させいていただきます。

2)Clinical Q 静脈内鎮静法の適応症・禁忌症は

この記事の編集・責任者は歯科医師の西端 大祐です。

自由診療 料金【短期集中歯科治療】

短期集中歯科治療に必要な費用

種類 説明 料金
image
麻酔鎮静一式
静脈内鎮静法により麻酔の効果で痛みや恐怖をコントロールしながら治療を行う方法です。また、健忘効果により術後は治療中の記憶も曖昧になることもあります。費用は鎮静麻酔一式のみの費用となるので、その他治療費や補綴物の費用(自由診療)が必要です。 100,000円~200,000円+税
image
歯科医師貸し切り
2時間
担当歯科医師が2時間専属で治療します。2時間で進めれる限りを治療を行います。 40,000円+税
image
歯科医師貸し切り
4時間
担当歯科医師が4時間専属で治療します。4時間で進めれる限りを治療を行います。 80,000円+税
image
歯科医師貸し切り
8時間
担当歯科医師が8時間専属で治療します。8時間で進めれる限りを治療を行います。 160,000円+税

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top