三宮アップル歯科HOME > 自由診療 > 短期集中歯科治療
短期集中歯科治療

短期集中歯科治療について

短期集中歯科治療とは

短期集中歯科治療

世の中には、歯医者が極端に苦手(怖い・痛そう)な方や、お口にものを突っ込まれると反射的に嘔吐してしまいそうになる方はたくんさんいらっしゃいます。また、仕事がお忙しいからと、歯の治療を疎かにしてしまわれる方も少なくありません。得てしてそのような方々は、むし歯や歯周病が進行しても、治療が出来ずどんどん悪くなってしまったと、すがる思いでお越し頂く患者様は一人や二人ではありません。 おそらく歯科恐怖症は昔の歯医者の治療でのトラウマが原因であることが多かったり、嘔吐反射はそれを理由に治療を進められないことが理由であるため、そこには歯科医院としても原因がないわけではないと思います。 短期集中歯科治療はそんな歯医者での治療が困難な方に、痛みや不安を伴う治療を、鎮静麻酔下で一度にまとめて行なってしまう方法です。鎮静麻酔とは、正しくは静脈内鎮静法という麻酔で、お酒を飲んでほろ酔い状態のような感覚の下、治療を行なっていく方法です。 全身麻酔と違って、意識はありますので、術者との会話や意思表示も可能です。ただし鎮静麻酔自体に口腔内への麻酔効果はないので、半分眠っているような状態で、局所麻酔を打っていきます。 術中、会話する事もありますが、麻酔には健忘効果がるため、術後には何を話したかすら覚えておられないことがほとんどです。 治療には、施術する歯科医師意外に歯科麻酔医が麻酔で患者様の意識や状態をコントロールしますので、心地よい気分の中で治療を進めていきます。

こんな方にお薦めの治療です

短期集中歯科治療
  • 歯医者が極端に怖い方(歯科恐怖症)
  • 歯医者が苦手で長い間歯の治療に行けずむし歯や歯周病が進行してしまった方
  • むし歯や歯周病が進行し、診られるのが恥ずかしくて歯医者にいけなかった方
  • 嘔吐反射があり治療が困難な方
  • 仕事などで忙しく、歯医者に長期間通うことができない方
  • ついつい治療途中で歯の治療を投げ出してしまう方
  • 身体に既往歴があり、治療が困難な方
  • などなど、様々な理由で歯科治療が出来ずに困っておられる方、一度ご相談だけでもお越しになりませんか?


    タグ: ,



    三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
    診療時間
    月・火・木・金:10:00~19:30
    :9:30~17:00
    休診日
    水・日・祝
    所在地
    神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
    三信ビル3F
    電話番号
    078-200-6802(むし歯ゼロに)
    ※急患・新患受け入れ可能

    診療カレンダー

    三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
    院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
    理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
    スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
    スタッフからのお知らせ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消

    このページのトップへ