三宮アップル歯科HOME > 自由診療 > 歯列矯正 > マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)

見えにくい矯正装置

ワイヤーを使わない、透明のマウスピースで歯を動かす矯正

マウスピース型の矯正

矯正を検討されている方の多くの障壁となるのが、矯正装置の見た目の問題。近年では透明のブラケットやワイヤーなども出てきて、一般的なブラケット矯正でも目立ちにくくはなってきました。
しかし、歯の表側に装置やワイヤーを着けると結局の所矯正装置が見えてしまうのは致し方ありません。
そのため、接客業や人前に立つお仕事の方からすると、ほんの数年といえども矯正に踏み切れないという方も多くおられます。

三宮アップル歯科がそんな方にご提案するのが「マウスピース型」の矯正装置です。このマウスピース型の矯正装置は、透明で目立ちにくく、ワイヤーも使いません。いざというときには取り外しも可能なため、矯正用のブラケットの見た目に難色がある方にも「目立たない」「ほとんど気づかれない」と喜ばれている装置です。

マウスピース矯正(インビザライン)の特徴

目立ちにくい

比較

当院でのマウスピース矯正は「インビザライン」というアメリカ生まれの矯正システムです。マウスピースは透明で薄く、目立ちにくく気づかれにくい仕様です。 矯正装置の見た目が気になる人も始めやすい矯正です。「目立ちにくい」という点では、歯の裏側につける舌側矯正と比較されることもありますが、裏側矯正の場合舌にブラケットが当たるため、発音に支障が出る場合があります。 マウスピース矯正も着用中は歯の隙間から空気が抜けないため多少発音に影響は出ることもありますが、数日で慣れ、影響のない程度の滑舌になることがほとんどです。


痛みが少ない

笑顔

従来のブラケット矯正はブラケットという器具を歯に付けて、そこにワイヤーを通して引っ張ることで歯を動かしてきました。このマウスピース矯正は一般的なブラケット矯正で使用するワイヤーを使用しません。そのためワイヤーで引っ張られる痛みが生じることが人によっては苦痛となっていましたが、マウスピース矯正はこのワイヤー自体がありませんので、ワイヤーを使う矯正に比べて痛みが少ないことも特徴の一つです。


手入れが簡単

歯磨き

ブラケットを使う矯正は、その複雑な形状からブラッシングが難しく、歯のお手入れが大変になることも患者さんを悩ます一つの要因となります。マウスピース矯正は取り外しが可能な矯正ですから、歯磨き時は通常と同じブラッシング方法でお手入れが可能です。ただし、ブラッシングの後は歯にマウスピースをかぶせてしまいますので、磨き残しや汚れが付着していると、むし歯等の原因となります。歯科医師や歯科衛生士の指示に従い、正しいブラッシング方法を身に着けて下さい。


歯の動きを予測できる

シュミレーション

インビザラインのマウスピースを作る工程の前に、クリンチェックというシュミレーション画像を見ていただきます。このクリンチェックは、歯がどのようにして動くかをご自身の目で確認いただける3Dシュミレーションです。何枚のマウスピースでどのように変わっていくのか、おおよその目処が分かるため、治療後の自身の歯並びを確認出来るシステムです。


ブラケット矯正に比べて通院回数が少ない

矯正チェック

通常のブラケット矯正の場合、通院回数はおよそ1〜2ヶ月に1回。歯の動きが安定するまではほぼ毎月歯科医師による調整が必要で、その都度調整費(5,000円+税)が必要です。それに対しマウスピース矯正の場合、通院回数は2〜3ヶ月に1回、調整費も施術が必要な場合(アタッチメントを着ける等)のみの請求(3,000〜5,000円+税)となるため、負担の少ない治療と言えます。


マウスピース矯正(インビザライン)のリスク・デメリット

自己管理が必要
マウスピース矯正は自分で取り外しが可能です。しかし、外している時間が長くなってしまうと歯は動きません。それにより歯の動きが遅れた場合は、次のマウスピースが合わずもう一度型取りから行う必要があります。
装置の紛失
極稀にですが、装置を紛失される方もおられます。紛失されると同じマウスピースを作り直す必要がありますので、終了までの期間がその分伸びてしまいます。
マウスピースの破損
咬合力の強い方の場合は特に、就寝中にマウスピースが破れてしまうということもあります。約2週間おきにマウスピースは変わりますので、多少穴が空いても使用していただいて可能ですが、矯正力がかからなくなると歯が動かず、次のマウスピースが合わない場合もあります。マウスピースが破損した場合は担当の歯科医師の指示に従って下さい。
装着中は食事が出来ません
食事はマウスピースを外して摂って頂きます。何かをつまみたいときなど、さっと外して口に入れて頂いても構いませんが、歯垢や糖分がついた状態で再度マウスピースをはめるとむし歯のリスクが高くなります。水分についてはお茶かお水程度に留め、糖分が含まれるものはマウスピースを外し、歯磨きをしてから装着するよう習慣づけて下さい。
微調整が必要な場合があります
マウスピース矯正では、最後の咬み合わせの調整が困難な場合もあります。必要に応じて最後の数ヶ月間ブラケットによる仕上げをご提案することもあります。
抜歯が必要な場合もあります
抜歯が必要かどうかは現在の咬み合わせの状態を診ての判断となります。歯が並ぶスペースがない場合は、抜歯をすることもあります。
痛みを感じることもあります
ブラケット矯正に比べて痛みは弱いですが、違和感がないわけではありません。マウスピースが変わった3日ほどは違和感があるかもしれませんが、歯の動きと慣れとともに徐々に違和感はなくなってきます。
マウスピース矯正が出来ない方もおられます
叢生がひどい場合や難症例の場合、マウスピース矯正では治療が困難な場合があります。その場合は他の治療法を歯科医師からご提案させていただきます。

マウスピース矯正の使用法について

マウスピース

1日20〜22間の装着

20時間以上を目指しましょう。1日の装着時間が17時間を下回ると次回のマウスピースが合わなくなります。マウスピースが合わなくなった場合は、再度印象(型取り)を行い、新しいピースが到着するまでの間治療は停滞してしまいます。


食事

毎食後歯磨きをしましょう

食事の際は、マウスピースを外してお召し上がり下さい。お食事が終わりましたら歯を磨いて、再びマウスピースを装着して頂きます。完食時もマウスピースは外します。お飲み物はお水やお茶程度であれば着けたままお飲み頂けますが、糖分が含まれているものを飲まれる際はピースを外して飲んでいただくことをお薦めいたします。


新しいマウスピース

1枚のマウスピースの使用期間は2週間

マウスピースは2週間使用すれば次のものをご使用下さい。一つのマウスピースで動く距離は0.25mmですので、1回2週間の利用で0.25mmずつ動く計算で全てのマウスピースが作られていきます。 マウスピースが破れた場合や穴があいた場合などは、担当の歯科医師の指示を仰いで下さい。


マウスピース矯正(インビザライン)を始めるまでの流れ

1.相談・検査

相談風景

まずは相談にお越しください。最初に矯正に必要なパノラマレントゲン・セファロなどの資料を撮り、それを診ながら歯科医師が診断していきます。

2.矯正相談

矯正相談

日本矯正歯科学会認定医のDR柴田による矯正相談です。実際にマウスピース矯正の説明やメリット・デメリットを確認し、同意を得た上で矯正を始めます。

3.型取り

型取り

マウスピースを作るための型取りです。あとはアメリカから患者様ごとのシュミレーション画像が送られてくるのをしばらくお待ちいただきます。

4.クリンチェック

クリンチェック

歯科医師とシュミレーション画像をご確認いただきます。問題がなければその時点からマウスピースの作成に入ります。クリンチェックでOKを出して2ヶ月程度でマウスピースが届きます。


マウスピース矯正の費用

種類 説明 料金
マウスピース矯正
マウスピース矯正
インビザライン
マウスピースの必要枚数によって費用は異なります。必要枚数は、現在の歯並びによって決まります。
治療期間…2〜3年、治療回数…10〜15回
片顎800,000〜1,000,000円+税

お支払い方法

一括払い 分割払い カード払い デンタルローン
例)864,000円(税込み) 例)43,200円 × 20回 例)36,000円 × 24回 +分割手数料 例)月々12,300円×84回
現金・もしくはお振込 20回まで。金利手数料無料(カード可) カード会社による分割(手数料はカード会社にご確認下さい) 年利5.6%(初回のみ15,122円)

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約

三宮アップル歯科HOMEへ

診療情報

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー


このページのトップへ