三宮アップル歯科HOME > 自由診療 > 歯列矯正 > 歯列矯正のリスク

歯列矯正のリスク

注.う蝕感染率の上昇
→ブラケットを歯につけることで歯垢が溜まりやすく、口腔内の清掃状態が悪ければ、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
注.装置による痛みや口内炎
→矯正装置後数日間は歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまでの(1週間程度)は口内炎ができることがあります。
注.治療期間の延長
→定期的な矯正チェックを怠ると治療終了までの期間が長くなります。
注.外科矯正のリスク
→成長発育によるオトガイの突出(とくに下顎前突)は矯正治療では治せません。外科手術が必要になることがあります。
注.顎関節症のリスク
→顎関節が弱い方の場合、矯正治療に伴い関節異常が出ることがあります。
注.抜歯のリスク
→親知らずが生え揃うと、歯並びに影響したり顎関節症の原因となる場合には抜歯することがあります。また当院では矯正治療をされる患者様には抜歯を推奨することがあります。治療の進行上、場合によっては歯を抜いたり、かぶせの治療や根っこの治療を加えなければならない事がありますが、この場合の費用は別途必要になります。
注.歯根吸収
→長期の矯正治療により歯根吸収(歯の根のセメント質が溶けて歯が抜けやすくなる状態)が生じる恐れがあります。
注.歯肉退縮
→歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
注.歯の後戻り
→並んだ歯列は、永久的に不動不変のものではありません。リテーナーを着けていなければ後戻りすることがあります。
注.歯の失活
→歯の神経が失活することがあります。
注.歯の亀裂
→治療後、歯の表面にわずかなひび割れ(クラック)が生ずることがあります。
注.金属アレルギー
→ブラケットは主に金属です。体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。

タグ: ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約

三宮アップル歯科HOMEへ

診療情報

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー


このページのトップへ