三宮アップル歯科HOME > 自由診療 > 歯列矯正 > 歯列矯正について

歯列矯正について

なぜ歯列矯正が必要なのか

なぜ矯正治療が必要なのか

アップル歯科の得意な治療のひとつが歯列矯正です。歯列矯正というと、「子どもがするもの」とか「治療期間が長い」とか「装置の違和感がありそう」などのイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。そしてほとんどの方が必要のないものだと思われておられうと思います。 しかし厚生労働省が行っている歯科疾患実態調査によると、平成11年度:叢生なしの人277名、叢生ありの人が241名・平成17年度:叢生なしが148名、叢生ありの人が98名、平成23年度:叢生なしの人117名、叢生ありの人が98名と、毎回40%以上の人に叢生が認められているのです。叢生とは歯がガタガタに並んでいる状態。「見た目さえ気にしなければ別に良い」と思われる方もいらっしゃいますが、実は見た目だけではありません。

叢生の場合の見た目以外のリスク

  • 歯磨きで磨きにくい場所が増えるため、虫歯のリスクが高くなります
  • 磨き残しが多いため歯垢や歯石がたまりやすく歯周病のリスクが高くなる
  • 上と下の歯が正しい位置で咬めていない可能性が高く咀嚼効率が悪い

  • 叢生の場合の見た目以外のリスク

    見た目だけでなく咬み合わせを考えた治療

    そしてそれらは見た目でわかる叢生のみではありません。前歯が出ている上顎前突や受け口の下顎前突、八重歯も叢生ですし、前歯で噛めない開咬などもあります。これらは全て上記のリスクや咬み合せの危険性を持った歯並びなのです。 歯並びを治すことは、見た目の問題のためではありません。将来健康で壊れにくい口腔内の環境を作ることが第一なのです。そこにおまけで見た目がついてくると言っても過言ではありません。三宮アップル歯科では、「矯正が必要である」と判断した場合、患者様を主訴を問わず矯正治療を選択肢に含むことがあります。もちろん決めるのは患者様自身ですが、もし、ご自身の歯を長く健康に保ち、心身の健康の礎としたのいのなら、これから長い人生を支えるための歯のことです。ぜひ一度ご提案内容をご検討下さい。


    三宮アップル歯科の矯正治療の特徴

    三宮アップル歯科の矯正治療の特徴

    三宮アップル歯科の矯正治療は、元町の矯正歯科「アキラ矯正歯科クリニック」との連携を行った治療となります。アキラ矯正歯科クリニックのDr楊浩彰は日本矯正歯科学会の認定医です。矯正の一番のポイントは最初の診断と治療計画です。この2つを矯正医を交えて診断・検討していきます。矯正専門医院との違いは、総合的な診断ができること。例えば矯正治療と審美補綴(キレイな被せ物や詰め物に変える治療)や、インプラントを絡めた矯正治療、矯正治療中の歯の管理なども可能となることです。しかも、ブレーンとして矯正医の目が入っていますので自信を持ってご提案できるのです。「どこで歯並びを治せば良いのか」「自分は歯並びの治療が必要なのか」とお考えなら、まずはご相談だけでも結構ですのでお越しください。



    タグ: , ,

    三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
    診療時間
    月・火・木・金:10:00~19:30
    :9:30~17:00(2016年10月迄)
    2017年11月1日より時間変更
    月・火・木・金:9:30~19:00
    :9:30~17:00
    休診日
    水・日・祝
    所在地
    神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
    三信ビル3F
    電話番号
    078-200-6802(むし歯ゼロに)
    ※急患・新患受け入れ可能

    診療カレンダー

    三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
    院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
    理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
    スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
    スペシャルコンテンツ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
    スペシャルコンテンツ 神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

    このページのトップへ