三宮アップル歯科HOME > 三宮ウィキ歯ディア > 歯の根の治療、神経を抜いた後の治療法で歯の寿命が変わる?

歯の根の治療、神経を抜いた後の治療法で歯の寿命が変わる?

歯の根が痛い

虫歯が進むと、歯の神経を取る「抜髄」という処置をしなければなりません。神経をとると歯はどうなるのでしょうか?神経がなくなるだけで、歯としては同じだと思っていませんか?神経がある健康な歯を生活歯といい、神経を抜いた歯を失活歯といいます。 失活歯とは生活反応を示さない歯。具体的にいうと感染に弱くなり、治癒しようとする力も失った歯です。そのため抵抗力を失った歯は、歯の根を膿む原因となり、それが原因で再治療が必要となることもあります。


歯の根の治療

歯科医師もできれば神経を取りたくはありません。ですから歯医者では早めの検診を呼びかけ、この歯髄を取る処置を可能な限りしなくて良いようにしたいのです。なぜなら、歯の根に膿がたまった時の痛みはとても激しく、治療の成功率(予後)も決して良いものとは言えないからです。
そんな歯の根の治療ですが、安易に「神経とりますね」でお任せしてしまっていませんか?

実はこの根の治療にも、一般的な保険治療の他に自由診療の治療を行なっている歯科もたくさんあるのです。
自由診療=高い治療と思われがちですが、実はそうではなく、全ての治療の中で保険が適用される治療はごく一部です。その保険が効かない治療の中には優れた治療がたくさんあって、患者さんはこれを選ぶことができるのです。 では根の治療の場合、どんな差があるのでしょうか?

マイクロスコープ

自由診療による治療の方法は歯科医院によって異なりますが、一言で言えば「保険」という制限をかけずに精密な治療が可能になるといことです。 保険診療は点数が決まっていて、使える薬剤なども認可という制限がかかります。一方自由診療の場合、その制限がないために一度の治療に時間をかけて、様々な機器を使って治療が可能です。 例えばマイクロスコープ。マイクロスコープとは歯の根などの肉眼では確認しずらいところを拡大して見ながら治療を行う歯科用顕微鏡のことですが、これを導入している歯科医院はそれほど多くはありません。 マイクロスコープは保険で使用できないという決まりはありません。しかし、そのコストや時間を考えると、保険の定められた金額内で治療に使うとなると、どうしても歯科医院側が赤字になってしまうのです。歯内療法(根の治療)は肉眼でもできますので、ほとんどの歯科医院では保険の治療の場合、肉眼での治療になってしまうことが多いのです。(一部症例においては保険適用されるものもあります) ところが自由診療になると、費用や時間に縛りがなくなるため、コストと時間をかけた治療が可能になります。逆に1度の治療に時間をかけることによって、通院日数を減らすことにもなります。保険でも自由診療でも、歯科医師は手を抜くことはありません。しかし使える道具や時間によって、治療の成果という面では明らかに差が出てしまうこともあるのです。


ちなみに下の写真は肉眼で行なった一般的な歯内療法と、マイクロスコープを使った自由診療の精密歯内療法との違いです。 この上に補綴(詰め物や被せ物)をするのですが、どちらが予後が長いのか、その確率は言うまでもないかとは思います。

  • 肉眼での治療


    通常の歯内療法
    赤丸のところが肉眼のため見落とされることが多い根管です。
  • マイクロスコープによる治療


    精密根管治療
    マイクロスコープを使えば、小さな根管も見逃すことなく除去することが可能です。

他にも、神経を取り根管内をキレイにする「ファイル」という道具や、薬剤・セメント、あらゆるものが保険診療と自由診療では異なってきます。 中には「保険で同じ治療をなぜやらないのか」「ぼったくりではないのか」などと言われる方もおられます。 しかし、実際は治療の方法から道具まで、ありとあらゆるものが違うから、高い結果を得られるのです。


被せ物や詰め物でも歯の寿命が変わる?

マイクロスコープ

自由診療の歯の根の治療を行なった歯に、保険の銀歯を入れることは保険のシステム上できません。ですから、自動的に被せ物や詰め物も自由診療のものになることが多いのですが、これも実は失活歯の治療の予後に大きく関わります。 保険診療の詰め物や被せ物は銀歯や、CAD/CAM冠という樹脂製の歯になります。銀歯の場合、その硬さからたわむことができず、徐々に接着が落ち、隙間ができやすいと言われています。そのため、その隙間からむし歯菌が入り、虫歯の再発をする可能性が高いと言われています。一方樹脂製のCAD/CAM冠は、プラスチックと同じ素材ですから割れやすいという欠点から、二次カリエスややりかえの可能性が高くなります。二次カリエスを繰り返すと、その都度治療で虫歯を削っていきますので徐々に歯質がなくなっていき、最終的には歯を失うことにもなります。

自由診療の場合、多く使われるのがセラミックや金などの素材。セラミックは歯垢が付着しにくく、歯との接着も相性が良いため、二次カリエスのリスクが低いとされています。金は柔軟性が高く、対合する歯へのダメージも抑えることができることと、加工のしやすさと変形のしにくさから奥歯に適した素材とされています。

被せ物や詰め物で歯の寿命を左右する一番の原因は二次カリエスです。自由診療は対症療法だけでなく、予防も考えた治療となりますので、抜髄後の歯の寿命を考えるのであれば優れた治療と言えます。


マイクロスコープ

アメリカをはじめとした欧米先進国では、歯の治療に健康保険というもの自体がありません。ですから全て自費になり、費用は概ね10万〜15万円ぐらいとなります。 日本の保険診療は自己負担が3,000円前後、保険分をのぞいて9,000円程度の治療となります。この金額でアメリカで自費で行われている治療と同程度の治療であるとは到底考えられません。

単に神経を抜くという治療でも、「保険」という費用負担の少ないシステムを使用して今の痛みを取るか、「自由診療」を選択して悪くなった原因を取り除き、今後のリスク(再発や抜歯)をとことんまで抑えるか、それを選択できるのは患者さんの権利です。「保険でできることは保険で」と考えるのではなく、自信にとって最良の選択をできるよう、しっかり歯科医師の話を聞きましょう。



この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

※4月から診療時間が変わります

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スペシャルコンテンツ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
スペシャルコンテンツ 神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ