三宮アップル歯科HOME > 三宮ウィキ歯ディア > 抜髄前のワンチャンス、歯の神経を抜きたくない方へ

抜髄前のワンチャンス、歯の神経を抜きたくない方へ

予防の重要性が謳われている現在、昔なら「痛くもない歯だったのに、歯医者に行ったら神経取られた」なんて話を聞いたことはありませんか?実はこれ、歯科医院ではよくある話なのです。 実際、間違った治療ではありません。なぜなら「痛くなくても」むし歯が神経に達していれば、「抜髄(神経を抜く処置)」をしなければ、歯質と違って柔らかい神経は、あっというまにむし歯に蝕まれてしまうからです。 もちろん、患者さんの立場になって考えれば、「痛くもないのになぜ神経を抜くの?」と思うのが当然です。しかし歯科医師側にとってみれば「痛くなくても神経にむし歯が達してしまえば抜かなければ大変なことになる」と考えるのが定石とも言えてしまうのです。

ですから、これまでのむし歯治療においては、以下のステップで抜髄(歯の神経を抜く処置)を行わなければならなかったのです。

これまでのむし歯になってからの治療サイクル

予防:フッ素・セルフコントロール
フッ素・セルフコントロール

日常の歯磨きやデンタルフロスなどのご自身でのセルフケア、歯科医院でのフッ素塗布やクリーニングによるプロケアによる予防で、「むし歯にならない」よう気をつけます。


治療1:CR(コンポジットレジン)
治療1:CR(コンポジットレジン)

小さなむし歯であれば、むし歯に侵された組織を削り、コンポジットレジンという白い樹脂で埋めることで進行を止めます。


治療2:Inlay(インレー)
治療2:Inlay(インレー)

いわゆる詰め物といわれる補綴治療で、むし歯に侵された部分を削り、形成した上にセラミック性の詰め物や金属の詰め物で被せることでむし歯の進行を食い止めます。この際、詰め物の種類や材質により、二次カリエスというむし歯の再発のリスクが異なること理解した上で治療法を選ぶことが重要です。


治療3:抜髄 → Crown(クラウン)
治療3:抜髄 → Crown(クラウン)

被せ物の治療です。むし歯が神経に達していれば、抜髄(神経を抜く処置)を行い、そこにコアという柱を立ててセラミックや金属の被せ物を被せることでむし歯の進行を食い止めます。


と、ここまでがむし歯になってからこれまでの常識でした。残念ながら、むし歯が神経に達してしまえば痛くなくても神経を抜く処置をしなくてはいけないのです。神経を抜いた歯は「失活歯」と呼ばれ、著しく弱くなり、歯の寿命を縮めてしまいます。 もちろん、歯科医師側の意向としては出来れば神経を抜きたくはありません。できれば神経を残してあげたいと思うのは、医療の分野に携わっている以上当然の気持ちなのです。 それでもこれ以上患者様が歯を失うリスクを避けるためには「抜髄」という選択肢を選ばざるを得なかったのです。

しかし、近年この抜髄のタイミングに、もう1度だけ神経を残すことができるチャンスが増えたのです。

むし歯が神経に達していても神経を守れるMTA

上記治療2と3の間に、神経に達したむし歯部分だけを除去し、MTAセメントという特殊な歯科用セメントで蓋をすることで、歯の生活反応「歯が生きている証拠」を残したまま治療することが可能になったのです。
つまり、

治療2.5:MTAによる断髄 → Inlay(詰め物)or Crown(被せ物)
治療2.5:MTAによる断髄 → Inlay(詰め物)or Crown(被せ物)

むし歯に蝕まれた部分のみを除去し、MTAセメントで蓋をして神経を保存した上で、その上から被せ物や詰め物の治療をおこなう。


歯の予後・機能は生活歯と失活歯とで異なってくる

ただし、MTAセメントによる治療も万能ではありません。神経に達しているむし歯全てに有効なわけではないのです。しかもそれはむし歯に達した神経を除去し、目視で確認してみなければ判断ができないこともあるのです。 それなら、「最初から無理に挙げかず神経をとってしまえば」と思う方もおられるかもしれませんが、神経の残っている歯と抜髄してしまった歯では、その耐久力・予後は大きく異なってくるのです。 ですから、「もしかしたら保存できるかもしれない」と考えた際、私たちは患者さんにMTAセメントの提案をしています。もしご自身も「できる限り抜髄はしたくない」という気持ちで一致したのであれば、ワンチャンスにかける治療ではありますが、やってみる価値はあると考えています。

予防

ただ、この治療に関しても「(何もしていないときでも痛むほどの)痛みが出る前」に治療することが条件となります。自発痛があれば、ほとんどの場合抜髄になってしまうことが多いです。 一つのチャンスに一喜一憂するのではなく、まずはそうならないように「予防」をしっかり行うことが、自分の歯でいつまでも美味しくご飯を食べる最大の秘訣であることには変わりはありません。



三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スペシャルコンテンツ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
スペシャルコンテンツ 神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ