三宮アップル歯科HOME > 三宮ウィキ歯ディア > 大人の矯正、3つ効果と費用・期間

大人の矯正、3つ効果と費用・期間

大人の矯正、3つの効果と費用と期間
最近、みなさんのご友人でも大人になってから矯正治療をしている方、多いのではないでしょうか?中には、歯科医院に行って矯正を勧められた方もおられるかもしれません。 では、なぜ歯科医院では矯正を勧めるのでしょうか?そこには歯並びがキレイになることによって5つのメリットが考えられるからです。

【効果1】見た目が良くなる

見た目が良くなる間 ご自身で矯正を希望される方の大半が「見た目のコンプレックス」を気にされます。それは見た目の問題は恋愛や仕事にも影響を与えるから。例えば芸能界で言うと、近年では歯並びの悪い人は少なくなってきたように思いませんか? これは歯並びが悪ければ人気も出にくいですし、歯並びが良いと「清潔そう」なイメージがつき、好感が持てるからではないでしょうか。また、歯磨き粉のCMや大きく口を開けて笑うシーンで、歯並びが悪ければ印象を落としてしまうことも考えられます。また、恋愛においてもキレイな歯並びの人と、ガタガタの歯並びの人であれば、どちらとキスを想像するかと言えば、前者と答える方が多いでしょう。 矯正治療はこの悩みを解決するための有用な手段と言えます。

【効果2】むし歯や歯周病の予防

見た目が良くなる間 歯科医が矯正を勧める一番の理由はここにあります。歯並びがガタガタだと、清掃性が悪くなります。簡単に言うと歯磨きが難しくなります。日本歯科保存学雑誌に掲載されたデータによると、歯ブラシによる歯垢の除去率は約60%程度と言われています。これが歯並びがガタガタの場合だとどうなるでしょうか?歯ブラシが届かない場所、奥まったり重なったりした複雑な場所、当然磨き残しが増えるのは言うまでも無いと思います。この磨き残した歯垢はむし歯や歯周病の原因となるので、歯並びが悪い=むし歯や歯周病のリスクが高くなる(予防が困難)ということです。つまり、歯並びが原因でむし歯や歯周病を繰り返している方にとっては、歯列矯正はこれを改善する方法と言えます。

【効果3】咬み合わせの改善

見た目が良くなる間 悪い歯並び(良くない歯並び)のことを不正咬合と言いますが、不正咬合は歳を追うごとに徐々に悪さをしてきます。例えば顎が痛くなったり、咬み合わせに違和感を覚えたり、時には肩こりや頭痛の原因となることもあるのです。通常、歯列矯正の目的は見た目だけはなくこの咬み合わせを考えた治療を行います。歯列矯正をすることで顎の痛みや肩こり、偏頭痛が消えたという方も中にはおられます。また、咬む力が均等になることで、姿勢が変わることも少なくありません。また、バラエティ番組でもお馴染みの脳科学者、澤口俊之先生は、「かみ合わせを是正すると血流増え頭がよくなる」と言っておられます。

歯並び矯正のデメリット

見た目が良くなる間 ここまで聞くと、歯並び矯正はとても良い治療であることはわかると思います。ただし、どんな治療でもそうですが、メリットもあればデメリットもあるのが当然です。歯並び治療の場合、その多くが期間と費用、そして違和感と痛さ、最後に仕上がりです。歯並び矯正は保険の効かない自由診療です。医院によって費用は異なります。平均的には60万円〜80万円のところが多いのではないでしょうか。これを高いと取るか低いと取るかはその人次第ではあると思いますが、残りの人生をその歯で過ごすと考えた上でその治療に値するかどうかを検討していただくのが良いのではないでしょうか。医院によっては、分割やデンタルローンなどの支払い方法にもオプションがありますので、無理のない範囲で治療できるよう考えましょう。 期間については平均2〜3年程度、ただしこればかりは人によりますので、1年以内で終わる方もいれば4年以上かかる人もおられます。 違和感や痛さについては、全くないわけではありません。しかし、それが絶えられずに矯正治療をやめてしまう方はほとんどいません。大体の方が慣れてしまえば気にならなくなるというお声をよく耳にします。 困るのが、仕上がりの部分です。矯正治療は歯を動かす治療です。歯の動きを計算し、きちんと並べてあげなければ治療前より悪い状態を招いたり、満足のいく歯並びにならないこともあります。これを回避するためにはしっかりご自身で医院を選んで頂く必要があります。どんな装置でどう治療していくのか、おおよその期間の目安を教えてくれるか、道具や矯正に関する知識を有しているかどうかなどを確認し、歯科医師の人間性をしっかり確認した上で治療に望むようにしましょう。

歯並び矯正、医院選びのポイント

歯並び矯正、医院選びのポイント 歯並び矯正を考える時、最も気になるのが費用と期間の問題、次いで痛みや違和感などが挙げられます。歯並び矯正のほとんどは保険の効かない自由診療。そのため費用は医院によって異なってきます。しかしここで考えなければいけないのは、費用で決めて良いのかということ。例えば寿命を80歳と考えて、20歳で矯正をしたら残り60年のお口の為の矯正、40歳で矯正しても残り40年のための矯正です。値段ではなく、どんな治療を提案し、先生がどれだけ矯正について学んでいるかを見るべきではないかと考えます。また、専門医や認定医(主に日本矯正歯科学会)が矯正治療を診ているかどうかも大切です。とはいえ、専門医や認定ではなくとも矯正治療が得意で多くの症例を診ているドクターも少なくありません。しかし、こと診断においては専門医や認定医は優れた力を持っていますので、彼らが診断するかどうかで、矯正治療の出来栄えが変わることもあります。しかし、矯正専門の医院に行ってしまうと、むし歯や歯周病の治療を他院に通わなければならなかったり、インプラントや審美治療をやっていないということもあります。どこで治療するかはその人のお口の状態にもよりますが、お薦めとしては、専門医や認定が矯正日に矯正を担当している一般歯科であれば妥当ではないかと思います。
歯並び矯正、医院選びのポイント 当院の場合でも矯正を学んだドクターと、矯正認定医の2人で一人の患者様を診させて頂きます。簡単な処置やチェック、審美的な治療は一般歯科医が、矯正認定医でなければ難しいところを認定医が診さて頂いています。ただし、難症例や外科手術、特殊な治療の場合は認定医・専門医にでなければ出来ないこともあります。当院もそのようなケースは当院提携の認定医が開業する医院に紹介しています。 専門医と認定医ではどちらが良いかというのは深く考える必要は無いと思います。専門医よりも経験値が高かったり、治療自体も上手な先生はたくさんおられます。ホームページや口コミなどで、その先生がどんな先生なのかをしっかり調べて、まずは相談に行きましょう。治療を始めればこれから2〜3年間、月に1度程度は顔を合わす相手になります。自身とドクターとの相性もとても大切になってきます。
歯並び矯正、医院選びのポイント

矯正治療の注意点

歯医者の治療というのは、治療と言いながら削ったり抜いたりすることが多くを占めます。しかし矯正治療に関しては、むし歯や歯周病のリスクを下げ、咬合のトラブルを回避し、見た目も改善する、歯科の中でも歯を守る稀な治療といえます。しかしその反面保険が適用されず費用と期間を要し、歯を抜く事があったりと、患者さんの負担も多い治療とも言えます。大切なのはそれらのメリット・デメリットをあらかじめ説明を受けた上で、今後長きに渡って良い口腔環境を作り、保っていくことです。中には審美性や短期間、費用だけを求めるがために、咬合や歯や歯ぐきへの負担を考慮せずに治す方法も存在します。歯は骨や内臓と同じく身体を構成する臓器です。安易に値段や期間で考えず、5年後・10年後とこれからの人生を考えて治療を考えましょう。

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約

タグ: , ,


更新日: 2018年3月6日 | by 三宮アップル歯科

神戸の歯医者 三宮アップル歯科

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:9:30~18:45
:9:30~13:00
:9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

※4月から診療時間が変わります

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー

ご挨拶

院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶

お知らせ・情報

スタッフからのお知らせ
【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ