三宮アップル歯科HOME > 三宮ウィキ歯ディア > 歯が痛いときの対処法

歯が痛いときの対処法

歯医者に行かずに歯の痛みを止められる?
歯が痛い

答えはYESです。しかしこれはやってはいけないYESです。歯が痛くなったら、できるだけ早いタイミングで歯医者に行ってください。 しかし、場合によっては行けない都合もあるかとは思います。例えば休日や連休で歯科医院が開いていないとき、どうしても外せない仕事があるとき、テストや結婚式など後に回せない用事があるときなど。 そんなとき、歯医者に行くまでに少しの間だけ痛みを抑えたいと思うなら、お薬の力を借りましょう。歯痛にはロキソプロフェン・イブプロフェン・アセトアミノフェンなどが有効とされています。

歯が痛い時に有効な方法

歯痛にきく市販薬(一例)

主剤 市販薬 詳細
ロキソプロフェン ロキソニンS プロピオン酸系の消炎鎮痛剤
イブプロフェン ライオン バファリンプレミアム・EVE・ナロンエース等 主に発熱、寒気、頭痛などの症状改善に用いられる解熱鎮痛薬
アセトアミノフェン セデス・ノーシン・ハイタミン プロピオン酸系に分類される非ステロイド系消炎鎮痛剤

中でもロキソニンSは歯科医院でも患者さんに処方するロキソニンの市販薬です。痛みがある場合は我慢せずにお薬を飲んで冷静になりましょう。要指導医薬品の薬品や第一類の市販薬は、薬剤師さんに相談し、用法・容量を守って使用してください。常備薬を飲む場合は効能に「歯痛」があるかを確認してから飲みましょう。ただし、薬には禁忌があり、他の病気や怪我でお薬を飲んでいる場合や、得意な体質、妊娠中や子どもには注意が必要です。使用上の注意をよく読んで使用しましょう。

歯痛のお薬

患部を冷やす

歯の痛みは時に我慢出来ないほどの激しいこともあります。一刻も早く痛みを抑えたい場合は、まずは薬を飲みましょう。その後薬が効くまでにできることといえば、幹部の冷却です。氷嚢や氷を巻いた冷たいタオル、冷えピタなどで患部を頬や顎の上から冷やしてみて下さい。血流が遅くなることで歯の痛みが収まることがあります。

口腔内をキレイにすれば歯の痛みが治まる?

歯磨き

むし歯や歯周病の主な原因は口腔内の衛生的な問題から起こります。とはいえ、歯に痛みが出てから口腔内を清潔にしても、進行したむし歯や歯周病がもとに戻るわけではありません。しかし、歯磨きやデンタルフロスをするだけで、稀に痛みが治まることもあります。これは食べかすなどの異物が歯の隙間に挟まることで圧迫していたものが取れたり、歯垢についている菌を減らすことで痛みが緩和されることがあるためです。歯磨きは歯の隙間だけでなく、歯と歯ぐきの境目も汚れやカスが溜まりやすいので、軽目の力で当てて下さい。あまり力を入れすぎると、返って痛みが大きくなることがあります。


休日歯科急病センター・夜間急病センターで応急処置

休日や夜間の最後の手段としては歯科医師会等が行っている休日歯科急病センターや夜間急病センターを利用する方法があります。殆どの場合保険での利用が可能ですが、主に痛みを抑える応急処置となります。排膿や投薬などはしてくれますが、継続的な治療はできませんので、平日に歯科で治療出来るまでのつなぎとして利用ができます。夜間急病に関しては、エリアによって異なりますがやっていないところもあります。その場合、どうしても我慢できない痛みであれば救急安心センター(#7119)に問い合わせてみるのも良いかもしれません。最近では夜や土日でも開いている歯科もあるので、「休日 歯科」などで検索して調べてみましょう。

歯が痛い時にやっていはいけないこと

歯痛を触る

痛いところを押す・触る・・・患部を押したり触ったりすると、痛みが増す可能性が高いです。気になったり、押したら治るのでは?と思う気持ちもわかりますが、清潔な歯ブラシで軽く磨く以外は、強く触れたり押したりしないようにしましょう。
お酒を飲む・・・お酒を飲んで痛みを忘れようと思ってアルコールを摂取すると、血の巡りがよくなりさらに激しい痛みに襲われる羽目になります。お薬を飲んで痛みを抑えたときも、アルコールによって痛みがぶり返したり、薬の効果を得られなくなることもあるのでお酒は控えましょう。
暑いお風呂やシャワー・・・暑いお風呂やシャワーも血の巡りが良くなることからお薦めできません。身体の汚れを取りたいときは濡れタオルで拭くなどで対応しましょう。
激しい運動・・・「身体を動かしたら忘れるかも」と思って動かすと、これもまた血の巡りが良くなって忘れるどころから忘れられない痛みを覚えることにもなりかねません。痛みがあるときは安静にして過ごしましょう。

痛くなくなっても歯医者には行きましょう。

歯医者に行く

むし歯にしても歯周病にしても、痛みが治まっても治っていることはありません。「お薬を飲んでから痛みが出なくなった」「寝て起きたら大丈夫になった」など、あれほど気になっていた痛みが治まることはありますが、むし歯も歯周病もそういうことは大いに有り得る病気です。そんなときこそ痛みがない間に歯医者に行けるチャンスです。例えば足が折れていたら、あなたは学校や仕事に行きますか?足と同じで歯も立派な身体の一部です。「歯痛ぐらいで仕事に遅れるな」などと思う人もいるかもしれませんが、歯の痛みから死に至った人も少なからずおられます。あなたの中で高い優先順位を付けて治療に行って下さい。たとえ今は痛くなくても、次に痛くなるときは、前より痛くなる可能性は大いにあると思って下さい。

原因を治すだけでなく予防しましょう

「もう二度とこんな痛い目に会うのはゴメン」と思うなら、歯には予防という手段があります。歯垢や歯石をキチンと落とし、口腔内を清潔に保ち、定期的に検査をすることで、突然の大きな歯の痛みを感じるリスクを小さくすることができます。歯の最も痛くない治療は予防です。定期検診に通って、キレイな口元で健康に安心して過ごせる毎日を手に入れましょう。



この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約


神戸の歯医者 三宮アップル歯科

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

JR神戸線 三ノ宮駅前MAP

JR神戸線 三ノ宮駅東口徒歩1分
各線三宮駅から徒歩5分

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー

ご挨拶

院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶

お知らせ・情報

スタッフからのお知らせ
【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ