三宮アップル歯科HOME > 三宮ウィキ歯ディア > むし歯じゃないのに歯が痛い?咬む力の恐怖

むし歯じゃないのに歯が痛い?咬む力の恐怖

日本人のほとんどが経験したことがあるであろう「歯の痛み」。 実は「歯の痛み」を感じる瞬間は、必ずしも「むし歯」ではないってご存知ですか? 歯医者さんで診てもらって、むし歯じゃないと診断された場合、歯が痛くなる原因はに以下のようことが考えられます。

1.根尖性歯周炎

根尖性歯周炎

歯の根の奥に膿の袋ができた状態です。歯科医院ではよく「ペル」となどと呼ばれていて激しい痛みを伴い、治療にも手間と時間がかかることが多いです。 治療してもぶり返すこともあるため、最悪の場合歯の根元の膿袋を取る「外科的処置」を要すこともあります。


2.歯の破折

破折

治療した歯によく見られる「破折」という状態。これは歯の根が途中で折れてしまった状態を言い、残念ながらほとんどの場合が抜歯となります。


3.咬合性外傷

咬合性外傷

咬み合わせが悪いと、一箇所に力がかかり、ある日突然痛みだすことがあります。例えば身体のどの部分でも、指で何度も何時間も押し続ければ痛くなるのと同じで、咬み合わせの悪い場所に長時間強い力で力をかけ続ければ痛くなるのも当然です。


4.歯周病による痛み

咬合性外傷

歯周病の急性的な症状で「歯が痛む」と感じることはよくある話でです。歯周病というと「歯ぐきの病気」と考えている方も多いですが、歯を支えている場所ですから、歯が痛いと勘違いしてもおかしくありません。もちろん「むし歯じゃなかった」と喜べるものではなく、それほど歯周病が進んでいるということは、加療の必要があるということです。


5.顎や副鼻腔の問題による痛み

咬合性外傷

例えば顎関節痛のような顎(アゴ)の痛みを「歯が痛い」と感じたり、副鼻腔炎の炎症や編頭痛による痛みを「歯の根元が痛む」と感じることも少なくありません。


上記の様々な原因で共通して言える「怖いもの」が一つあります。 それが「咬む力」です。咬む力は体重の2〜3倍とも言われており、1日に咬む回数は約1,500回と言われています。その力が毎回歯やそれを支える歯ぐきにかかっているわけですから、壊れてしまうのも仕方がありません。 そして一旦始まった「咬む力」が及ぼす歯の影響は、以下のような症状を起こしていきます。


①咬耗

咬耗
咬耗
咬耗

歯を食いしばることで咬合面が磨り減ってしまう状態です。知覚過敏などの症状が現れ、最終的には歯の神経まで到達する「露髄」という状態にまで悪化することあります。


②二次カリエス

二次カリエス
二次カリエス

金属と歯質をくっつけていたセメントが咬合力によって破壊され、内部で隙間が出来て再度むし歯になる状態です。実は歯科で治療するむし歯の大半がこの二次カリエスであり、「歯医者がむし歯を作っている」とまで言われる原因とされています。しかしそう言われるのは二次カリエスに「なりやすい治療法」と「なりにくい治療法」があり、その説明をしないことが最大の原因であると当院では考えています。


③くさび状欠損

くさび状欠損
くさび状欠損
くさび状欠損

食いしばる力によって歯に歪みが生じ、歯に圧力がかかりかけてしまいます。咬合面(噛んでいる面)ではないため、これが噛む力によるものであることは、一般の方にはわかりにくいかもしれません。


④チップ

くさび状欠損
くさび状欠損
くさび状欠損

天然歯のエナメル質や詰め物・被せ物が食いしばる力により欠ける症状です。咬合力によって単に物理的に破壊さるケースです。


⑤脱離

脱離
脱離
脱離

天然歯のエナメル質や詰め物・被せ物が食いしばる力により欠ける症状です。いくら精度の高い治療をしても、咬合力が強いと取れてしまうこともあります。「ブラキサー」「咬合が強い」と言われた方は、必ず対策を取ることをお薦めしています。


⑥歯牙の減少

歯牙の減少
歯牙の減少
歯牙の減少

むし歯を繰り返して歯の維持力がなくなり、最終的に抜歯が必要となります。(歯の根の残りが10mmを切った時)


⑦破折

破折
破折

歯の根が割れる状態です。歯の神経を抜くと歯質が弱くなり、そこに咬む力が加わることで多く起きる症状です。残念ながらその破折線の隙間に細菌が入り、虫歯や感染症になりやすく、ほとんどの場合が抜歯となります。


⑧咬合性外傷

咬合性外傷
咬合性外傷
咬合性外傷

全ての歯にバランスよく歯が咬み合わず、歯や歯の根を支える骨がダメージを受け、歯の動揺・破折・脱離が起こり歯が抜けます。


⑨フレアアウト

フレアアウト
フレアアウト
フレアアウト

奥歯がなくなると前歯がぐらついて飛び出てきます。これも咬む力が残った歯を前に押し出すために起きる症状です。こうなると最終的に全ての歯が抜け落ちてきます。


⑩咬合崩壊

咬合崩壊
咬合崩壊
咬合崩壊

咬合力により、歯がなくなった事で、咬み合せが崩壊し、抜け落ちてしまい、手遅れとなります。


咬む力による咬合崩壊から歯を守るには

①ナイトガード

スプリント

咬合システムによる仮の咬み合わせの設定および精密検査を行い、スプリントや仮歯で調整していきます。

②奥歯の補強

奥歯からしっかり補強

全体的な歯の崩壊を防ぐために、まずはインプラントやブリッジ、義歯等で奥歯からしっかり補強する必要があります。

②矯正治療

矯正装置

矯正装置によって均等に力が分散正しい咬み合わせの位置に歯を移動してされるいきます。

③全顎治療

咬み合わせをつくっていきます インプラントや補綴等で、精密仮歯を使って調整しながら顎関節に無理のない位置で、咬み合わせをつくっていきます。



この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スペシャルコンテンツ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
スペシャルコンテンツ 神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ