三宮アップル歯科HOME >  2017年 6月の記事

歯周病治療による審美回復と歯の動き

40代 女性

前歯の見た目が 気になるということでご相談にお越しいただいた患者様です。見た目の悪さの原因は歯周病でした。歯面自体に汚れや着色は少なく、歯の隙間に多くの歯石が付着してます。 歯石はセルフケアではなかなか除去できるものではありませんので、歯科医院での除去が必要となってきます。

Before

Process

After


歯石を除去するだけで、かなりキレイなりました。患者さん自身も、スッキリしたとお喜びいただけました。このように歯石が付着する方の場合、歯石がつく原因の一つに「歯磨きのやり方」が不適切な場合が多く見られます。一口に「歯磨き」と言っても、よくよく考えれば小さな頃に親から教えてもらったという方がほとんどで、歯科医院で教えてもらった方というのはまだまだ少ないと思います。アップル歯科では「予防中心」の治療を行なっていますので、患者様一人ひとりに担当の衛生士がつき、歯磨き指導からプラークコントロール、歯石の除去までを定期的に管理していくプログラムを推奨しています。

before

after

before
after

実はこの歯周病治療には驚きが一つあり、赤丸部分の写真を見ればわかるように歯石を取ってプラークコントロールを続けた結果、歯肉が引き締まった上に歯の隙間が閉じてきていることがわかります。これは純粋に「歯が動いた」と考えて良いかと思います。通常、歯列矯正のように力をかけて引っ張り続ければ1ヶ月で約1mm程度歯が動くと言われています。それが歯周病を治療をしただけでこれだけ歯が動いたのは、歯科医師が見ても不思議に思います。これは健康になったお口の中で、歯を支え合うために動こうとする人間の治癒力であると考えます。

これも口腔内環境を整えた賜物であり、患者さん自身の日頃の頑張りやデンタルIQの向上によるものであると思います。 今後も、もう二度と口腔内環境が悪くならないようにするため、患者様のお口のパートナーとして、年数回の定期検診でお口の健康のお手伝いをできればと思います。

歯周病の症例集に戻る
カテゴリー:症例

咬み合わせの力から周りの歯を守る予防的インプラント

40代 男性

右下6番の歯が抜歯になり、義歯をされていましたが、突然隣の歯(右下7番)が痛くなりご来院された患者様です。義歯に関しては1年間違和感なく使い続けてこられたそうですが、実はこの痛みの犯人は、義歯によるものでした。 もともと咬合力(噛み合う力)の強い方で、その強い咬合力でくいしばることにより、技師になった部分の歯が負担していた力も、周りの歯が支えることになったため、オーバーワークで耐えられなくなったのです。7番の歯にはクラック(ヒビ)が入り、歯髄炎を起こしておられました。 結局拔随(神経を取る治療)となりましたが、また入れ歯にすると同じ結果になることが予想されましたので、相談の上インプラント治療をおこなこととなりました。

before

after

before
after
before
after

義歯による欠損補綴は悪い治療ではありません。ただ、治療期間も短く費用も抑えられる反面、こちらの患者様のように咬合力や食いしばりが強い方の場合、支え合っていた力の負担のバランスが壊れ、周りの歯を破壊してしまうこともあります。 インプラントは、独立して一本の歯と同程度の役割を担うことができるため、同様の患者様に対しては適した治療であったと考えられます。

インプラント治療は、機能性や清掃性だけではなく、咬み合わせの力から他の歯を守る「予防的な役割」においても優れた治療です。咬合が強い、食いしばりが強いという方は、欠損補綴の際、ぜひカウンセリングに耳を傾けてください。

インプラントの症例集に戻る
カテゴリー:症例

2週間以内に治療が必要となったすきっ歯のダイレクトボンディング

20代 女性

正中離開(すきっ歯)がお悩みでご相談に来られた患者様です。結婚式を数日後に控え、どうしても見た目が気になるということでした。過去には、歯列矯正も検討されたこともあるそうですが、タイミング的に治療出来ないまま今に至ったそうです。 正中離開の場合、治療方法としては矯正治療やラミネートベニアが考えられますが、矯正治療では式に到底間に合わないこと、ラミネートベニアは歯を削るため侵襲があり、施術するのであればじっくりと考えて頂きたいという気持ちがあり、ダイレクトボンディングをご提案しました。 ダイレクトボンディングであれば、一生は持たないものの、侵襲もなく、歯を削らなく済むので、「結婚式に備えて」というご要望には適していると考えました。

before

after

before
after
before
after

ダイレクトボンディングは、いずれ取れてしまい再治療が必要となりますが、「削らなくても良い」という最大の利点があります。将来的には、矯正治療かラミネートベニアなどの治療を再検討して頂く必要はありますが、式の為だけに容易に歯を削ってしまうよりは、もう少し色々考えらる時間的な余裕を得ることで、自分にとって適した治療をじっくり考えた上でお選び頂く事ができます。

歯科医師としては、他の咬み合わせも含めて必要であれば矯正、前歯の正中離開だけで矯正に抵抗があればラミネートベニアが適した治療だと思います。しかし、患者様のご要望に応じ、「この日のためだけに」「とりあえず今回は」という再治療を前提とした見た目の改善も、患者様に不利益や侵襲がない治療であれば積極的にご提案するのも歯科医師の努めではないかと考えます。 患者様も、一生にそうはない晴れ舞台を、満足の行くキレイなお口元でのぞむことができ、お喜び頂けました。三宮アップル歯科では、「治療」という観点で、低侵襲で将来的な咬み合わせも考慮した審美的な治療をご提案させて頂きます。

審美の症例集に戻る
カテゴリー:症例

接遇セミナー受講のご報告

接遇セミナー

2017年6月6日、三宮アップル歯科では医療法人社団アップル歯科クリニック法人全体で毎年行われる、接遇セミナーにスタッフ全員で参加してまいりました。 講師にエッセンスの 久保様を招き、歯科医院に特化した接遇力を身に着けてまいりました。 2016年10月の開業以来、お陰様で三宮アップル歯科には、明石・加古川アップル歯科に引けを取らないほどのたくさんの患者様にご来院頂くことができました。開業当初、4人でスタートした小規模な歯科医院でしたが、現在では倍の8名のスタッフまで増員し、増床を検討するところまで成長することができました。 しかし、現地で採用したスタッフはこれまで歯科に特化した接遇セミナーを受講したことはありません。現在では明石・加古川から招聘したスタッフ以外に、現地で採用したスタッフも増え、患者様により良い歯科治療を提供するため日々研鑽しています。三宮アップル歯科で働くスタッフは、皆研修やマニュアルにて患者様との接し方を統一しています。しかしながら人伝えで聞いたことや紙ベースで学んだことには、少しずつですが差異が出てくるのもいたし方のない事実です。ですからアップル歯科では法人として、毎年必ず歯科に特化した接遇力を統一するため、このようにマナー・接遇セミナーを受講しています。 三宮アップル歯科は、歯科医療を提供する場所でありながら、コミュニケーションを大切にしている歯科医院です。そうすることとで歯科医院が「痛い」「怖い」場所ではなく、「通いたくなる場所」になることが出来ると考えているためです。 コミュニケーションを大切にする以上、患者様との接し方、接遇力は必ずしも必要となりますので、今回、スタッフ全員でこの接遇セミナーを受講出来たことは、明石・加古川からの古参のスタッフも現地で採用した新人スタッフも、どのように患者様と接し、どのようにお話を聞き出す体制を作り出すか、改めて統一出来る良い機会になったかと思います。


接遇セミナー
接遇セミナー
接遇セミナー

三宮アップル歯科は予防を第一に考える歯科医院です。「痛い」「怖い」場所ではなく「通いたくなる歯科医院」として、悪いところをまず治し、痛くない予防で通っていただける歯科医院であり続けるために今後もこのような機会を大切して参りたいと考えています。


カテゴリー:新着情報

歯列不正でむし歯を繰り返す方の矯正治療と審美補綴

40代 女性

元々歯列不正(悪い歯並び)によちむし歯を繰り返しておられた患者様で、今回ぶつけた歯が割れたということで来院されました。前歯が折れたことが主訴で来院されましたが、カウンセリングを通し、むし歯を繰り返す原因が歯列によるものであるということをご理解され、歯列矯正を希望されました。

Before

Process

Process


Process

After


治療の順序としては、まずは応急的にむし歯の治療と最低限の審美回復、その後歯列矯正を行った上で補綴治療に入っていきました。

before

after

before
after

歯列不正は往々にしてむし歯や歯周病になりやすいという特徴があります。それを体質的に捉える方もおられますが、実は矯正することで大幅にそのリスクを下げることが可能になります。こちらの患者様もこのままでは予後が悪いため、矯正と補綴治療によって悪くなりにくい口腔内環境を整えていきました。 矯正治療は見た目を良くするだけでなく、むし歯や歯周病になりにくい、清掃性の高い咬み合わせを作るためにも重要な治療です。歯並びの悪い方にとっては、予防的観点から考えても必要なものかもしれません。 一昔前までは、30代・40代での矯正治療は考えられなかったかもしれません。しかし、近年では中高年層でも歯科医師のアドバイスに従い治療に踏み切られる方も増えてきました。年齢を重ねてからの矯正治療は決して恥ずかしいものではありません。 歯並びが悪く、むし歯を繰り返してしまうことがお悩みでしたら、お気軽にご相談下さい。

審美の症例集に戻る
カテゴリー:症例

黒ずんだ前歯のメタルボンドによる審美修復

30代 男性

過去に神経を取った歯が黒ずんできたということでご来院いただいた患者様です。キレイに治療したいとのご希望でしたが、歯の元々の色が悪くなってしまっていましたので、メタルボンドによって修復していきました。 通常、キレイにしたいという主訴に対してはオールセラミックを使用することが多いですが、今回の場合オールセラミックであれば透過度が高すぎるため、黒ずみが見えてしまいます。そのため、透過度は低いがキレイに治療できるメタルボンドを使用しています。

before

after

before
after

神経が死んだ歯は、水分を失って黒ずむことがあります。このように黒ずんでしまうと、いくら綺麗好きの方であっても見た目から清潔感を失いかねません。キレイに治療するには黒ずんだ歯は元に戻ることはありませんので、セラミックによる治療が必要となります。 このような治療の場合、審美的欲求というよりは、審美修復に近く、失ったものを取り返す医療に近いものであると私たちは考えています。ですから私たちににとってキレイな治療とは「いかに白くて美しいか」ではなく、「いかに天然の歯に近く健康的であるか」だと考えています。歯1本のことですが、たったそれだけでここまで印象を変えることができました。 前歯の治療はどんな治療を選ぶかで顔貌が大きく異なってきます。前歯の治療をお考えの際は、ぜひ補綴カウンセリングに耳を傾けて頂けると良いアドバイスができるかと思います。

審美の症例集に戻る
カテゴリー:症例

前歯の保険治療をした経年劣化を補綴により審美回復

30代 女性

昔保険治療をした歯の色や劣化が気になるとご相談に来られた患者様です。経年劣化により不適合箇所も見られ、やりかえを希望されました。もともとの歯が綺麗でしたので、1本だけの劣化が逆に目立ってしまっておられました。 カウンセリングにて審美的に治療したいとのことでしたので、オールセラミックにて周りの天然歯に応じた色味と形の歯をいれることで治療計画を立てて行きました。

before

after

before
after

歯は、一本だけであっても見た目の印象は大きく変わってきます。特に前歯の1番・2番は、見えやすい場所ということもあり、保険治療をされた患者様がやりかえを希望されることは少なくありません。 ただ、やりかえるごとに破折のリスクや形成のために歯を削ることもありますので、できれば一番最初の補綴時にセラミックを入れていただくのが最善の選択肢だと思います。 保険の治療が悪いというわけではありません。ただ、保険の治療をすることで二次カリエスのリスクが高いことと、審美的なデメリット・経年劣化のスピードは最初に理解していただく必要はあります。 大切なのは歯科医師がしっかり説明することであると考えます。三宮アップル歯科では、カウンセリングをしっかり行うことで、患者様が最善の選択をできるよう心がけています。 審美治療は見た目だけでなく、清掃性や虫歯の再発のリスクも下げる、機能的にも優れた治療であると考えます。むし歯で歯を削ることになってしまった場合、まずいちばん最初の補綴カウンセリングに耳を傾けてください。

審美の症例集に戻る
カテゴリー:症例

審美歯科治療(見た目の改善)の症例集

すきっ歯(空隙歯列)のダイレクトボンディング

  • Before

    before
  • After

    after
  • 空隙歯列(すきっ歯)の治療のご相談で、県外から海を渡って来られた患者様です。見た目の問題と息が抜けるため発音に影響していることを気にされておられ、ホームページを見てご相談にお越しになられました。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    むし歯治療と前歯の審美回復

  • Before

    before
  • After

    after
  • 最初は口内炎で来られた患者様です。虫歯もあると思うとのことでしたので、検診の上治療してほしいとのことでした。前歯の着色などは特に機にされておられず、まずは口内炎と虫歯の治療を望まれておられました。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    28歳男性、予防のためのノンメタル治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • 大きな虫歯もなく、お痛みもない状態ですが、銀歯を白い歯に変えたいというご希望でご来院されました。銀歯は上あごに3箇所、下あごに3箇所ありましたが、特に金属アレルギーの傾向もありませんでした。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    ホワイトスポット(エナメル質形成不全)のアイコンによる改善1

  • Before

    before
  • After

    after
  • 前歯の白い斑点が気になるということでご来院された患者様です。別の歯科でホワイトニングをすることで消えることがあるということで試されたそうですが、効果がなかったということでご相談に来られました。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    ダイレクトボンディングによるホワイトスポットの治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • 前歯にある白い斑点がコンプレックスで、アイコンの症例・記事を見られてご相談に来られた患者様です。ホワイトスポットとは、エナメル質形成不全という歯の表面の病気です。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    受付スタッフのホームホワイトニング

  • Before

    before
  • After

    after
  • 三宮アップル歯科の受付スタッフのホームホワイトニングです。ホームホワイトニングは、時間がかかる反面、「自分で白さをある程度調節できる」「オフィスに比べて長期間維持が可能」などのメリットがあります。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    前歯の保険治療をした経年劣化を補綴により審美回復

  • Before

    before
  • After

    after
  • 昔保険治療をした歯の色や劣化が気になるとご相談に来られた患者様です。経年劣化により不適合箇所も見られ、やりかえを希望されました。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    70代女性のセラミックによる審美補綴

  • Before

    before
  • After

    after
  • むし歯のチェックに来られた患者様です。複数の二次カリエスが出来ていたので、補綴物(詰め物や被せ物)の説明をしたところ、全て白い歯に変えたいとのご要望となりました。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    審美歯科治療(見た目の改善)の症例集

  • Before

    before
  • After

    after
  • 過去に神経を取った歯が黒ずんできたということでご来院いただいた患者様です。キレイに治療したいとのご希望でしたが、歯の元々の色が悪くなってしまっていましたので、メタルボンドによって修復していきました。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    2週間以内に治療が必要となったすきっ歯のダイレクトボンディング

  • Before

    before
  • After

    after
  • 正中離開(すきっ歯)がお悩みでご相談に来られた患者様です。結婚式を数日後に控え、どうしても見た目が気になるということでした。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    カテゴリー:審美治療, 症例集

    成人矯正(大人の矯正)の症例集

    矯正による受け口の改善と補綴による歯の形の改善

  • Before

    before
  • After

    after
  • 受け口を治したいというご要望で来院された患者様です。受け口の矯正は程度にもよりますが、外科矯正が必要となることがあります。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    歯列不正でむし歯を繰り返す方の矯正治療と審美補綴

  • Before

    before
  • After

    after
  • 元々歯列不正(悪い歯並び)によちむし歯を繰り返しておられた患者様で、今回ぶつけた歯が割れたということで来院されました。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    カテゴリー:歯列矯正, 症例集

    インプラント治療の症例集

    インプラントによる機能回復と補綴による審美回復

  • Before

    before
  • After

    after
  • 前歯(2番)が破折したかもしれないということでご相談に来られた患者様です。これを機に悪いところは全て治したいということで全顎的な検診をご希望されました。 検査の結果、やはり2番の前歯は破折しており、カウンセリングを通じてインプラント治療をご選択されました。さらに、ブリッジによって治療されておられた場所も物が挟まるということでインプラントによる治療をご希望されました。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    咬み合わせの力から周りの歯を守る予防的インプラント

  • Before

    before
  • After

    after
  • 右下6番の歯が抜歯になり、義歯をされていましたが、突然隣の歯(右下7番)が痛くなりご来院された患者様です。義歯に関しては1年間違和感なく使い続けてこられたそうですが、実はこの痛みの犯人は、義歯によるものでした。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    カテゴリー:インプラント, 症例集

    歯周病治療の症例集

    歯周病治療による審美回復と歯の動き

  • Before

    before
  • After

    after
  • 前歯の見た目が 気になるということでご相談にお越しいただいた患者様です。見た目の悪さの原因は歯周病でした。歯面自体に汚れや着色は少なく、歯の隙間に多くの歯石が付着してます。

    →症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    カテゴリー:歯周病治療, 症例集


    三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
    診療時間
    月・火・木・金:9:30~18:45
    :9:30~13:00
    :9:30~17:00
    休診日
    日・祝
    所在地
    神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
    三信ビル3F(受付)・7F
    電話番号
    078-200-6802(むし歯ゼロに)
    ※急患・新患受け入れ可能

    ※4月から診療時間が変わります

    診療カレンダー

    三宮アップル歯科のプレミアムフライデー

    ご挨拶

    院長 和気正和からのご挨拶
    理事長 吉見哲朗からのご挨拶

    お知らせ・情報

    スタッフからのお知らせ
    【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
    神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報
    このページのトップへ

    このページのトップへ