見た目の回復・改善

HOME > 見た目の回復・改善

見た目のお悩みについて

見た目の治療とは

見た目だけでなく咬み合わせを考えた治療

歯のお悩みにおいて、痛みや腫れに等しく多いのが見た目のお悩みです。歯並びや歯の見た目は個人の印象を大きく左右し、海外では肥満と同じく自己管理の一環として評価の対象として見られることもあるそうです。 歯科医院では歯の見た目の改善に対する要望は年々増えてきています。そのため、見た目の改善を専門的に特化した歯科医師はたくさんおられます。
具体的には、審美補綴(古くなった被せ物や詰め物を白い歯でやり変える)や歯列矯正、ホワイトニングなどが挙げられます。 もちろん、悪くなってしまった状態から、審美的に回復するという希望もあれば、セラミックでも古くなったので新しくしたいという方もいらっしゃいます。
当院の見た目の治療においては、まずその機能性を保った上での審美的な改善をモットーとしています。ですから、削る必要のない天然歯を削ったり、整合性の取れない矯正治療をご希望されても、お受け出来かねることがあります。 歯は臓器です。見た目だけを考えたが故に、その歯や周りの歯の寿命を短くするような施術は、私たちは「治療」として考えていません。機能的かつ見た目に美しい、当院はそんな審美回復を目指しています。

image

補綴回復・見た目の改善に関する治療の一例

補綴(詰め物・被せ物)

image

詰め物や被せ物を歯科では「補綴」と言います。審美補綴とは古くなった詰め物や被せ物、パラジウムや過去に使用されていたアマルガムなどの銀歯などを白い天然歯に似た被せ物や詰め物に変えていく治療です。 白い詰め物中にも、全体的に金属を(ほぼ)使用していない「オールセラミック」や、歯の裏側はメタル(金属)を使うことで、強度を増す「メタルボンド」などがあります。

ホワイトニング

image

歯を白くするホワイトニングという施術です。ホワイトニングの効果は永続的なものではなく、時間の経過とともに効果は失われていくものですが、ビジネスの成功の手段や人生のワンシーンを彩る目的で使われることも多々有ります。 白い歯は対面での印象を大きく左右し、清潔感を与えてくれます。

全体治療

image

補綴治療や矯正、インプラント、ホワイトニングなど、あらゆる治療を併せて行うことで、全ての歯を理想の状態に近づける治療のことを指します。 もちろん、人によっては矯正が必要なかったりインプラントがなかったりと治療計画は変わってきますが、全ての場合において機能回復や機能向上も目的とした治療となります。

保険で見た目の治療はできるのか?

よく、前歯は保険が効かないという話を耳にしたこともあるかもしれません。実際は前歯も保険を使った治療は可能です。しかしそれはあくまで最低限の見た目と機能を回復するものです。具体的には前装冠という金属とレジンというプラスティックを素材とした歯になります。もちろんそれで気にならない方はそのままでも結構ですが、やはり見た目的にはどうしても違和感あるのと、経年劣化(年月を経るたびに悪くなってくる)の早さや二次カリエス(治療した部分のむし歯)のリスクは否めません。それらを回避するとなると、オールセラミックやメタルボンドが代替治療となるのですが、こちらは保険を使用しての治療はできません。 日本の健康保険というシステムは誰でも保険料を納めていればある一定の治療を受けられる非常に優れた治療ですが、その反面こと「審美」という側面に関しては苦手としているところでもあります。ですから、むし歯や歯周病の治療であっても、審美回復を主訴・目的とする場合は保険が効かないと考えて頂いた方が良いかもしれません。

保険診療による治療から2年経過した歯

image

レジンは材料の性質上、劣化は避けられません。また、着色もしやすく染み付いた汚れは落とすことが困難です。(写真はあくまで一例です。劣化の速度や内容は個人差があります。)

自由診療による治療から2年経過した歯

image

2年経過後のセラミックの歯です。劣化しにくく、着色も落とすことができます。(メインテナンスの状態によって経年劣化もあり得ます。状態の維持には個人差があります。)

白い歯にについて

白い歯とむし歯の関係

image

治療における白い歯とは

皆さんは、「歯の色は?」と聞かれたら何と答えますか?ほとんどの方は「白」と答えるのではないでしょうか。しかし、歯科医院で治療したら「銀色の歯になった」「白だけど他の歯とちょっと違う」など、思っていた歯と違う歯になってしまった方もおられるのではないでしょうか。そのほとんどは、材料や治療法の違いです。歯科の治療には保険診療と自由診療があり、保険診療では決まった材料から選択肢は少ないですが、自由診療では多くの選択肢から機能や見た目を考慮して選ぶことができます。その中でもセラミックという陶器のような素材の歯が皆さんが考える天然の「白い歯」の色に近いものとなります。では、その白い歯には、見た目の他にどのようなメリットがあるのでしょうか?

まずは銀歯について

もちろん銀歯を否定するわけではありません。保険の適応範囲内で治療できる銀歯は、充分な硬さを持ち、機能的に歯の役割を果たしくれる補綴物です。ただし、銀歯に関しては1928年以降、歯科金属アレルギーに関する最初の報告から様々な検証が行われてきました。国内においても以下のような研究・調査が実施されてきており(以下、参考文献※1参照)、歯科金属アレルギーは身体にとって有益にはならず、場合によっては不利益をもたらす存在として無視できないものとなってきています。実際近年では徐々に保険適応の非金属補綴物(CAD&CAM冠)の適応範囲も拡大してきていのはそういった経緯もあるのではないでしょうか。

image

※1)本研究の結果,歯科用合金に使用されているNiやPdの陽性率が高く,対応急務であることが示唆された.

※1)健常被験者の約16%に, 金属による感作と考えられるパッチテスト陽性反応がみられたことから, 歯科用金属に対する潜在的な金属アレルギー陽性者がかなりの数いることが推察された.

そのため金属アレルギーの予防をしたいのであれば、生体親和性のあるセラミックやコンポジットレジン(以下CR)といった材料が考えられます。さらにセラミックやCRの良いところは、虫歯の原因菌であるミュータンスレンサ球菌やラクトバチルス菌を定着させにくいといった虫歯の再発防止にも一役かってくれるところにあります。つまり白い歯の効果は見た目だけでなくむし歯予防にもつながるということになります。

むし歯菌と歯の関係

むし歯菌として有名な菌に「ミュータンス菌」というものがあります。この菌は、むし歯の原因菌としてよく知られていますが、ある研究(※2)の結果、むし歯になりやすい人の口の中には、ラクトバチルス菌という菌が多いということがわかりました。つまりこのラクトバチルス菌が多い口の中の歯は、常にむし歯のリスクにさらされているという状況となります。

全て天然歯の方

image

右の緑のトレーは唾液検査による結果です。白い点がないということは、菌が少ないということです。う蝕活動性が低い(むし歯になりにくい)ことがわかります。

むし歯の治療をしてこなかった方

image

右の緑のトレーに白い点がたくさんあることから、ミュータンス菌もラクトバチルス菌も多いことがわかります。つまりう蝕活動性が高い(他の歯もむし歯になりやすい)ことがわかります。

むし歯になったら治療をする方

image

虫歯があったら歯医者に行くといった一般的なケースです。緑のトレーには菌がいることを示す結果となっています。つまり、※2の文献から紐解くむし歯の再発の恐れがあるということになります。

むし歯の再発リスクを下げるには

つまり、むし歯や再発を防ぐには、この菌をコントロールする必要があるということです。セラミックの歯は特に歯垢や歯石が付きにくく歯との接着にも優れているため、虫歯予防に適しているとされています。審美的な目的以外でもメリットの多い治療ですので、ご希望の方は補綴カウンセリングを受診して下さい。

むし歯になったら治療をする方
image
銀歯を全てセラミックに変更
image

治療の内容:銀歯を除去して二次カリエスを削りセラミックによる補綴にやり変えた。
期間:約4ヶ月(通院回数10回)
費用:セラミックインレー×10歯 計450,000円+税
リスク:二次カリエスが大きい(神経まで達していた)場合には、神経をとる必要があったり、治療後に知覚過敏が生じる場合がある

結果として唾液検査の結果においても、ラクトバチルス菌の大幅な減少も確認できます。つまり、う蝕活動性が低い(むし歯になりにくい)口腔内になったと言えます。

ホワイトスポット・エナメル質形成不全の治療

ホワイトスポット・エナメル質形成不全の治療

歯に出来る白い斑点は消すことが出来る?

一見「初期虫歯」のような白い斑点が前歯にある方、「治らない」とあきらめていませんか?もちろん初期虫歯であれば、削って詰めたり再石灰化を促すことで目立たなくなることもあります。それでも治らない小さなころからずっとあるものは「エナメル質形成不全」という、歯の表面のエナメル質を正しく作れないという病気なのです。もちろん奥歯にも出来ますが、主に自分で気が付きやすいのは目立ちやすい前歯です。エナメル形成不全は決して珍しい症状ではなく、 2012 年の調査ではMIHという第一大臼歯と切歯に限局して発症する原因不明のエナメル質形成不全だけでも約11.9%の割合で罹患していることがわかりました(※1)。エナメル質形成不全であるからといって、特に身体に影響が出てくるわけでも、重篤な症状が会わられるわけではありません。

image

参考文献※1)

エナメル質形成不全による影響

エナメル質形成不全には上の2つのデメリットがあります。特に「見た目」に関しては多くの人がコンプレックスと感じ、治療を望む方も少なくありません。 中にはホワイトニングで治ると言われ、ホワイトニングをしたものの結局周りが少し白くなっただけで、全く治らなかったと相談に来られる患者様は1人や2人ではありません。エナメル質形成不全には複数のアプローチ方法があり、形状や深さによって提案は異なるものの、改善方法あるのでまずはご相談に起こし下さい。

  • 歯牙形態が悪くなる場合もあり、審美的(見た目)に気になることがある。
  • 虫歯になりやすい

エナメル質形成不全の治療法

治療法としては、対処療法で白い斑点のところを削り、コンポジットレジンという白い樹脂で埋めることで色を合わせたり、ラミネートベニアという、歯の付け爪のようなもので覆ってしまう方法が一般的です。ラミ ネートベニアは歯質をほぼ切削せす隙を治療することができます。歯 の形態や色調なども患者の満足するものが獲得できるため、歯に優しい治療といえます(※2)。部位が大きければ、大きく削り、被せ物(クラウン)によって治療することもありますが、小さなエナメル質形成不全であればコンポジットレジンにより即日、もしくは2回程度の治療で目立たなくすることも可能です。

参考文献※2)

ホワイトスポット(歯の白い斑点)を消す方法

ホワイトスポットの治療にアイコン

エナメル質形成不全の白い斑点は、石灰化が進んでいない部分が白くなったり、逆に石灰化している部分が溶けて脱灰していることが原因で起こります。 それを止める市販の口腔ケア製品として「Miペースト」という物があります。もちろん、全てのエナメル質形成不全に有効なわけではありませんが、軽度や状態によって、Miペーストだけでも白い部分を目立たなくすることがあります。禁忌として、乳製品アレルギーをお持ちの方は使用できませんが、エナメル質形成不全が気になっているのであれば、歯を削って治療する前に試してみるという手もあると思います。当院にもMiペーストを物販として扱っております。

image

Miペースト

白い斑点が、初期虫歯のホワイトスポットであってもIcon(アイコン)という薬剤を使用することで、削らずに治療することも可能です。アイコンにも適用はありますが、ホワイトスポットの治療経験の豊富な歯科医師であれば、審査・診断によってある程度治療が可能かどうかがわかります。アイコンがだめならコンポジットレジンに切り替えるなどのご相談にも対応可能です。

image

Before

image

After

image

ホワイトスポットのアイコンによる治療

治療の内容:ホワイトスポットの相談に来られた患者様。口腔内写真・レントゲン等の資料を撮影し、ホワイトスポットについて説明の上アイコンを塗布。
期間:1週間(2回)
費用:20,000円+税(自由診療)
リスク:露出した象牙質又はセメント質がある場合、痛みを生じます。アイコンでは治療できないホワイトスポットもあります。

ホワイトスポットの治療の費用

アイコン

image
  • 20,000円+税(2歯迄)
  • 治療期間…2週間
  • 治療回数…2〜3回

ダイレクトボンディング

image
  • 20,000円〜30,000円+税(1歯)
  • 治療期間…1週間
  • 治療回数…1〜2回

インターナルブリーチ

image
  • 30,000円+税(2歯迄)
  • 治療期間…2週間
  • 治療回数…2〜3回
料金表へ

見た目の治療に関するQ&A

見た目の改善治療ついてのよくある質問

image
Q.根の治療した歯が黒くなっているのを白くできますか?
A.インターナルブリーチや、クラウン、ラミネートベニアなどの方法を用いることで、歯を白くすることができます。
Q.昔かぶせてもらった歯の付け根が黒くなってきたのですが、治療可能ですか?
A.はい。可能です。歯肉が退縮してくると、古い補綴物の際が黒くなってくることがあります。ニコッと笑たっときなど、黒いのが目立ってしまうため、治療を希望される方は少なくありません。ご自身で気になるようになられたら、やりかえ時期かもしれません。
Q.自然な色の詰め物はありますか?
A.コンポジットレジンというプラスチックの材料や、セラミックを用いることで、自然な歯の色や質感に近づけることができます。セラミックの場合は、口腔内のお写真とシェードガイドという歯の見本を一緒に撮影して技工士に送ることで、写真の光量や色味に紛らわされることなく歯の色を技工士へ伝達しています。可能な限り周りの歯と同じ色を再現できるよう、尽力しています。
Q.ホワイトスポットは消せますか?
A.消す方法はいくつかあります。削って詰める方法もあれば、削らずに白い斑点のみを消す方法もあります。白い部分の大きさや濃さによって適応は変わりますが、意外にも白い部分が濃いほど綺麗に消えるとも言われています。お悩みの方はぜひご相談ください。
Q.セラミックの歯に保険は使えますか?
A.残念ながらセラミックの歯による治療において、保険はご利用頂けません。保険で出来る白い歯はCAD&CAM冠というプラスチックに近い材質のものや、前装冠という唇側のみ白いレジン(プラスチックのような材質)で白くした歯などになります。適応には条件がありますので、全ての歯において選択できるものではありません。また、審美性においてもセラミックほど天然の歯のような再現性は高くありませんので、セラミックの歯の代わりにこれらを選ばれても見た目における満足度は低い場合が多いです。
Q.歯のガタガタを被せ物で治せますか?
A.多少の叢生(歯のガタツキ)やすきっ歯などはクラウン(被せ物)やラミネートベニアを使って治療することが可能です。ただし、不正咬合や歯並びに問題がある場合は、矯正治療をお薦めしています。すべて被せ物で治療をされるというろころもありますが、当院ではお薦めしていません。中には、強引に補綴物で治療されるところもあるようですが、強引な補綴による治療は却って不正咬合が進んだり、その結果歯に抜歯になることあるなど、リスクの大会治療です。
この記事の編集・責任者は歯科医師の梅川 真由子です。
DR梅川

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top