三宮アップル歯科HOME > 医院について > 感染予防【超滅菌主義】

感染予防【超滅菌主義】

治療で使う器具は滅菌して保存しています

高圧滅菌器

治療で使う器具は高圧蒸気殺菌装置で滅菌し、血液に触れる外科器具などは減菌パックに入れ、使用直前に開封しています。感染症のB型肝炎やC型肝炎のウィルスやエイズウィルスは、141度の熱により死滅させることで感染を予防します。


全員が滅菌の知識を学んでいます。

消毒滅菌の知識 良い歯科医院かそうでないかを判断する材料の一つで「滅菌・消毒」が挙げられます。これは歯科治療云々の前に、歯科治療を行う上で患者様のその他の不利益を与えないという観点の下、当然のことでありながら出来ていないところもあるという歯科の悲しい実態であります。 また、ある種の器具や道具が揃っているからといって、安心出来るかというとそうではありません。例えば歯科医師が滅菌や消毒作業を行うのであれば問題ありませんが、実際に滅菌・消毒を行うのは歯科助手や滅菌スタッフ、衛生士であったりします。 三宮アップル歯科は法人を通じ滅菌セミナーを始めとして、毎年の院内感染セミナー、マニュアルの配布など滅菌・消毒の知識を学び、なぜ滅菌が必要で、何が消毒が必要かを理解して滅菌を行っています。 歯科医院は歯を治療する場所です。その弊害として院内感染はあってはならないことであると、スタッフ全員が認知しています。その上で三宮アップル歯科では滅菌・消毒に力を入れ、設備・機器・薬品を導入しています。

消毒滅菌のフロー 滅菌・消毒において大切なことは、前述の通りどの器具が滅菌が必要で、どの器具がどの消毒液が必要なのか、器具の使用用途や形状によって異なる事を理解しておくことです。 使用した器具はまずはしっかり分別し「洗浄・消毒」するもの、「洗浄・滅菌」するものを仕分けするところから始まります。その後予備洗浄として付着物を除去します。その後洗浄器を使用し、必要になものは消毒いたします。 この際、汚れの取れにくいもの、洗浄の困難なものは超音波洗浄器にて消毒いたします。洗浄・消毒まで終った時点で、乾燥を行い、個別に滅菌パックに包装紙、再度使用するまで開封しないよう所定の場所に保管します。 滅菌・消毒する対象物の使用用途や形状を理解していおかなければ、これらの手順も意味をなさないことがあります。ですからアップル歯科では機器毎の滅菌方法に加えて、滅菌・消毒の意味を理解したものがこの作業を行っています。 三宮アップル歯科では知識・技術・道具を揃えることで患者様により安全で感染リスクのない診療を心がけています。

対象物ごとの消毒剤の使い分け

三宮アップル歯科ではその器具などの対象物ごとに適正な消毒の方法を使い分けています。予め感染の分かっている患者様や感染の危険性が考えられる場合に関しては、ウイルスや菌などの消毒対象微物の種類によって薬液を使い分けて消毒しています。 三宮アップル歯科では下記の一覧を複数の消毒薬を使用することで、器具を消毒し器具から患者様への感染、患者様から術者への感染から防ぎます。
消毒液

感染予防をマニュアル化しています

manual 三宮アップル歯科では感染予防のための「消毒・滅菌用のマニュアル」を作成しています。このマニュアルは歯科における消毒・滅菌に関する有識者から頂いた資料を基に、実際に当法人の設備・道具を用いた講義を受け、作成しています。 さらに、年に1度以上は必ず院内感染予防の講義を実施し、全てのスタッフが消毒・滅菌に関する知識をアップルデートするようにしています。 三宮アップル歯科で消毒・滅菌を行うスタッフは、この消毒・滅菌マニュアルを使うことにより正しい消毒・滅菌を行うことを義務付けています。

タグ: , ,

三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:10:00~19:30
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スタッフからのお知らせ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消

このページのトップへ