義歯(入れ歯治療)

HOME > 義歯(入れ歯治療)

義歯・入れ歯について

義歯・入れ歯による治療

歯が抜けた後の治療法として古くからある治療法として「入れ歯」による治療があります。治療種上では「部分床義歯」や「総義歯」など、「義歯(ぎし)」と呼ばれる場合が多いですが、本来は被せ物やインプラントも含めて抜けたり欠けたりしたものを補うものの総称として「義歯」と呼ばれます。 ただ、一般的な歯科治療の現場においては、義歯=入れ歯を指すことが多く、特に有床義歯や部分義歯を「入れ歯」と呼ぶことが多くなっています。明確な決まりはありませんが、当院での分類としてはご自身で取り外しができる(可撤性義歯)ものを、入れ歯と分類して「義歯」と称しています。

ただし中には「入れ歯」と言われることにコンプレックスを感じておられる方は少なくありませんので、通常は「義歯」、わかりづらい場合など患者様に応じて「入れ歯」と呼ぶようにしています。治療の説明の際は写真付きの資料や模型などを用いますのでご安心下さい。

image

上顎義歯

image

上顎(うえあご)に装着する義歯です。

下顎義歯

image

下顎(したあご)に装着する義歯です。

部分床義歯

image

部分的に抜けてしまった歯に装着する義歯です。

全部床義歯

image

すべての歯が抜けてしまった方が装着する義歯です。

歯を失った後の治療法として大きく分けると「義歯・入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」。各々特徴やメリット・デメリットがありますが、その中で最もリーズナブル且つ短い治療期間で出来るのが義歯・入れ歯です。

中にはインプラントやブリッジが出来ないから「入れ歯」という選択肢を選ばられる方もおられますが、患者様によっては入れ歯が適している場合もあります。ご自身の健康や現在のお口の状態をしっかり把握し、ご自身にあった義歯・入れ歯の選択をして頂くことが、残りの歯にとっても毎日の生活においても重要です。

また、歯周病が進行してしまって骨が残っていない方、身体の疾患(糖尿病などで手術を伴う治療が出来ない)をお持ちの方などは、義歯による治療が適している場合もあります。まずはカウンセリングでお話を聞いてからご自身に合った治療を検討して下さい。

無歯顎(歯がない)の高齢者に対して、義歯を装着することによって,認知機能や記憶に関与する脳活動を上昇させ、機能を維持できる可能性が示唆されています(※1)。つまり、義歯をつけることによって、アルツハイマー病等を予防することができる可能性がわかったのです。

参考文献

図は義歯使用者と不使用者の生存率を比べたグラフです。義歯使用群は約8年後も8割の人が生存していましたが、義歯不使用群では生存率が5割以下でした。このことからもわかりますが、歯を失った後に義歯を使うのと使わないのでは、生存そのものにかかってくるということです。義歯が必要な方は、しっかり装着することが大切です。

image

義歯(入れ歯)の注意点

義歯・入れ歯が入った方へ

義歯(入れ歯)を初めて使用される場合、残念ながらほとんどの方が違和感を感じてしまう治療です。その為多くの方が義歯(入れ歯)を作ったにも関わらず、「必要がない」からと、自己判断で使用を中止されてしまわれます。しかし、入れ歯は天然歯の代わりに食べ物を噛み砕くだけでなく、歯ぐきの下の骨(歯槽骨)や周りの歯を衰えさせないためにも必要な人工臓器です。「違和感を感じる」「取り外しが恥ずかしい」と思われる方も、下の注意点に従って正しくご使用されるようお願いします。義歯(入れ歯)はあなたの身体の一部です。

まずは使い慣れるところから

入れ歯が気になる、滑舌がうまくいかずしゃべりづらい・・・。最初は辛いと思います。でも、まずは義歯になれるように努力しましょう。歯ぐきがただれたら、入れ歯を外して歯ぐきを休ませて下さい。

image

義歯(入れ歯)は常に清潔に

義歯(入れ歯)は菌がたくさん居るお口の中で使用しているものです。ですからこまめに洗浄し、常に入れ歯は清潔にして下さい。不潔な義歯(入れ歯)は口臭や口内のただれの原因となります。歯ブラシでしっかり洗浄しましょう。 義歯を清潔に扱わないと、むし歯や口内炎になるだけでなく、全身にも影響が波及してしまい、誤嚥性肺炎や、最悪の場合歯肉ガンをはじめとするガンにも関与してくるとも報告されています。。

参考文献※1)

image

義歯(入れ歯)の保管方法

義歯(入れ歯)は乾燥に弱いものです。乾燥してしまうと、ネジレやゆがみが起きやすくなり、あっという間にお口にあわなくなってしまうことも。外している間は、水の中にて保管するよう注意しましょう。(ふたのついたタッパ等が便利です)

image

義歯(入れ歯)の修理について

ちょっとだけ合わないからと、ご自身で調整しないで下さい。義歯(入れ歯)が合わなくなってしまいます。面倒でも歯科医院で調整するようにしましょう。入れ歯を合わすためには歯ぐきの状態に応じたプロによる調整が必要です。

image

歯を抜いた部分は6ヶ月ほど歯ぐきがやせ続けます。ですから最初は段階的な治療が必要です。また、入れ歯は、歯ぐきがやせるためガタついてきますので、半年・1年と定期的に調整が必要となります。

義歯・入れ歯のQ&A

義歯(入れ歯)ついてのよくある質問

image
Q.義歯をつけると痛いのですが、痛みをなくす方法はありますか?
A.義歯に対する対策は可能です。義歯を入れても歯茎はどうしても痩せてきてしまうので、義歯を長期的に使用するには調整が必要となります。特に最初の6ヶ月は骨や歯肉の状態が変わりやすいので痛みが出やすいと言われています。痛みの種類によって調整の方法は様々ありますので、「痛いな」と思ったらその都度ご相談下さい。
Q.義歯に交換時期などはありますか?
A.特に決まった磁気などはありません。ただし、義歯は保険制度上6ヶ月間は新たに製作ができないというルールがあります。1度作った入れ歯が合わない場合は、6ヶ月間は修理や調整での対応となります。自由診療であれば新たな義歯の製作が可能です。
Q.義歯を作るのに費用はいくらかかりますか?
A.保険診療の場合歯科診療報酬の点数が決まっているので、総入れ歯の価格は1割負担の方で約5,000円、3割負担の方で約15,000円となります。部分入れ歯の場合は、1割負担の方で約2,000円〜4,500円、3割負担の方で約5,000〜14,000円です。自由診療の場合は20万円〜40万円の義歯もあります。入れ歯には金属の金具や歯の部分、歯肉の代わりになる部分など、あらゆる部品で作られています。一人一人義歯の設計は違いますので、詳しい費用については診断後の判断となります。
Q.義歯のバネが目立って嫌です。どうにかならないですか?
A.どうしても義歯にはバネがついてしまうことが多いですが、自由診療であればバネのない義歯もあります。
Q.義歯の手入れはどうすればいいですか?
A.基本的には毎食後・就寝前に歯ブラシ等で洗浄して下さい。乾燥には弱いものですので、外している間は水の中で保管するようにして下さい。
詳しくはこちら(入れ歯の注意点)を参考にしてください。
この記事の編集・責任者は歯科医師の梅川 真由子です。
DR梅川

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top