治療の流れ

HOME > 初めての方へ > 治療の流れ

治療の流れ

ご来院されてから

【1】初めてのご来院時(受付)〜問診票の記入

初めてのご来院の場合、まずは受付にて保険証をご提示下さい。(保険証のない方、100%自由診療で治療を受けたい場合はその旨を受付にお申し付け下さい。※身分証の提示をお求めする場合があります。)2回目以降は診察券をご提示下さい。

問診表をお渡ししますので、わかる範囲は全てご記入下さい。記入時間は5〜10分程度となります。問診票にはどのような治療をご希望されるかや、ご要望や注意して欲しいこと等をお伺いする内容をご記入頂きます。
これまでの既往歴(お口のみでなく心身の状態)や服用中のお薬などもあれば必ずご記入下さい。治療や投薬の際に必要な情報となります。

三宮駅からの道順がわからない、近くまで来ているがビルや入り口が分からない場合はお電話にてお問い合わせ頂ければご案内させて頂きます。万が一ご予約の時間に間に合わない場合は、お電話にてお知らせいただけますようお願い致します。アポイントの時間をずらしたり、ご予約の時間内で可能な施術の変更を検討させて頂きます。

初診時は問診票の記入に備え、お手数ですがご予約のお時間の10分前にはお越し頂けますようお願い致します。

image

【2】初診ヒアリング

最初にご記入頂いた問診票を見ながら、どんな治療や対応を希望しているか、どんな食生活や習慣があるのかをお聞きしながら、歯が悪くなった原因や改善方法を検討する材料を集めます。もちろん、一方的に質問するだけではありませんので、予め聞いておきたいことや希望など、何でもお気軽にお話ください。

患者様からよくある質問の例

  • セラミックの被せはいくらぐらい?
  • 保険を使って治療できる?
  • 前医で抜歯と言われた歯を残す治療法はある?
  • インプラントかブリッジか悩んでいるが相談はできる?
  • 痛みが苦手、痛みを抑えるためにどんな工夫をしているの?
  • 歯科恐怖症なので慎重に治療してもうらことは可能?
  • etc・・・
image

【3】お口の 診査・診断

視診・問診・資料によるチェック

三宮駅前アップル歯科では、資料を基本とした治療を徹底しています。パノラマレントゲン(一般的なお口全体のレントゲン)をはじめとして、口腔内写真やデンタルレントゲン(歯の根や歯茎の中を確認する必要がある場合)やセファログラム(顎の骨の形や大きさ、歯の生え方などを定量的に分析するためのレントゲン写真)など、症状に応て様々な資料を撮ることで見落とす事のないように患者様の患部を診査していきます。お手数に思われるかもしれませんが、現在の機器は全てデジタル化されておられますので、それほどお時間のかかるものではありません。

それらの資料をもとにお痛みの原因や根本的な治療計画を立てていきます。実際にカウンセリングにおいてもそれらの資料を見てもらいながら説明いたしますので、ご自身の現在の状況を理解頂く上でもメリットを感じて頂けると思います。

その後、今回主訴となる患部をはじめとしたお口全体の検査、虫歯の有無や歯周病菌の検査など全般的にチェックしていきます。もちろんご要望があれば今回の主訴のみの治療も可能です。

image

【4】お痛みや腫れの緩和・主訴の治療

主訴にお痛みがある場合、第一に痛みを和らげる処置から行っていきます。痛みや腫れの元となる原因を突き止め、応急処置をしてからその治療につなげていきます。 当日進められる処置は積極的に行いますが、痛みや腫れが大きくなるような処置は控えます。もちろん前歯などの見た目に対する不良箇所も応急的な改善を図ります。 歯科における治療のほとんどは、1日で終らないことが多いため、お痛みがなくなったとしても歯科医師が治療完了をお伝えするまではご協力いただけますようお願い致します。痛みがなくなったからと治療途中のまま放置しておくと悪化したり、症状が進行する恐れが大いにあります。

三宮アップル歯科では痛みの少ない治療を心がけていますので、なるべく痛みが少ないよう治療していきますが、どうしても痛みを感じる場合は無理せず手を挙げてお知らせ下さい。

また、歯科恐怖症(歯医者が怖い・トラウマがある方)や嘔吐反射のある方はあらかじめ初診時にお申し付け下さい。その程度に沿った治療や対応を行いますので、リラックスして治療に臨んで下さい。

image

【5】歯科医師によるカウンセリング・治療計画の立案

初診の際にお伺いした内容やご要望、問診表の記入内容に基づき患者様一人ひとりに応じた治療計画を検討し、いくつかの選択肢をご提案いたします。 もちろんお話の上でご要望やご希望も考慮いたしますので、複数のプランの中から治療方法をお選び下さい。

治療計画の例

治療計画A
:主訴の治療を含み、それに伴う咬み合わせや審美不良など、すべてを改善して悪くなりにくい口腔内環境を作る治療計画
治療計画B
:主訴の治療を主として、それに伴う不良部位も可及的に改善する治療計画
治療計画C
:主訴の治療を第一とした保険の範囲内での治療
image

【6】全体治療の開始

治療計画が決まればいよいよ本格的な全体治療を行います。主訴のみの改善の場合など、ご要望がない場合は濫りに治療を長引かせることはありませんのでご安心下さい。治療期間や工程などは大体の回数がわかる「回数表」をご提示しながらご説明させて頂きます。 当院では、毎回治療の終了時に、今日はどの歯を治療したか、どんな内容の施術を施したのかなど、ご相談と説明を重ねながら治療を進めていきます。 「今日したところはいつまで続くの?」「やっぱり隣の歯も治して欲しい」など、わからないことや質問・ご要望などはその都度ご相談下さい。

image

【7】治療終了

治療途中でもおおよその治療経過はご説明させて頂きますが、治療終了時には、こちらから「治療が完了」したことをお知らせします。 歯科の治療は「詰め物が取れた」「かけた」などの軽度の治療以外は当日に終わることはありません。特にお痛みや腫れがある場合は、炎症を抑えるたたり、お口の中の環境を整える期間や技工物の仕上がる時間が必要となりますので、ご理解下さい。 詳しくは歯科医師やスタッフからご説明させて頂きます。

稀に「痛くなくなった」「歯が入ったから」と治療を中断される方もおられますが、それらはまだ治療の途中段階ですので、必ず最後まで通院いただけますようお願い致します。

アップル歯科でも最終までの期間や回数など、ある程度の目処はお知らするよう努めて参ります。

また、治療した歯を長持ちさせるためのメインテナンスの方法や、日常生活における注意点や予防法などもお話させていただきますので今後のケアの参考にして頂ければと思います。

image

【8】予防とメンテナンス

治療が終れば、次にメインテナンスのアポイントをご案内させて頂きます。 歯の治療は終わってからが大切です。治療した歯を保つためや、他の歯を守るためには少なくても年に3~4回の歯科医院でのケアやメインテナンスが有効です。 三宮駅前アップル歯科では歯の治療の前に「予防」を第一に考えた治療を行なっております。担当の歯科衛生士が患者様ごとのお口の健康をサポートさせていただきます。

せっかく治療した歯ですから、末永く大切にしたいですね。三宮駅前アップル歯科では痛みを伴う「治療」より、痛みのない「予防」で患者様お越しいただくことで、毎回笑顔でお会いできることを楽しみにしております。

image

レントゲン・CT診断装置等の撮影と放射線量

レントゲン・CT撮影について

レントゲン・CT撮影のご協力のお願い

当院では、治療を始める前にパノラマレントゲンの撮影や症状や主訴に応じてCT・デンタルレントゲン・セファログラムなどのX線を利用した投影画像を撮影をさせて頂きます。東日本大震災以降、放射線量について気にされる方も多くおられますが、身体に影響のないレベルでの撮影を行っておりますのでご了承頂けますようお願いいたします。

もちろん、必要のない症状に対してみだりにX線を照射することはございませんが、例えば口内炎であっても稀に石灰化物病変の可能性があったり、歯石取りであっても縁下(歯肉に埋まっている部分)の歯石を確認するためにレントゲン画像が必要になります。また、その他あらゆる角度から見落としがないよう、一人の歯科医師が診療中の限られた時間で判断するのではなく、後日複数の歯科医師で撮影した資料を元に症状や原因を確認し、治療法を検討するためもこれらの資料を使用しています。

やみくもに歯を削ったり見えないところにある病変を見逃すリスクと、身体に影響の少ない低被ばくのリスクを天秤にかけると、前者を優先させた方が患者様にとってもメリットが大きいと考えています。

特に初診の患者様におきましては、初診時の記録として残せるのは初診時のみとなります。あらゆる角度からの治療法の検討や、肉眼では確認できない病変・症状の診断のためにも、レントゲン撮影にご協力をお願いいたします。

パノラマレントゲン

セファログラム

デンタルレントゲン

放射線量の単位と考え方

まず、放射線について様々な単位がありますが、歯科や医科での治療・検査で使用する放射線の量にはシーベルト(Sv)・ミリシーベルト(mSv)と云う単位を用います。 放射線には、「ベクレル」「シーベルト」「グレイ」という3種類の単位があります。それぞれ用途によっによって単位が異なってきます。

ベクレル(Bq) 放射線の強さの単位です。放射性物質からどの程度放射線が出ているかを表すときに使用します。
シーベルト(Sv) 放射線による人体への影響を表す単位です。
グレイ(Gy) 物質が放射線のエネルギーを吸収した量を示す単位です。

歯科で使用するX線の場合重要なのは人体への影響となりますので、歯科用レントゲン・CT診断装置などの単位はシーベルトで表します。1シーベルトは1,000ミリシーベルト(mSv)、1ミリシーベルトは1,000マイクロシーベルト(μSv)と表されます。

日常生活の放射線

レントゲンの機種や撮影する部位にもよりますが、歯科医院で撮影するデンタルレントゲン(小さなレントゲン写真)の放射線量は1枚あたり0.01~0.02mSv、パノラマレントゲン(口全体を撮影する大きなレントゲン写真)の放射線量は1枚あたり0.02~0.03mSvです。これは自然界から1年間に受ける放射線のおよそ40~100分の一程度です。これらの数値が示すように、歯科医院で撮影するレントゲン写真の被曝量は少ないことがわかります。ですから、歯科のレントゲンによって障害が起きるのではないかと心配する必要はありません。それよりも治療のための必要な情報が得られることのメリットの方がはるかに大きいと言えます。

妊娠中のレントゲン撮影について

妊娠中のお母様は特にレントゲンには敏感になられると思います。しかし、胎児に影響を及ぼすと言われているのは年間約50mSv(シーベルト)以上と言われています。歯科のレントゲンによる被曝量を考えると歯科用CTで約500回、パノラマ撮影では1600回、デンタル撮影では5000回に相当する撮影で、ようやく影響が出るレベルです。また、胸部や腹部に直接照射するような撮影ではなく、口腔領域に限ったレントゲンですので、1度や2度程度のレントゲンは概ね問題ないと言えます。万が一、妊娠しているが妊娠が分かる前に歯科でレントゲンを撮影していても、まず胎児への影響が出る事は考えられないのでご安心下さい。それでもどうしても心配な方は、安定期を待って治療されることをおすすめしています。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西森 智です。

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00
特別期間中※ 20:30 20:30 19:00 20:30 20:30 19:00

※2020年5月11日以降、新型コロナウイルス対策として特別延長診療をおこなっております

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top