三宮アップル歯科HOME > 医院について > 三宮アップル歯科の設備紹介

三宮アップル歯科の設備紹介

歯科用CT診断装置

歯科用CT診断装置 三宮アップル歯科ではインプラント・義歯・歯の根の治療・親知らずをはじめとする抜歯などの際に、精密な診断ができるよう歯科用CT診断装置を取り入れています。使用しているCTは短時間の照射で低被爆、患者様の負担の少ない装置を導入しています。 CTを撮影することにより、顎の形状や歯の生え方、歯槽骨(歯の根の周りの骨)の厚みなど、一般的なパノラマレントゲンではわからないところまで手に取るように分かるようになります。 また、カウンセリングの際にCT画像を用いて説明することで、患者様にとっても治療の必要性やご自身の現状の把握につながります。  

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ) 歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)
主に歯の根の治療で使用するマイクロスコープです。歯の根の治療は通常、裸眼もしくは拡大鏡を用いて治療します。しかし歯の根の中は非常に狭くて複雑なため、手探りや勘を頼りにすることも少なくありません。しかしこのマイクロスコープを使うことで、細くて複雑な根の中まで目視で確認しながら治療することが可能になります。 マイクロスコープによる治療をご希望される患者様は「抜歯はしたくない」という一心で来られる患者様が多くおられます。マイクロスコープは精密な治療が可能な設備ではあるものの、何度も再治療を繰り返した歯全てに有効なものではありません。根の治療もその他の治療も、同じ精密な治療を行うのであれば早いに越したことはありません。治療の前に「抜歯にはなりたくない」という思いがあるようでしたら、スタッフもしくは歯科医師にご相談下さい。 また、マイクロスコープを使い、根幹治療のスペシャリストを招き複数の根の治療を一度に行う治療も可能です。ご要望がございましたら初診時もしくはカウンセリング時にご相談下さい。  

口腔内カメラ

口腔内カメラ 三宮アップル歯科では、全ての患者様に対し、最低でも5枚以上の口腔内写真の撮影を行い、資料として治療に役立てています。口腔内の写真は撮らない医院と撮らない医院がありますが、三宮アップル歯科はこの口腔内写真をとても重要な資料であると考えます。 その理由として、第一に一度治療を始めると二度と初診時の状態は確認出来ないということ。これは歯科医師にとっても患者様にとってもデメリットこそあれメリットはありません。写真は審査診断並びに記録としても大切な資料となります。 第二に複数の歯科医師で治療計画を検討出来ること。三宮アップル歯科では医療法人社団アップル歯科クリニックの複数の歯科医師を交えて、毎週症例検討を行っています。全ての患者様の初診時の資料を複数の歯科医師で確認することにより、見落としや誤診、治療計画に間違いのないよう確認することができます。 患者様の治療方針を一人で決めるのではなく、複数の歯科医師による最善な治療計画をお作りします。

タグ: , ,

三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:10:00~19:30
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スタッフからのお知らせ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消

このページのトップへ