痛みを抑えた治療に関するQ&A

HOME > 痛みを抑える工夫 > 痛みを抑えた治療に関するQ&A

痛みについてのよくある質問

image
Q.全く痛みはないですか?
A.医学的に、全く痛みがない治療は全身麻酔でしか不可能とされています。また、いかに全身麻酔であっても、麻酔から覚醒後の痛みは抑えることは出来ません。三宮アップル歯科の痛みを抑えた治療では、多くの「痛みが苦手」な患者様が無理なく受診され、治療を完了することが出来ています。多少の痛みを感じることはあるかもしれませんが、「痛みが苦手」な方が耐えられる程度の痛みであると思います。
Q.どうやって痛みをなくすのですが?
A.様々な工夫はしていますが、最も効果的なのはやはり局所麻酔をしっかり効かせることです。麻酔をしても痛いと感じる方の多くは、麻酔がしっかり効いていない場合がほとんどです。適正な部位に適正な量と適正な打ち方で行えば、麻酔で治療のほとんどの痛みは緩和することが可能であると考えます。また、その麻酔をする瞬間が痛いと感じる方もおられるので、それを表面麻酔や注入スピード、麻酔の温度で緩和するよう心がけています。アップル歯科の歯科医師は、この麻酔の打ち方や効かせ方を最初に訓練し、「痛くなかった」という判定が出るまで患者様に麻酔を打たせません。
Q.麻酔には種類はありますか?
A.表面麻酔と局所麻酔薬があります。最初のチクっとする痛みを表面麻酔で押さえた上で、局所麻酔薬でしっかりと痛みを抑えていきます。
Q.子供にも麻酔をして大丈夫ですか?
A.基本的には大丈夫です。ただ、2017年に2歳子供に対して麻酔をして2日後に死亡するという痛ましい事例もあったように注意が必要です。この事件でも局所麻酔薬中毒が原因といわれているように中毒には細心の注意をはらっております。当院(一般の歯科医院も同様だと思います)では、小児の患者に対してはタンパク結合率の観点や防腐剤を含まないこと、短時間作用のため処置後の誤咬傷を防ぐ目的からもメピバカイン塩酸塩を用いることが多いです(※1)。

※1)侵襲的治療法と30分以上続く歯科治療法を除いて、ScandonestⓇ(メピバカイン)は小児歯科に役立ちます。

Q.局所麻酔は全身の病気があっても大丈夫ですか?
A.歯科で使用する麻酔薬には、「アドレナリン」という血圧や血糖値を上昇させる成分が含まれています。そのため、高血圧や虚血性心疾患、糖尿病を合併している患者様には注意をして使用しております。必要に応じて血圧や心電図をモニタリングしながら治療を行うことで全身疾患をお持ちの患者様の安全を確保しています。

※2)歯科治療の際に有用なモニターは 「血圧測定」「心電 図モニター」「パルスオキシメータ」である

Q.局所麻酔した後はご飯を食べてもいいですか?してはいけないことはありますか?
A.局所麻酔をした後は麻酔が切れるまで食事はできるだけしないようにしましょう。唇を噛んでしまったり、熱い食べ物に気付かずヤケドしてしまったりする可能性があります。
Q.局所麻酔はどれくらいで切れますか?
A.場合にもよりますが、通常の虫歯治療であれば、3時間程度で効果は切れてきます。抜歯など外科的な治療であれば、4〜5時間効いていることもあります。
Q.保険診療と自由診療によって痛みは違いますか?
A.基本的に麻酔の打ち方は変わりません。保険診療も自由診療も同じと思って頂いて結構です。ただし、自由診療の場合静脈鎮静法や歯を削らない方法など、麻酔以外にも痛みを抑える治療もあります。
Q.保険診療と自由診療によって痛みは違いますか?
A.基本的に麻酔の打ち方は変わりません。保険診療も自由診療も同じと思って頂いて結構です。ただし、自由診療の場合静脈鎮静法や歯を削らない方法など、麻酔以外にも痛みを抑える治療もあります。
Q.痛いと感じたらどうすればいいですか?
A.遠慮なく手を上げてお伝え下さい。一時施術をとめて対応方法を検討致します。もちろん、痛くなくても怖くなったり、くしゃみが出そうになったり、一旦手技を止めてほしいと思ったらお気軽にお知らせ下さい。三宮アップル歯科は強引に治療を進めることは行いません。
Q.他の歯科医院で無理だったけど、アップル歯科で治療ができますか?
A.もともと歯医者が怖い方が意を決して治療に行っても、そこで痛い目に合えば「他の病院でも痛いのでは?」と疑心暗鬼になることはよくあることです。しかし、むし歯や歯周病などの歯の疾患は進行する病気です。放っておけば痛みや腫れは増し、最終的には歯を失ったりむし歯や歯周病の菌が身体に回ることも考えられます。まずはお試しや相談のみのつもりでお越しください。少しずつ、治療が出来るか確認しながら進めていきましょう。
Q.全身麻酔による治療は可能ですか?
A.全身麻酔による治療は行っておりません。全身麻酔による治療は入院が必要な場合があったり、呼吸や全身を管理する必要があるため、当院では取り扱っていません。一部開業医でも行われているところもありますが、当院にて全身麻酔による治療が必要と判断した場合は、安全性を考慮し、他科の医師がいる大学病院等の機関病院をご紹介させて頂いています。
Q.静脈鎮静による保険治療は可能ですか?
A.静脈鎮静による保険治療は、開業医でも条件が整えば可能ですが、三宮アップル歯科では行っておりません。自由診療のみ受け付けております。
Q.保険診療と自由診療によって痛みは違いますか?
A.静脈鎮静による保険治療は、開業医でも条件が整えば可能ですが、三宮アップル歯科では行っておりません。自由診療のみ受け付けております。
Q.抜歯は痛いですか?
A.多くの方が、痛くなかったとおっしゃられます。中には少し痛みがあった方もおられます。ただし抜歯後、麻酔が切れてからは痛みを感じることは少なくありません。抜歯後は抜歯後の説明をよく聞いて頂き、痛みに対しては処方された痛み止めをご使用下さい。痛みは通常1週間から10日ほど続きます。
この記事の編集・責任者は歯科医師の梅川 真由子です。
DR梅川

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top