三宮アップル歯科HOME > 自由診療 > インプラント > インプラント治療のリスク

インプラント治療のリスク

注.神経損傷
→インプラント埋入出手術後すぐ、唇・舌・頬・歯肉・歯牙などに一時的な感覚の麻痺を感じる場合があります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
注.術中の骨造成術の追加
→朗らかに骨造成が必要な場合は術前にお伝えしますが、埋入手術中に、予定していた骨の量が足りない場合には、追加の骨盛りが必要になることがあります。
注.喫煙による影響
→喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。原則禁煙ですが、それが無理でも最低でも術後1週間は控えてください。
注.処方薬の副作
→処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
注.インプラントの脱離の可能性
→当院にて埋入したインプラントが骨結合せずに脱落した場合、再治療を行います。ただし原因が朗らかな清掃不良や喫煙、骨の不良な難ケースの場合におきましては、再治療費をご請求する場合があります。(治療費の50%)その際は当初説明した期間よりも治療期間が延びます。
注.インプラントの対応年数
インプラント手術は、インプラントを埋め込む骨の状況等など個人差があり、一概に対応年数を論ずる事ができません。掲示・説明する際に提示する数値は論文や当院での実績からの平均的な数値です。
注.インプラントの耐久性
→インプラントの耐久性は、喫煙の有無、喫煙者の協力度(禁煙)・咬合力・咬み合わせ・骨量・歯肉量・口腔内の清掃状態(歯磨き)・メンテナンス口腔衛生状態等により変化します。これらの条件は天然歯を健康に保つ方法とほぼ同じです。
注.術中の事故
→治療中に大きくお口を動かされますと舌や頬粘膜などを切ったり、治療が困難となり手術に影響を及ぼすことがあります。
注.感染
→局所感染のみなのか、重篤な蜂窩織炎等への移行の危険性もあります。投薬は歯科医師の指示に従い摂取し、口腔内の清潔維持に努める必要があります。
注.メインテナンス移行後のリスク
→補綴物(歯冠部)の破損、スクリューの緩みや破損、インプラント体の破折、インプラント周囲炎などさまざまな問題が生じることがあります。術後は定期検診によるリスク回避と、万が一リトラブルが発生した場合は即座に歯科医師にご相談下さい

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約

三宮アップル歯科HOMEへ

診療情報

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー


このページのトップへ