コンポジットレジンはむし歯になりやすい?

HOME > 三宮wiki歯ディア > コンポジットレジンはむし歯になりやすい?

小さなむし歯治療に使用するコンポジットレジン

コンポジットレジンとは

近年、歯科ではMI(ミニマルインターベーション)とう概念が主流となり、「最小限の侵襲」を目指した治療がスタンダードとなっています。この最小限の侵襲とは、簡単にいうと「出来る限り削らない」という意味合いがあります。他にも「抜かない」「神経を守る」という意味合いもありますが、最も顕著にわかるのが「削らない」という治療になるかと考えます。

このMIの考え方を取り入れた治療の一つがコンポジットレジンによる治療です。コンポジットレジンとは、小さなむし歯や前歯の治療時に用いる樹脂製の素材で、金属やセラミックの詰め物(インレー)に比べ歯の切削量が少ないことから、低侵襲の治療法として重宝されています。コンポジットレジンはその頭文字をとって「CR充填」と呼ばれれることもあります(文中以下CR充填)。コンポジットレジンを使った治療には保険診療の適応範囲内の治療と、自由診療で行うエステティック(ダイレクト)ボンディングがあります。

写真の例
治療内容 初期のむし歯治療に対するレジン充填
回数・期間 1回(1日)
リスク・副作用
  • 食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
  • 補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。
  • 経年の劣化により着色や脱離をすることがあります。
費用 保険点数(158+29+128)×2=630点(3割負担の方で1,890円)※別途初診料or再診料

コンポジットレジンのメリット・デメリット

コンポジットレジンのメリット

  • 見た目が悪くない(白い詰め物)
  • 場合によっては麻酔もいらない
  • 型取りを必要としない(嘔吐反射対策)
  • 歯の切削量が少ない(天然歯を多く残せる)

などがあげられます。

コンポジットレジンのデメリット

  • 着色しやすい素材である
  • 相対的に見ると他の補綴物に比べに長持ちしない
  • 咬み合わせによる耐久性が弱い
  • 破損・脱離することがある
  • 二次カリエスのリスクが高い

歯を削る量が少なく、痛みも少ない、まさに良いことづくめの治療のようですが、もちろんこのようにデメリットやリスクもあります。

コンポジットレジンは二次カリエスのリスクが高い?

1995年に行われた「歯科修復物の使用年数に関する疫学調査」という論文によると、再治療が必要とされた歯科修復物について、その原因とそれまでの歯科修復物の耐用年数を調べる調査において、レジンによる修復はなんと46.7%が2次カリエス(再発むし歯)が原因だったそうです。これを上回ったのはアマルガムという過去歯科治療でよく使用された水銀で作られた詰め物で、こちらは59.1%もあったそうです。

つまり、コンポジットレジンによる修復後、むし歯が再発するリスクは非常に高いということは言えると思います。

もちろん、これらは20年以上前の調査ですので、材料の改善が進んだ現在では、多少異なる結果がでるかもしれません。それでも「レジン」という樹脂の特徴は大きく変わるものではありませんので、多少は改善されたものの、二次カリエスのリスクは高いと考えておく必要があると思います。

修復物 再治療の原因(%)
N 2次う蝕 隣接面う蝕 脱落 感染根管 歯髄炎 破折 その他
レジン 433 46.7 13.4 7.9 8.5 8.3 3.9 11.3
アマルガム 741 59.1 14.2 2.7 2.6 14.4 1.1 10.0
インレー 731 33.8 8.3 28.6 5.6 14.6 1.0 8.1
アンレー 47 21.3 4.3 12.8 42.6 2.1 17.0
鋳造冠 562 14.8 0.3 17.4 27.6 3.7 7.3 28.8
バンド冠 187 8.6 10.7 44.3 5.9 8.0 22.5
セラミッ ク冠 59 13.6 40.7 11.9 16.9 16.9
ジャケット冠 141 7.1 39.7 9.7 1.4 25.5 17
継続歯 46 15.2 50.0 23.9 4.3 6.5
ブリッジ 173 21.4 24.2 16.2 6.4 13.3 18.5
統計 3,120 33.1 7.1 17.0 13.4 8.5 5.5 15.4

※歯科修復物の使用年数に関する疫学調査より(※1)

※1)歯科修復物の使用年数に関する疫学調査

コンポジットレジンはやめた方が良い?

「二次カリエスのリスクが高い」のであれば、コンポジットレジンではなくゴールドやセラミックのように二次カリエスのリスクが低いインレーの方が良いのではないかと思われる方もおられるかもしれません。しかし、実際レジン充填とインレーでは歯の切削量が全く異なります。歯質というのは一度削ってしまえば二度と戻りません。ですから、貴重な歯質を残せるのであれば、コンポジットレジンはやはり小さなむし歯に対する第一選択肢になると思います。

その上で、二次カリエスにならないように、しっかりとしたセルフメインテナンスと定期的な歯科検診・メインテナンスが重要となります。金属の修復物の下にできる二次カリエスはレントゲンにも写りづらく、見つけにくいものですが、レジンの下の二次カリエスは透過性もあり、レントゲンにも写りやすいため比較的みつけやすいといえます。しっかり検診を行っていれば二次カリエスが再発しても、早い段階の治療を行うことで歯の神経を守ることが出来る可能性は高くなります。

二次カリエスにならないために

歯科先進国、スウェーデン・イエテボリ大学のアクセルソン博士が行った研究によると、人が30年の間にかかるむし歯のうち、80%は二次カリエス(再発むし歯)だそうです。しかし、この博士の歯科診療所にメインテナンスに通った患者の6年間の平均う蝕発生歯面数は、わずか0.2本だったそうです。30年で計算すると、5倍しても1本です。つまり、しっかりメインテナンスを行っていれば、30年間1本のむし歯に抑えることも可能ということです。

もちろん、予防歯科の質や患者様自身のデンタルIQ・コンプライアンスにもよりますが、予防歯科が二次カリエスに有効であることは確かです。「コンポジットレジンだから」「インレーだから」と、歯科修復物を気にするより、むし歯・歯周病にならないための予防歯科に通うことが、お口の健康にとって大切であると考えます。二次カリエスやむし歯、歯周病を防ぐためにも年3〜4回の予防歯科の習慣を見に付けましょう。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西端大祐です。

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top