三宮アップル歯科HOME > 症例 > 矯正による受け口の改善と補綴による歯の形の改善

矯正による受け口の改善と補綴による歯の形の改善

40代 女性

受け口を治したいというご要望で来院された患者様です。受け口の矯正は程度にもよりますが、外科矯正が必要となることがあります。審査診断の結果、やはり外科矯正の適用症例で合ったため、手術を含む治療となりました。

Before




外科矯正の流れは、術前矯正→外科手術→術後矯正となります。1年間の術前矯正となります。手術は中央市民病院で行いました。

Process




上の写真が術後矯正が終了した状態です。術前矯正と顎の手術により受け口は治り、術後矯正で歯は並んでいます。矯正治療では、骨格や歯の位置は治せます。しかし、残念ながら歯の形や色、さらにこれまでの不正咬合が原因となった不良補綴までは直すことはできません。

After




最終的には、補綴により審美的な治療を施し、きれいな口腔内になりました。

before

after

before
after

三宮アップル歯科は、矯正歯科という冠をつけていません。しかし、矯正担当の認定医がしっかり診断して治療を行っている矯正の得意な一般歯科です。私たちは矯正治療をお口の健康づくりの一つの手段と考えています。矯正で歯を並べるだけでなく、見た目のコンプレックスを取り除くことで、心身の健康にお手伝いすることが私たちの仕事だと考えています。歯並びを綺麗にする、噛み合わせを整えるだけでなく、「キレイで健康的なお口」をご希望でしたら、お気軽にご相談にお越しください。

行った治療の内容:ブラケット矯正・外科矯正・補綴治療

矯正治療には以下のようなリスクを伴う可能性があります
清掃性の悪化によるむし歯や歯周病の進行、装置装着時の痛みや違和感・口内炎、治療期間の前後、成長発育によるオトガイの突出、顎関節の異常、抜歯(便宜抜歯・智歯抜歯)、歯根吸収・歯肉退縮、歯と骨の癒着、矯正治療後の後戻り、歯の神経の失活、金属アレルギー反応、その他個別のリスクや偶発症
※歯の動き方やリスクには個人差があります。

審美補綴治療には以下のようなリスクを伴う可能性があります
食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。

成人矯正の症例集に戻る

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
矯正による受け口の改善と補綴による歯の形の改善

矯正による受け口の改善と補綴による歯の形の改善 | 更新日: 2018年7月19日 | by 三宮アップル歯科


神戸市中央区の歯医者 三宮アップル歯科TOPへ

神戸の歯医者 三宮アップル歯科

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~18:45
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

JR神戸線 三ノ宮駅前MAP

JR神戸線 三ノ宮駅東口徒歩1分
各線三宮駅から徒歩5分

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー

ご挨拶

院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶

お知らせ・情報

スタッフからのお知らせ
【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ