歯周病治療のQ&A

HOME > 歯周病治療 > 歯周病治療のQ&A

歯周病治療ついてのよくある質問

image
Q.歯周病ってよく聞くけど、一体どういう病気?
A.口の中にある磨き残しがプラークと呼ばれる細菌の塊隣、その細菌が歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支えている骨まで溶かしてしまう病気です。その状態が続くと最終的に歯がグラグラ揺れていき、抜けてしまいます。
Q.歯周病を治療すると口臭は治りますか?
A.歯周病治療によって口臭が改善する可能性は高いです。歯周病に罹患すると歯周ポケットを大量の細菌が住処とします。その中の嫌気性菌という細菌は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンという悪臭を伴う物質を作り出し口臭の原因となります。歯周病治療はこの刺繍ポケットに溜まった細菌の数を減らす治療を行いますので、歯周病由来の口臭を改善します。
Q.歯茎から血が出るのですが、歯周病でしょうか?
A.歯周病である可能性は高いと思います。歯肉からの出血は歯周病のサインの一つです。ただし、ブラッシングや食物などにより歯茎を傷つけてしまった場合でも出血の可能性はありますので、まずは検査を行いましょう。
Q.歯周病で歯がグラグラなのですが、抜歯せずに治療は可能でしょうか?
A.抜歯の可能性は否めません。しかしそのまま放置してしまうと、まだ残存可能な歯も進行が進んで抜歯となってしまいます。少しでも多くの歯を残すために、出来るだけ早く治療を始めましょう。
Q.歯周病と歯槽膿漏は違う病気なのでしょうか?
A.同じ病気だと思って頂いて結構です。歯槽膿漏は次の通り歯茎から膿が漏れる病気です。つまり重度の歯周炎の状態のことです。昔は歯周病を症状から歯槽膿漏とよんでいる時期があったということです。現在では主に歯周病(歯周炎)と呼ぶことが多いです。
Q.歯茎がぶよぶよなのですが、元に戻りますか?
A.完全に戻ることは出来なくても治療により改善、引き締めることは可能です。
Q.歯周病で歯が長くなってしまったのですが、治療することは可能ですか?
A.基本的に歯茎が下がり、歯が伸びた状態から戻すことは困難です。ただし、外科処置であれば可能な場合があります。どちらにしてもまずは進行している歯周病を止めることが大切です。
Q.歯周病でが原因で糖尿病なるって本当ですか?
A.歯周病が重症化すると血糖のコントロールが悪くなることがわかっています。また、その逆に糖尿病になると歯周病になりやすいこともわかっています。歯周病と糖尿病は合併症と言われるほど関連不快病気です。糖尿が気になるのであれば歯周病の治療は平行してすることをお勧めします。
Q.歯周病の治療は痛いですか?
A.軽度の歯周炎で縁上スケーリングだけの治療の場合、痛みを感じることはほとんどありません。ただし歯周病が進行している場合は縁下(歯茎に埋まっている部分)の歯石や歯垢の除去が必要なため、スケーラーという刃物を歯茎の中に入れて歯石を掻き出す必要があります。もちろん痛みを伴う処置となりますので局所麻酔を行った上で治療を行います。ですから基本的には激しい痛みを伴うような治療はありません。
Q.歯周病の予防にはどれぐらいの頻度での通院が必要ですか?
A.通常年に3〜4回程度、3〜4ヶ月に1度程度です。ただし、歯周病の治療後に経過を診る必要がある場合はSPTⅡという保険治療の対象となりますので、1ヶ月に1回程度お越しいただくこともあります。
Q.歯周病にならないための生活習慣で気をつけることはありますか?
A.とにかく日頃からきちんと歯を磨くことが重要です。1965年Dr.Loeという教授が、歯磨きと歯肉炎の関連性を調べるために12名の歯学部学生を集め歯磨きをせずに生活をさせるという実験を行いました。その結果、ブラッシングを怠ると細菌が増え歯肉が炎症を起こし、ブラッシングを再開すると細菌が減り炎症が改善されたという報告をまとめています。単純なようですが毎日きちんと歯を磨くことが一番の予防になります。
ただし、他にも歯周病になりやすくしたり、歯周病を悪化させる原因として □ 歯ぎしり
□ 喫煙
□ 不適合な被せ物
□ 肥満
□ ストレス
などが挙げられますので、上記にも注意することが歯周病にならないための手段と言えます。
Q.市販の歯周病用デンタルグッズで歯周病は改善しますか?
A.ご使用頂くことは良いとは思いますが、改善に関しては期待されないほうが良いかと思います。歯周病の治療はプラークのコントロールが重要です。しかし、セルフケアではいくら頑張っても磨けるのは6割程度と言われています。ですから歯科医院でのプロによるケアが必要です。デンタルグッズは歯周病の症状に対する予防的な意味合いでご使用いただく方が良いかと思います。
Q.歯周病によく効く薬はありますか?
A.歯周病に有効な薬はあります。しかし、日本歯周病学会によると歯周病に関わっている細菌は複数存在しており、その各々にだけ有効な薬が存在します。ですので、どの細菌が多く存在しているかを検査しなければ有効でない上に、それらの抗菌薬は長く細菌を除去し続けることは出来ないので、歯石取りやプラークを除去することが必須になってきます。
Q.若くても歯周病になりますか?
A.なります。きちんと歯を磨かなかったり喫煙や飲酒の習慣があると20代の方でも歯周病になります。
また上記にあてはまらない方でも、侵襲性歯周病と言い、遺伝的な問題で若いうちに急速に歯周病が進んでしまう場合もあります。
ご家族の方でそのような傾向の方がいらっしゃれば一度検診にいらしてください。
この記事の編集・責任者は歯科医師の梅川 真由子です。
DR梅川

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top