三宮アップル歯科HOME > 一般診療 > 歯科口腔外科
歯科口腔外科

歯科口腔外科について

歯科口腔外科での経験を活かして

プラーク

歯科口腔外科とは、簡単にいうと「食物を噛む」「飲み込む」「言葉を発する」などのお口の機能を、維持または回復するための分野です。よく「切ったり、貼ったり」がメインだと思われることもありますが、少なくはありませんがそれだけではありません。 疾患でいうと、舌ガンの診断や検査(治療は専門病院になります)、のう胞、外傷、外科矯正から埋伏親知らず抜歯まで、むし歯や歯周病以外も様々な疾病に携わる分野です。 三宮アップル歯科の院長 和気は滋賀成人病センターとうい大型中核病院の歯科口腔外科での勤務経験のある歯科医師です。ですから、歯科口腔外科の分野は三宮アップル歯科の得意な分野とも言えます。専門病院に行くには紹介が必要ですが、それらの診断をしっかり出来るのが三宮アップル歯科の強みの一つです。 口腔外科での治療が必要かな?と思ったら、まず三宮アップル歯科にご相談下さい。


歯科口腔外科の診察内容

プラーク
  • ① 智歯(親知らず)の抜歯
    通常の親知らずはもちろん、骨の中に埋もれている親知らず(埋伏抜歯)
  • ② 腫瘍(口の中のできもの)
    口の中にできるできものの治療や検査。 舌、歯ぐき、頬、唇、あご、唾液腺などが歯科領域(歯科口腔外科)の診察範囲です。
  • ③ 全身管理
    身体の病気も併発している患者様の治療・口腔管理。医科歯科連携や、大学病院等へのご紹介も可能です。
  • ④ 顎関節症
    顎を動かした時に異音や違和感がする、口が開きにくい、あごが痛いなどの「顎」に関するお悩み。
  • ⑤ インプラント
    歯が抜けた後の治療法の一つで、顎に歯の代わりにチタンを埋入する方法です。インプラントの知識と歯科口腔外科の知識を併せて治療に当たります。
  • ⑥ 骨折などの外傷

病理診断(組織生検)

組織生検 組織生検とは、出来物や腫瘍の一部を切り取り、顕微鏡などで検査します。歯科領域では時折口腔ガンという悪性腫瘍が見つかることももありますので、腫瘍のようなものを見つけた場合、まず画像検査や視診や触診を行い、悪性の腫瘍の疑いがあればその場所や状態を推定し、然るべき医療機関へ検査を依頼します。 検査の結果、悪性の腫瘍とわかった場合は患者様のお住まいや現状に適した病院等と連携を取り、対処法を考えていきます。

舌痛症

舌痛症

舌痛症(ぜっつうしょう)とは見た目に分からない舌の慢性的な痛みやしびれを感じる病気です。どちらかと言えば女性が発症する割合が多く、特に舌の先端や縁の部分に痛みを感じたり、歯科治療後に痛みを訴えることが多いとわれています。

見た目にはわからない(目に見える変化がない)上に、痛みを感じる場所が移動したり、時々痛みが引くこともあるため、「気のせい」と言われることも多い病気ですが、適切な診断と治療を行えば、痛みが緩和することも有りますので、まずはご相談にお越しください。


タグ: , ,



三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:10:00~19:30
:9:30~17:00(2016年10月迄)
2017年11月1日より時間変更
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スペシャルコンテンツ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
スペシャルコンテンツ 神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ