歯の神経を守るための治療「MTAセメント」

HOME > 精密根管治療(自由診療の根の治療) > 歯の神経を守るための治療「MTAセメント」

歯の根を守る最後の砦

むし歯が進んでしまったら・・・

歯の神経にむし歯が達すると痛みを伴うことはもちろんですが、歯の根が炎症を起こしたり、膿がたまることで生活に支障を来たすこともあり得ます。そのため、むし歯が歯質を突き抜け神経に届いてしまうと、通常の歯科治療では「抜髄」という歯の神経を抜く処置を行わなければなりませんでした。 そして、神経を抜いた歯は失活歯と言われ、生活歯(神経のある健康な歯)と比べて歯が脆くなり、歯の寿命が短くなってしまいます。 ですから、むし歯治療においては神経を取る前に治療を行うことが重要となって来ます。

歯の神経を守るための治療法

近年、MTAセメントというむし歯が歯髄に達しても歯の神経が生きていれば、神経を残したまま治療できる治療法が確立されつつあります。 MTAセメントとは、封鎖性と殺菌性に優れた歯の治療剤で、むし歯の感染部分を除去し、MTAセメントおいた上から補綴治療を行うことで、神経を残したまま治療することが可能な治療法です。 MTAセメントは人体への親和性も高く、身体にも優しい素材です。残念ながら保険診療では認められていませんので、自由診療となりますが、神経を抜いた後の治療の費用や歯1本の価値を考えれば効果の高い治療であるため、この治療が適用可能である場合はカウンセリングにてご提案することがあります。その際は一度ご検討下さい。

日本再生歯科医学会誌に掲載された論文(※1)では、MTAセメントは歯髄再生の足場としての能力は 高いと考えられると結論づけています。

image

参考文献※1)

MTAセメントの治療工程

① ラバーダムをし、むし歯の感染部位をキレイに除去します。
image
② 歯の生活反応を確認し、露髄した部分にMTAセメントを埋めます。
image
③ MTAセメントの上から補綴治療を行い治療完了となります。
image

MTAセメントのメリット

  • 歯の根の治療に比べて治療回数が短くなります。(歯の根の治療の場合、1〜3ヶ月程度かかることもあります)
  • 歯の神経を残すため、歯の神経を取った場合に比べて歯の寿命が長くなります。
  • 自由診療であるため補綴物も二次カリエスの可能性が低いものを選択できます。

MTAセメントのデメリット

  • 全ての症状において使用できるわけではない。
  • 歯の生活反応がない場合は抜髄(歯の神経を取る)する必要がある。
  • 自由診療で高価な材料であるためコストがかかる。
MTAセメントで咬み合わせの崩壊ルートを阻止しよう

実は歯の咬み合わせの崩壊は、たったひとつの小さな虫歯からはじまることがあります。小さな虫歯になると、歯科治療ではそのむし歯よりも大きく削り撮らなければなりません。そして削った部分に付けた詰め物が例えば銀歯であれば、経年と共に劣化し、二次カリエスとなる可能性は低くありません。そしてその二次カリエスをさらに大きく削りどんどん自分の歯質はなくなってしまいます。削っているのは歯科医ですが、これを削らずに治療することも出来ないのです。この咬み合せの悪循環とも言える崩壊ルートを止めるのにも、MTAセメントは有効であると考えています。これまでは最初の小さいむし歯の際に、自由診療を選択し、二次カリエスを予防する他この咬み合せの崩壊ルートを阻止できる可能性は低いものでした。しかしたとえば二次カリエスを大きく削って露髄したとしても、このMTAセメントで断髄治療することで、C2以上になったむし歯も神経を残したまま治療出来る可能性が高くなったということです。つまり、治療を選択できるタイミングが1回増えたということ。歯科で治療するほとんどのむし歯が二次カリエスであるように、むし歯の連鎖は珍しいものではありません。むし歯を治療し、そこで咬み合せの崩壊を止めるには、やはり精度の高いセラミックやゴールドなどによる自由診療を選択する方が可能性としては高くなります。1度銀歯で治療してむし歯が再発したのであれば、二度目は自由診療を選択肢に含んでみてはいかがでしょうか。削って詰めての繰り返しに歯止めをかけるには、まずは歯科医のカウンセリングを受けて治療を選択しましょう。

image
MTAセメントのリスク
  • MTAセメントによる歯髄保護・断髄にはリスクを伴います。残念なことに、MTAの適応は、肉眼でむし歯の進行を確認するまで判断が出来かねます。万が一むし歯を削った上で「MTA」が出来ないと判断した場合、抜髄の処置が必要となります。
  • MTAセメントの治療精度は100%ではありません。施術が完了した後でも、生活反応をしなければ抜髄をする必要があります。
image
MTAセメントの費用
種類 説明 料金
MTAセメント
MTAセメント
露髄部への覆髄や治療、歯髄保護として主に使用する歯科用セメントを利用して、抜髄せずに神経を残す方法
治療期間…1日、治療回数…1回
※別途補綴の治療機関等がかかります。
30,000+税
※別途補綴の費用がかかります
詰め物30,000円〜45,000円+税
被せ物70,000円〜130,000円+税
タグ: , ,

歯の神経を守るための治療「MTAセメント」 | 公開日: 2017/03/14 | 更新日: 2019/04/18 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top