あなたの歯の神経、残せる?残せない?

HOME > 三宮wiki歯ディア > あなたの歯の神経、残せる?残せない?

あなたの神経残せる?残せない?

もし歯医者で「神経を取る」と言われたら?

歯科医院で働いていると、むし歯が進行した患者様より「神経を残して欲しい」「神経をとりたくない」というお声をよく耳にします。

むし歯が大きくなると、歯の内側にある神経にむし歯菌が到達してしまいます。そうなってしまった場合、「抜髄」という神経をとる治療が必要になります。

むし歯が比較的小さければ当然削るのは歯質だけですが、むし歯が大きくなってしまっている場合は眠れないほど激しい痛みを伴ったり、死んだ神経を放っておくと「内部吸収」という、歯が内側から溶け始める症状が現れることもあるため、神経を取らざるを得ません。

神経を残すという選択肢

歯医者としても、その後の歯の寿命のことを考えると、「神経はなるべく残したい」というのが本音です。神経を取ることで痛みを止めることができますが、同時にその歯は栄養を供給することが出来なくなるため、強度を徐々に失い、枯れ木のようにある日ポキっと折れてしまうというリスクを背負うことになるためです。また、神経を失った歯は、冷たい・暖かい刺激や痛みを感じなくなるため、むし歯が再発してしても自覚症状がなく、知らぬ間に進行してしまうというリスクもあります。

一昔前までは、少しでも神経にむし歯菌が入ったと考えられただけで、抜髄が必要という診断になることもありました。

しかし近年では、「MTAセメント」という材料を使うことで、これまでなら神経を取らざるを得なかったむし歯でも、神経を残すことが出来る様になりました。

従来の治療

神経をすべて取る処置を行い、被せ物をする。

MTAによる断髄

感染部のみ取り除き、MTAセメントで蓋をする。

MTAセメントとは

歯の構造は、表面から、エナメル質、象牙質、歯髄(歯の神経)となっています。

歯髄はいわば水道管です。空洞になっており、その空間の中に神経や血管が入っています。エナメル質、象牙質のむし歯であれば、むし歯になった部分のみを削ることで治療することができますが、歯髄までむし歯が到達してしまうと、空洞の中にむし歯菌がふわ〜っと広がってしまいます。そのため神経を全部取らなければいけなくなってしまうのです。

そこで神経を守ることが出来るのがMTAセメントです。MTAセメントはとても体に優しい薬剤ですから、使うことによるリスクは低い材料です。ただし、このMTAセメントが浸かるのは、神経にほんの少しだけむし歯菌が入ってしまった場合に限られます。

具体的には、傷んでしまった部分の神経のみを除去し、露出した元気な神経の部分にMTAセメントで蓋をしていき(断髄)ほとんどの神経を残したまま保存をしていく方法です。

image

MTA配合覆髄剤の有効性についての参考文献

歯の神経を残したい方へ

私の歯は神経を残せるのか?

例えば他院で「神経を取る」か「残せるか」という診断基準は、他院の歯科医師と大幅に変わるものではありません。

むしろ神経を残す確立をあげるのは、「歯髄温存療法を取り扱っているどうか」によって異なってきます。例えば当院の場合それが「MTAセメントを使った治療」です。実際に、当院で抜髄の可能性があった患者さんや他院で抜髄の診断を受けた患者さんも、多くの方の神経を残すことができています。一方、この歯髄温存療法を行っていない歯科では、歯髄温存療法の適応患者はそのまま抜髄の適応になるということです。

前述した通り、MTAは適応に限りのある治療です。MTAの適応になるかどうかは、実際に虫歯を取ってみないと判断が難しいことがありますが、適用の目安はあります。

image

MTAセメントの適用の目安

Image

①痛み(自発痛)があるかどうか

痛みがない、また冷たいものが少ししみるなど、症状が少ない場合であればMTAセメントが適応出来る可能性が高いです。

何もしなくてもズキズキ痛む、または今は痛くなくても過去にズキズキ痛んでいたことがあった場合は、虫歯が神経の深くまで進行している可能性が高いため、神経を残すことが難しくなります。

Image

②年齢

同じように怪我をしても、歳を取れば取るほど、怪我の治り方やスピードは悪くなります。

歯の神経も同じように、若ければ若いほど神経を残せる可能性は高くなります。一般的に10代〜20代で成功率が高いと言われています。とはいえ、それを過ぎたら適応外になるというわけではありません。

歯の神経と歯を守るためには

いずれにしても、「早めの処置」が必要となるわけです。痛みや違和感を感じることがあっても「まだ大丈夫」と自己判断で治療を先延ばしにすると、MTAで救える神経も救えなくなってしまうということです。

また、MTAは高い確率で神経を残すことが可能ですが、歯の状態や炎症によっては治療後に抜髄が必要になる場合があります。そうなると、考えなければならないのは「神経をとった歯を長持ちさせる」ことです。当院では、MTAが無理なら諦めるのではなく、精密な根管治療をすることで、「約60%」と言われる歯の根の治療の成功率を、少しでも上げる治療を受けることをお勧めしています。

神経をなるべく取りたくない、ご自身の歯の寿命を少しでも伸ばしたいと思っていらっしゃる方はお気軽にご相談ください。

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の梅川真由子です。
タグ: , ,

あなたの歯の神経、残せる?残せない? | 公開日: 2022/02/08 | 更新日: 2022/02/08 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top