三宮アップル歯科HOME > 症例 > 70代女性のセラミックによる審美補綴

70代女性のセラミックによる審美補綴

70代 女性

むし歯のチェックに来られた患者様です。複数の二次カリエスが出来ていたので、補綴物(詰め物や被せ物)の説明をしたところ、全て白い歯に変えたいとのご要望となりました。銀歯は性質上、その硬さから残った天然の歯との接着面に歪みが生じ、そのすき間から二次カリエスになりやすいとされています。結局のところ二次カリエスを繰り返すことで、どんどん歯質(残りの天然の歯の部分)が少なくなっていき、最終的に抜歯という結果になることもあります。

この二次カリエスの無限ループを脱する方法がセラミックや金を使った補綴治療です。セラミックは歯垢がつきにくく、歯との接着性も高いためすき間ができにくく、金はその柔軟性から咬み合わせの力による対合の歯への負担を和らげる効果も持っています。 三宮アップル歯科では補綴物を決められる際、それぞれの材料を使った治療を説明した上で、患者様に治療法を選択して頂いています。

before

after

before
after
before
after
before
after

治療が終わり、とても喜んで頂けました。「社交ダンスでモテ期が来たのよ」と嬉しいご報告も。今後もキレイなったお口を保っていけるよう予防でお手伝いができればと思います。

お年を召された方は「もう何年使うかわからへんし」と一歩引いて考えてしまわれる方もおられますが、逆に、むし歯や歯周病リスクを抑えることで誤嚥性肺炎や三大成人病の予防に繋がることもあります。また、咀嚼をしっかりする咬み合わせを保つことで、認知症予防にもつながり、健康寿命を延ばす足がかりになることも考えられます。お口の健康は全ての健康の始まりです。年齢は関係ありません。二次カリエスのリスクを減らし、健康的でしっかり咬める生活をご希望の方、お気軽にご相談下さい。

行った治療の内容:セラミックによる審美補綴

審美補綴治療には以下のようなリスクを伴う可能性があります
食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。



タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
70代女性のセラミックによる審美補綴

70代女性のセラミックによる審美補綴 | 更新日: 2018年7月19日 | by 三宮アップル歯科


神戸市中央区の歯医者 三宮アップル歯科TOPへ

神戸の歯医者 三宮アップル歯科

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~18:45
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

JR神戸線 三ノ宮駅前MAP

JR神戸線 三ノ宮駅東口徒歩1分
各線三宮駅から徒歩5分

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー

ご挨拶

院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶

お知らせ・情報

スタッフからのお知らせ
【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ