インプラント治療について

HOME > インプラント > インプラント治療について

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯が抜けた(歯を抜いた)後の治療として、歯の根の代替としてチタン製の人工歯根を埋入し、その上に人工歯冠を被せる、形状的にも機能的にも天然の歯に近い歯に模した治療法です。 インプラントは天然の歯と同じように独立して(ブリッジは除く)並んでいますので、咀嚼や手入れの仕方も天然歯と変わりなく使用できます。 見た目に関しても、ほとんどの場合セラミックやジルコニアを使用するため、他の天然歯と区別がつかない仕上がりになることが多いです。 また、針金をひっかける義歯(入れ歯)や両隣の歯を削るブリッジのように他の歯を削ることもありませんので、残った歯にとっても優しい治療であるといえます。 もちろん、天然歯に勝る歯はありませんが、使用感・形状が天然歯に近く、他の歯にとっても良い歯ということを考えれば、費用や外科処置を伴うことを考慮に入れても、QOLの高い治療方法としてご提案することがあります。

image

インプラントとブリッジの比較

インプラント

image

ブリッジ

image

歯の欠損の補綴歯科診療ガイドライン2008(※1)によると、5年後の予後は、インプラントとブリッジは変わらないとされています。
インプラントは,両隣の歯を切削する必要がないため、歯を削ることによって引き起こされる歯髄や歯周組織のトラブルは回避できます。
逆にブリッジは、隣の歯を切削する必要性かあるため、むし歯や歯周病、歯髄疾患などの生物学的な合併症を引き起こすリスクがインプラント処置よりも高く、更に発生頻度は使用期間が長くなるほど高くなるとされています。
5年以上の長い将来のことを考えると、インプラントの方がより予知性が高いことがわかります。

インプラントと義歯の比較

インプラント

image

義歯(入れ歯)

image

歯の欠損の補綴歯科診療ガイドライン2008(※1)によると、最も後方にある歯が欠損した場合において、義歯よりもインプラントを推奨すると言っています。 また、全ての歯がなくなってしまった、無歯顎の場合では、全部床義歯よりもインプラントを併用したオーバーデンチャーの方が、機能面においては優れていますが、コスト、外科的は手術をすることへの体への負担においては、全部床義歯の方が優れていると示されています。

参考文献※1)

医療法人社団アップル歯科クリニック全体の埋入実績

年別 ~2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
埋入本数 1150本 558本 426本 319本 389本 466本 453本 520本 488本
合計 4769本

※三宮アップル歯科は2016年から加算

技術・経験

医療法人社団アップル歯科クリニック理事長の吉見は資格取得に多数の症例の提出と発表、学会参加が義務付けられているICOI(国際インプラント学会)の指導医であり専門医であり、日本口腔インプラント学会の専修医、IPOIインプラント学会の認定医でもあります。 所属する歯科医師もインプラント治療を行うドクターは全てICOIに所属し、その他のセミナーや学会にも参加しています。 また、法人全体で4600本を超える治療実績を有し、その全てを症例検討会を通じ治療計画を歯科医師同士で共有しています。

image
知識

医療法人社団アップル歯科クリニックにおけるインプラント治療を施術する全ての歯科医師は、全員が実技を伴うインプラントのセミナーを受講するとともに、診査診断の時点で法人理事長吉見及びその他の歯科医師のアドバイスを元に治療計画を立案しています。 治療にあたる歯科医師は1人ないし2人であっても、治療計画は複数歯科医師の見解をもとに作られています。

image
設備・機器

インプラント治療における設備で大切なのがCT診断装置・滅菌機器・埋入機器が考えられます。 それがなければ目を閉じて手術をするのと同じと言われる「歯科用CT診断機器」は開院当初より導入し、3D画像によって骨の厚みや神経の位置を把握した上で治療を行います。 また、しばしば問題にあげられる滅菌に関しても機器はもちろん、それを行う人の教育に至るまで徹底して行っています。埋入機器は当然のことならがら高性能な高回転ドリルを使用しますので、手術の精度・患者様の侵襲も考慮した治療を設備機器でも補っています。

image

インプラント治療のリスク

インプラント治療には神経損傷術中の骨造成術の追加喫煙による影響処方薬の副作用脱離の可能性インプラントの対応年数インプラントの耐久性術中の事故感染メインテナンス移行後のリスクなどのリスクが考えられます。 詳細は下記インプラント治療のリスクのページをご覧ください。

image
インプラント治療の費用
エコノミー ベーシック スタンダード
オステムインプラント
手術代
250,000円+税
治療期間…2〜6ヶ月
治療回数…4〜7回
POI
手術代
300,000円+税
治療期間…2〜6ヶ月
治療回数…4〜7回
スタンダード
手術代
370,000円+税
治療期間…2〜6ヶ月
治療回数…4〜7回
タグ: ,

インプラント治療について | 公開日: 2016/08/22 | 更新日: 2019/11/08 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top