歯列矯正についてのQ&A

HOME > 歯列矯正 > 歯列矯正についてのQ&A

歯列矯正についてのよくある質問

Q.虫歯があっても矯正はできますか?
A.できないことはないですが、基本的には行いません。なぜなら、矯正治療は2〜3年かかることが多く、この期間にむし歯が進んでしまう可能性が高いからです。矯正器具が歯についていると、むし歯の治療ができないこともある為、むし歯治療を終えてから、矯正治療を行うのが定石です。
Q.ワイヤーが見えるのが嫌なので、ほかの方法はありますか?
A.マウスピース型の矯正装置や歯の裏側につける舌側矯正などがあります。適応に限りがありますが、様々な装置がありますのでご相談の上決めましょう。
Q.矯正歯科の認定医って?
A.矯正歯科医療の水準を維持・向上を図り、患者様に適切な矯正治療を提供するために「日本矯正歯科学会」が設定している認定医制度を取得した歯科医師です。日本矯正歯科学会の認定医取得には、症例提出や学会発表、認定医療機関での5年以上の在籍や論文の提出など、多くの課題をクリアしなければ取得できない狭き門です。アップル歯科には各医院とも日本矯正歯科学会の認定医と契約し、矯正治療を必要・希望される患者様の診断や治療計画の立案をおまかせしています。
Q.矯正治療後の知人の口に針金のようなものが入っていましたが何ですか?
A.ヒトの体は、元の形に戻ろうとする習性があるため、歯並びを治してもまた後戻りしてしまいます。後戻りを防ぐ為に、矯正終了後はリテーナーと呼ばれる器具をつける必要があります。矯正を行った期間とほぼ同時間は行う必要があると言われていますが、厳密には、永久的に固定した方が良いです。リテーナーにはワイヤーで固定するものや、マウスピースタイプのものがあります。
Q.矯正治療で歯を抜く場合があるのですか?
A.ガタガタの歯を並べようと思った時、歯を抜かなかった場合、綺麗には並ばせるためのスペースがなく、前に出ることによってそのスペースを確保しようとします。逆に歯を抜くと、歯が並ぶスペースができるため、前突することなく歯を並べることができます。抜歯が必要かどうかは、資料を撮り、審査・診断を行った上で判断します。
この記事の編集・責任者は歯科医師の梅川 真由子です。
DR梅川
タグ: , ,

歯列矯正についてのQ&A | 公開日: 2019/05/24 | 更新日: 2019/07/16 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top