出っ歯はマウスピース矯正で治せる?

HOME > 三宮wiki歯ディア > 出っ歯はマウスピース矯正で治せる?

出っ歯の原因と改善方法

出っ歯(口ゴボ)とは

上の前歯が他の歯に比べて極端に前にある状態を言い、日本人に多い歯並びです。前に張り出した歯のせいで口元がモコッとなるため「口ゴボ」とも呼ばれることもあります。

出っ歯は歯科用語で「上顎前突」といい、不正咬合という悪い歯並びの一つとしてあげられています。上顎前突は歯が前に出ているだけでなく、骨ごと前に出ている場合もあります。

不正咬合は見た目だけではなく、お口の健康や場合によっては心身の健康にも影響することがありますが、出っ歯・口ゴボと言われる方は、特にその見た目にコンプレックスを抱くことが多い咬み合わせです。

※1)日本人に多い不正咬合の種類として叢生があげられ、空隙・上顎前突(12.9%)・過蓋咬合も少なくないと言えそうです。

出っ歯(口ゴボ)の原因

遺伝によるもの

生まれつき前歯が外側に張り出したように生えてくる歯性のものは遺伝による出っ歯と言えます

歯の生え方によるもののほか、上顎が正常よりも成長してしまう・逆に下顎があまり成長せず上顎が出っ張って見える等の骨格的なものなどがあります。

しかしながら、先天的な問題であっても歯科治療(歯列矯正)や外科矯正などで治療すること事態はは可能です。

遺伝

習慣によるもの

歯は顎の骨からしっかり生えていますが、継続的な力がかかり続けると移動してしまうことがあります。指しゃぶりや舌癖など、習慣・習癖によって出っ歯になってしまう場合があります。

習癖の問題は、成長の過程で改善・修正することで、前突を予防することができるほか、歯列矯正でもできる場合が多いです。

しゃぶり癖

出っ歯(口ゴボ)のリスク

見た目・罹患のリスク

上顎前突という咬み合わせには、様々な問題・リスクが生じます。

  • 口元がモコッとするので、見た目がコンプレックスに感じる
  • 発音や咀嚼に影響がでる
  • 歯が前に出ているためスポーツや事故の際、前歯を損傷するリスクが高い
  • 口が閉じにくいため口腔内が乾燥し、菌が繁殖しやすく虫歯や歯周病になりやすい
  • 口が閉じにくいため口腔内が乾燥し、菌が繁殖しやすいため風邪や病気に罹りやすい

上記の理由から、歯科では上顎前突の方に歯列矯正を勧める場合があります。ただ、上記の問題は病気の症状ではないため、歯列矯正は保険診療での治療ができません。(顎変形症の外科矯正を除く)

出っ歯(口ゴボ)の治療法

マウスピース矯正

上顎前突になってしまうと、先天的であれ後天的な理由であれ、治療を望まれる場合は歯列矯正の適応となります。歯列矯正は歯に力をかけて少しずつ動かし、キレイに並べていく治療です。

矯正治療により歯が動くスピードは、1ヶ月に1mm程度と言われています。そのため、矯正治療はどうしても期間がかかってしまい、歯を引っ張るために痛みを感じることも多いです。従来までの矯正は見た目や装着感が悪くなることなどによって、どうしても治療に踏み切れない方も多くおられました。

しかし近年では、このうち「見た目」や「痛み」の部分を補うマウスピース型矯の治療精度が高くなり、矯正治療に踏み切られる患者さんは年々増えてきています。実際、アップル歯科においては2019年と2020年の2年で比較すると、マウスピース矯正を希望される患者様はおよそ6倍に増えました。

マウスピース矯正で出っ歯の矯正は可能です

当院にご相談に来られる上顎前突の患者様から良く受ける質問に「出っ歯だけどマウスピース矯正はできすか?」というお声を良く耳にします。マウスピース型矯正装置は、過去に「上顎前突の治療が苦手」な装置として考えられ、WEBサイト上にもそのような説明が多いためです。

歯を動かしていくにはスペースが必要で、そのスペースを作るために従来までの矯正治療は「便宜抜歯」といって歯を抜くこと作ってきました。

マウスピース矯正は、その抜歯後の矯正が難しかったことから「上顎前突が苦手」とされてきましたが、現在当院で使用しているインビザラインであれば、抜歯込みの矯正も可能になってきていますし、「歯を薄く削る」、「歯を後ろに送る」、「顎を広げる」という処置を行うことでスペースを作り、歯列を改善できる場合もあります。

ただし、「抜歯なのか」「削るのか」「送るのか」「広げるのか」その診断は重要です。その判断を見誤ると、歯は並んでも前突が治っていなかったり、出っ歯でない方が矯正治療になり出っ歯になってしまうというトラブルを引き起こします。

結論としては、マウスピース矯正でも治療可能な上顎前突の症例はたくさんありますが、自分にどんな治療が適切か、抜歯をする必要があるかどうかなど、矯正医を交えて相談することが大切です。

上顎前突のマウスピース矯正についてよくある質問

Q.出っ歯を抜歯なしのマウスピース矯正で治療することはできますか?
A.診断してみなければ確かなことは言えませんが、できる場合もありますが、できない場合もあります。詳しくは検査やシミュレーションを受けていただければわかっきます。
Q.軽い出っ歯の矯正で部分タイプのマウスピース矯正(インビザラインGo)による治療は可能ですか?
A.可能性は全くないわけではないですが、全顎タイプになることの方が多いです。まずは検査・シミュレーションを受診ください。
Q.マウスピース矯正治療中に痛みはありますか?
A.マウスピース矯正はアライナーと呼ばれるマウスピースを1、2週間ごとに交換して歯列を動かしていきます。
アライナー交換後すぐは痛みを伴うことがあります。(長くて5、6日くらい)歯が浮いたような痛みや口内炎や傷を口腔内に生じることがありますが、慣れてくるので、食事などの日常生活は普段通り行えます。
Q.治療期間はどれくらいですか?
A.症例によって異なります。部分矯正の場合は半年~1年ほど。全顎矯正については1年半から3年ほどです。
Q.虫歯があっても矯正できますか?
A.当院では虫歯の治療後に矯正治療を行なっております。矯正治療は長期間を要することがあるため、その間に虫歯が進んでしまうからです。早く矯正治療を始めたいが、虫歯が多い場合は短期集中治療もございますので、一度歯科医師にご相談ください。
Q.上顎の歯並びを治したい場合、上顎のみに器具をつけるのですか?
A.矯正は上下の咬みあわせを治すので上下ともに器具をつけるのが一般的です。ただし極軽微な歯の移動や、矯正治療後の後戻り治療に限っては、片顎だけのマウスピース矯正装置を使用することもあります。
Q.5歯がすでに部分的になくなっている場合、矯正できますか
A.歯のない部分が矯正では閉じない場合は、インプラントを併用して、矯正することもあります。
Q.矯正治療には年齢制限あるのか
A.成人矯正に年齢制限はありません。基本的に何歳でも歯を動かすことはできます。歯並びをよくしたいというお気持ちに年齢制限はありません。
この記事の編集・責任者は歯科医師の西端大祐です。
タグ: , , ,

出っ歯はマウスピース矯正で治せる? | 公開日: 2022/02/04 | 更新日: 2022/12/06 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪府 枚方市周辺で歯科をお探しなら

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科 枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top