歯列矯正って痛いの?矯正中の痛みについて

HOME > 三宮wiki歯ディア > 歯列矯正って痛いの?矯正中の痛みについて

歯列矯正は痛い?どんなときに痛む?痛くない方法は?

痛みが不安で矯正に踏み切れない…

歯列矯正には興味があるけれど、痛いイメージがある・・痛みがあるなら気乗りしない・・という方は少なくありません。 歯列矯正は一度始めると装置を付けての生活が数ヶ月から数年続くわけですから、不安に思うのは当然かと思います。

そもそも歯列矯正に限らず、「痛み」とは、人によって感じ方が違うため、一概にはいえません。とくに気にならないという方もいれば、痛みを感じるときもあったという方もおられます。後者の場合はまず、なぜ痛みを感じるのか、どういったときに痛みが生じやすいのかを知ることで、感じ方が変わることもあります。

例えば、歯列矯正中の痛みです。矯正中に歯が痛む理由の大半は、歯がしっかりと動いているからです。歯が動いているということは、矯正治療の効果がしっかりと出ていると考えられますので、痛いという感覚よりも、むしろ治療が進んでいることが実感できて、気にならなくなった!と感じる方もおられるようです。

今回は、歯列矯正の痛みが起こるケース、痛みを感じるポイント、対処法などを解説します。

歯列矯正で痛みを感じるタイミング

その1 歯が動いているとき

ワイヤー矯正もマウスピース矯正も、矯正装置や費用に違いはありますが、いずれも歯を少しづつ動かすことで、歯並びを整える治療です。

特に最初の歯が動き始める頃が最も痛みを伴うことが多く、時間経過とともに緩和されます。矯正装置をつけてから2〜3日程度は歯に装置の力が強くかかっているため、引っ張られるような痛みを感じることがあります。

痛みが出そうな場合は歯科医から処方される痛み止めの服用で対処するものですが、痛みを強く感じるのであれば調整する必要があるため担当医に相談しましょう。

その2 矯正装置が当たるとき

ワイヤー矯正の場合、矯正装置が頬や舌などに触れることで痛みを感じることがあります。また、ワイヤー矯正は歯が動くことで、ワイヤーが後ろから少しづつ出てきて、粘膜を突いてしまうことで傷つけてしまい、口内炎ができてしまうことがあります。

痛みを感じたら、決して我慢せずに、担当医にワイヤーの長さを調整してもらいましょう。一方、マウスピース矯正で使用するアライナー(矯正装置)はとても薄いとはいえ、ヘリが歯茎に触れて痛むことがありますので、違和感が続くようであれば、マウスピースを外して、担当医に相談しましょう

その3 食べ物などを噛むとき

食事をする際は歯に負荷がかかりやすいため、痛みを感じることがあります。

痛みが治まるまでの期間は、りんごやお肉・パンなど堅い食べ物は避け、お粥やヨーグルトなどの、柔らかくほとんど噛まなくても食べられる物をおすすめします。

歯が動く仕組みとは

歯槽骨の再生と吸収

歯列矯正の代表的な痛みは、歯が動くことです。歯とは歯槽骨という顎の骨で支えられており、歯と歯槽骨の間には歯根膜というクッションのような役割の組織があり、矯正装置で圧力をかけることで伸び縮みします。

歯が動く方向の歯根膜は縮み、反対側は引っ張られるため引き伸ばされます。そして、縮んだ方の歯根膜の周りの歯槽骨が吸収され、逆に伸びた方の歯根膜の歯槽骨は再生され、骨が増えます。

このように、歯槽骨の再生と吸収を活かして、歯を動かしていくことが歯列矯正の仕組みです。

矯正治療の痛みに耐えるには

痛みが気にならなくなる人も

矯正治療に伴う痛みは、歯が動く痛み、矯正装置が当たる痛み、食事中の痛みなど、歯列矯正を行うにあたって、痛みを感じるポイントはいくつかあります。

痛みが強くなった際は歯科院から処方されるお薬を服用していただくか、食べ物に注意していただくことで痛みを和らげることができます。

しかし、痛みを全くのゼロにすることは非常に難しく、特に歯が動く痛みは避けられません。しかし、だからといって矯正治療を途中でやめる人はほとんどいません。つまり、ほとんどの人にとって耐えれる痛みであり、虫歯や歯周病の痛みと違って「気にならない痛み」「我慢できる痛み」という方もおられます。

ただし、「痛みが気になって続けられない」という人が一定数いる矯正装置もあります。裏側(舌側)矯正です。裏側矯正は歯の裏側に装置が着くため、違和感や痛みが強く、残念ながら当院でも途中で断念(装置の切り替え)された患者様もおられました。痛みや違和感が苦手な方には向いていない装置と言えます。

マウスピースとワイヤーはどっちが痛い?

痛みには個人差がありますが、一般的にはマウスピース矯正はワイヤー矯正よりも痛みが少ないと言われています。 マウスピース矯正は、ワイヤー矯正よりも、弱い力で徐々に歯を動かしていくためです。

また、矯正装置が口内を傷つけるリスクに関しても、マウスピースの方が低く、もし痛みに耐えられなくなったとしても、簡単にご自身で取り外すことができます。

ワイヤー矯正よりも比較的痛みの少ないマウスピース矯正ですが、目的はあくまで歯を矯正することですので、痛み以外の特徴もしっかりと理解した上でご検討ください。必ずしも患者様に合った治療とは限りません。

装置別、矯正治療をやめたくなる理由

装置 やめたくなった理由
ワイヤー矯正 通院(調整日)がめんどくさい。
調整日のあとは痛くなる。
マウスピース矯正 あるステージからマウスピースが合わなくなった。
ついつい面倒で装着しなくなった。
裏側(舌側)矯正 矯正装置に舌が当たって痛い。

これらはあくまで一例ですが、実際に患者様が「矯正をやめたい」と感じるタイミングです。しかし実際に中断する方はほとんどいません。意外に多いのはマウスピース矯正で「自身で管理できなかった」場合です(特にご自身で治療費をお支払いされていない方に多い傾向です)。「痛み」については嫌になることはあっても、やめたいという方はそれほどおられません。

自分に矯正治療は耐えられる?

高い治療費・長い期間をかけて治療するにあたり、自身がその痛みや違和感に耐えられるかどうか、心配になるのは仕方のないことだと思います。

実際、矯正したほうが良くても、矯正治療に不向きな方もおられます。きちんと歯磨きできない方はワイヤー矯正で虫歯や歯周病のリスクが高まりますし、痛みが苦手な方は裏側矯正、ワイヤー矯正に一抹の不安もあります。また、自己管理ができない方にはマウスピース矯正は向いていません。

それでも、歯並びや咬み合わせを整えることで、その先の人生において見た目・お口の健康において大きなベネフィットを得られるのが矯正治療です。歯並びにコンプレックスがあり、矯正治療を検討するなら、自身に矯正治療ができるのか、どの装置が向いているのかなど、一度歯科医師と相談してみてはいかがでしょうか。

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪府 枚方市周辺で歯科をお探しなら

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科 枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top