虫歯菌・歯周病菌の種類と特徴

HOME > 予防歯科・定期検診 > 虫歯菌・歯周病菌の種類と特徴

お口の中の細菌について

お口の中の細菌の量

口腔内には約700種類の様々な微生物が生息しており、少ない人でも1,000億以上の細菌が歯面・歯周ポケット・唾液・舌の表面などそれぞれの部位に特徴的な細菌集団を形成しています。

菌があること自体は悪いことではありませんが、菌の数をコントロール出来ているか、自身の口にはどんな菌が多いのかを知ることが大切になります。

細菌の種類と特徴

細菌の形は球体状の球菌(きゅうきん)や、棒状の桿菌(かんきん)などさまざまな形態をしており、お口の中の様々な場所で活動しています。

これらの細菌によって虫歯や歯周病といった病が引き起こされますが、虫歯の発生を助長する菌・歯周病を助長する菌といった具合に分類することができ、それぞれ特徴も違います。

ご自身のお口の中にどのような菌が多いか知ることで、正しい対処をすれば虫歯・歯周病などの病気を未然に予防することができると言えます。

虫歯菌の種類と特徴

ミュータンス菌
(Streptococcus mutans)

ミュータンス菌は通性嫌気性のレンサ球菌の一種で、染色すると紫色に染まる性質(グラム陽性)を持っています。ストレプトコッカス・ミュータンス菌とも呼ばれることがあります。

元々お口の中にいる菌ではなく、既にミュータンス菌に感染した人が使った食器やキス・お箸やスプーンなどの使い回し等の生活習慣によって口腔内に入ってくる菌です。虫歯菌は多くの場合、このミュータンス菌を指すことがほとんどです。

ミュータンス菌

ソブリヌス菌
(Streptococcus sobrinus)

ソブリヌス菌は通性嫌気性のレンサ球菌の一種で、染色すると紫色に染まる性質(グラム陽性)を持っています。ストレプトコッカス・ソブリヌス菌とも呼ばれることがあります。比較的近年に発見された虫歯菌で、酸性の環境下や酸素や糖が全くない飢餓状態でも虫歯の原因である酸を作ることができる強い菌と言われています。

ミュータンス菌が歯に付着・定着するための不溶性グルカン(粘り気のある物質)を歯の表面に作り出す性質があり、虫歯の原因となるバイオフィルム形成を手伝っています。

ソブリヌス菌

ラクトバチルス菌
(Lactobacillus)

ラクトバチルス菌は通性嫌気性または微好気性で、棒状の見た目の桿菌です。乳酸菌飲料などに多く含まれており、唾液中のむし歯菌の検査用として長らく使われてきた菌です。

ミュータンス菌と同様に強い酸を作り出しますが、表面がツルツルした歯には着きにくいです。他の菌が作り出した粘り気のある面に着くことで、虫歯の進行を助長してしまいます。

ラクトバチルス菌

虫歯菌の特徴

虫歯に最も関与していると言われるミュータンス菌は、日頃私たちが食べている食べ物の糖分を餌として活発になります。「甘いものを食べると虫歯になる」というのはこのミュータンス菌の特徴が由来です。さらに、その糖分を接着剤代わりにして歯の表面に付着して、餌にした糖分から酸を産生することで歯を溶かしていきます。(※1)「虫歯」とは、この状態のことなのです。

それぞれの菌を役割として見てみると、ミュータンス菌が虫歯の原因となり、ソブリナス菌が住処をどんどん広げてミュータンス菌を住まわせ、ラクトバチルス菌が出来た虫歯を大きくする役割を行っていると言えます。

※参考文献1)

歯周病菌の種類と特徴

ポルフィロモナス・ジンジバリス菌
(Porphyromonas gingivaliss)

ジンジバリス菌は偏性嫌気性で、染色すると赤色に染まる性質(グラム陰性)を持っています。上部消化管、気道、結腸にも生息している細菌です。

数ある歯周病の中でも最も歯周病に関わりの深い細菌で、ジンジバリス菌が持つ内毒素によって歯周組織が炎症を引き起こすほか、アルツハイマー型認知症の発症リスクを高める原因になっているという研究もあります。

ジンジバリス菌

トレポネーマ・デンティコラ菌
(Treponema denticola)

デンティコラ菌は嫌気性で、色すると赤色に染まる性質(グラム陰性)を持っています。らせん状の形できりもみ運動をしている姿が特徴です。

重度歯周炎の方のからの検出頻度が高いとされており、この菌が免疫抑制作用に関わっているともいわれている

デンティコラ菌

タネレラ・フォーサイシア菌
(Tannerella forsythia)

フォーサイシア菌は偏性嫌気性で、染色すると赤色に染まる性質(グラム陰性)を持っています。酸素のないところを好んでいます。

歯周病の原因となる細菌で、ジンジバリス菌・デンティコラ菌と共に歯周病を悪化することが報告されています。

フォーサイシア菌

歯周病菌の特徴

上の3つの菌はポルフィロモナス菌・ジンジバリス菌を中心に、歯周病の病原菌としてお口の環境を悪くしていきます。これらの細菌が好むのは歯茎からの出血や血液です。つまり歯周病が悪化し、日常的に出血するようになるとこれらの菌がより元気になってしまいます。

歯周病の悪化を止めるためには、これらの菌の数をコントロールして、増加させないことが鍵となります。

歯周病菌の対策

これら3つの菌が好む場所は「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯肉の間の溝です。これらの菌は酸素が苦手なため、どんどん奥の酸素が少ないところを目指します。これを止めるには、餌となる血液を菌に与えず、住処をなくす必要があります。

それに欠かせないのは毎日の歯磨き・歯科医院による専門的なクリーニングが必要です。歯周病とは「菌」との戦いです。菌の生息方法を知り、それら少なくする方法を知ることが大切です。

「これらの菌が活動しているかも?」と思ったら、まずは歯医者で歯周ポケットの深さを測ってもらうところから始めましょう。

菌を少なくする方法

口腔内の細菌を確認する

三宮アップル歯科では、お口の中の細菌をご自身にも見て確認頂くために、初めてのお口のクリーニング時に位相差顕微鏡を使った説明を行っています。口腔内の唾液を採取するだけで、生きた口腔内細菌をモニターで確認できます。

もちろんお口の中に菌がいない方はおられませんので、「居るのが当たり前」です。しかし、その菌の活動量や数、種類は正常な口腔内とむし歯や歯周病が進行している口腔内では大きく異なります。

これらの菌をどのようにコントロールするのか、また治療によってどの程度菌が減っていくのか。位相差顕微鏡を使った検査で、菌の存在と治療法をご確認下さい。

お口の中の悪い菌を減らすには

虫歯・歯周病のどちらも、細菌が原因であることはおわかりいただけたと思います。1971年に発表された論文で、虫歯を予防するための3つの指針が示されました(※2)。何十年も昔の論文ですが、今でもこの学説は虫歯予防の根幹となっています。

  1. ミュータンス菌の排除
  2. 餌となる糖分のコントロール
  3. 歯を強くする

単純に思いますが、実際この3つをしっかりできれば、むし歯のリスクは大きく下がります。これに対し歯科医院では以下の事を行ないます。

  1. 衛生士によるクリーニング
  2. 食事指導
  3. フッ素塗布

これらを総じて「予防」と呼んでいます。虫歯は大きくなれば削るしかなく、削ってしまえば二度と元には戻りません。「予防」は、歯科医院での治療において数少ない「歯を削らない」治療(施術)とも言えます。虫歯の進行が目に見えなくても、口の中に菌がいればいずれ虫歯が進行するかもしれません。

※参考文献2)フッ化物の普遍的な最適な適用と、甘いもののでんぷん質の食物の代替(または単に賢明な砂糖の消費)さえ、ほとんどの仕事をするでしょう。敏感な咬合面を接着性ポリマーで密封すると、フッ化物が明らかに最大限に効果を発揮できない部位を保護できます。(訳)

痛くない予防歯科を進めましょう

虫歯の治療というと、歯を削って詰め物や被せ物をする治療だと思われがちですが、その原因である虫歯菌を減らさなければいくら治療しても再度虫歯になったり、治した歯の内側に虫歯が出来たりしてしまいます。歯周病も同じで、菌を減らさなければ根本的な解決にはなりません。

歯医者ではこの菌を減らす治療を「予防」や「クリーニング」と呼んでいます。しかし、本当の目的はこれらの菌を取り除くことと住処を無くすことです。虫歯を病気や感染症として考えれば、これらの菌をコントロールする予防やクリーニングはとても重要になります。

菌がコントロールされたキレイで健康的なお口になるために、「痛くなってから治療」ではなく「痛くならないための予防」を始めましょう。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西端 大祐です。
タグ: , ,

虫歯菌・歯周病菌の種類と特徴 | 公開日: 2020/02/28 | 更新日: 2022/12/15 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪府 枚方市周辺で歯科をお探しなら

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科 枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top