三宮アップル歯科HOME > 症例 > ダイレクトボンディングによるホワイトスポットの治療

ダイレクトボンディングによるホワイトスポットの治療

25歳 女性

前歯にある白い斑点がコンプレックスで、アイコンの症例・記事を見られてご相談に来られた患者様です。ホワイトスポットとは、エナメル質形成不全という歯の表面の病気です。これは遺伝的な場合や脱灰という初期虫歯のような状態でなる場合などがあります。それ自体が痛みを伴うことはありませんが、エナメル質がしっかり形成されていない分、むし歯の進行が早いということはあります。ただし、ホワイトスポットの治療に来られる患者様の多くは、その見た目を主訴とした場合がほとんどです。歯科医院はむし歯の治療はもちろんですが、こういったコンプレックスを解消することも大切な治療であると考えています。 ホワイトスポットの治療にはいくつか方法がありますが、それらはホワイトスポットの深さによって適応が異なります。ホワイトスポットが浅い場合は再石灰化を促す「歯磨き粉」状のもので自然治癒を図る場合もありますが、しっかり短期間で消したい場合はアイコンという薬剤を浸透させることで、改善出来ることがあります。ホワイトスポットが深くなると、歯を削りダイレクトボンディングやラミネートベニア・クラウンなどの補綴治療となります。

before

after
こちらの患者様は、アイコンをご希望されご来院されましたが、残念ながらアイコンの適応とはなりませんでした。それでも「ホワイトスポット」を消したいというご要望でしたので、当日施術可能(遠方から来られたため)で歯質の切削量が少ないダイレクトボンディングによる治療を行いました。

process

process
ダイレクトボンディングによるホワイトスポットの治療は、まずホワイトスポットの深さに合わせ歯の表面を薄く削ります。

after

after
その上からコンポジットレジンという樹脂によってキレイに歯面に近い形状にしていきます。

before

after

before
after

わずか1時間で長年悩んでおられたホワイトスポットが消えたとお喜び頂けました。ただし、レジンは経年劣化や着色があるというデメリットもあります。数年後、再治療や他の手段(ラミネートベニアやクラウン)にが必要になることもあるかもしれませんが、切削量が少ない分、次の治療の選択肢も多く残っています。末永くキレイに治療することが第一ですが、今すぐどうにかしたいというご要望に、少ないデメリットでお答えすることも大切な治療であると思います。

審美治療は「キレイになりたい」というご要望にお答えするだけでなく、コンプレックスを解消する治療であると考えます。ホワイトスポットの治療でお悩みでしたら、お気軽にご相談下さい。

行った治療の内容:ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングには以下のようなリスクを伴う可能性があります
食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
経年の劣化により着色や脱離をすることがあります。



タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
ダイレクトボンディングによるホワイトスポットの治療

ダイレクトボンディングによるホワイトスポットの治療 | 更新日: 2018年7月19日 | by 三宮アップル歯科


神戸市中央区の歯医者 三宮アップル歯科TOPへ

神戸の歯医者 三宮アップル歯科

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~18:45
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

JR神戸線 三ノ宮駅前MAP

JR神戸線 三ノ宮駅東口徒歩1分
各線三宮駅から徒歩5分

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー

ご挨拶

院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶

お知らせ・情報

スタッフからのお知らせ
【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ