三宮アップル歯科HOME > 歯茎の痛みや口臭の悩み > 歯ぐきの痛みや口臭の悩みについて

歯ぐきの痛みや口臭の悩みについて

歯茎の痛みや口臭の悩み

歯ぐきの痛みや口臭の原因はむし歯や歯周病であることがほとんどです。講習の場合、中には内蔵疾患から口臭を発することもありますが、当法人に来院される患者様の8割以上は歯が原因であったといえます。

歯周病による歯ぐきの痛み

歯周病は、日本人の8割以上が罹患しているとも言われている、世界で最も感染者の多い感染症です。歯周病の特徴は、軽度のうちは痛みなどの症状がでないことにあります。痛みや腫れを伴う頃には歯周病はかなり進行していると思って間違いありません。歯周病によって歯ぐきが痛みだした場合は、早めにお越しいただき、検査と治療を進めていきましょう。

歯周病による口臭の悩み

歯周病の原因は、歯周病菌という細菌によるものです。お口の中で悪さをする菌の中には硫化水素やメチルメルカプタンというガスを発生するものがあります。匂いの原因の一つとされるのがこのガスです。あるいは歯周病が原因で溜まった膿なども匂いの原因となります。進行した歯周病・歯槽膿漏はこうした口臭を発生しますので、逆に言うと歯周病の治療によって口臭を抑えることも出来るということです。お口の匂いが気になる方は、まずは歯周病の検査をしましょう。

むし歯による歯ぐきの痛み

歯肉の痛みのほとんどは歯周病であることが多いですが、むし歯でも歯ぐきが痛くなることはあります。むし歯が進行して膿がたまり、その膿の圧により歯ぐきが炎症を起こし、痛みを伴います。また、むし歯が腐り、歯周病を併発したり、バイ菌が入って歯ぐきが腫れることも考えられます。むし歯も歯周病も、早期の治療が重要です。少しでも違和感を感じたら歯科医院で治療しましょう。

むし歯による口臭の悩み

口臭というと歯周病が原因であることが多いですが、むし歯が原因で匂いを発することも当然あります。むし歯を放置していると歯槽骨が溶けたり神経が腐ったり、膿が溜まったりすることで匂いを時に強烈な匂いを発します。むし歯をしっかり治療することで口臭の改善にも繋がりますので、口臭を消すためにも歯という臓器を少しでも長持ちさせるためにもまずは治療を始めましょう。



タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
三宮アップル歯科の診療について 三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
:9:30~17:00
休診日
水・日・祝
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー
院長 和気正和からのご挨拶 院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
スタッフからのお知らせ スタッフからのお知らせ
スペシャルコンテンツ 【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
スペシャルコンテンツ 神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ