三宮アップル歯科HOME > 症例 > 前歯の保険治療をした経年劣化を補綴により審美回復

前歯の保険治療をした経年劣化を補綴により審美回復

30代 女性

昔保険治療をした歯の色や劣化が気になるとご相談に来られた患者様です。経年劣化により不適合箇所も見られ、やりかえを希望されました。もともとの歯が綺麗でしたので、1本だけの劣化が逆に目立ってしまっておられました。 カウンセリングにて審美的に治療したいとのことでしたので、オールセラミックにて周りの天然歯に応じた色味と形の歯をいれることで治療計画を立てて行きました。

before

after

before
after

歯は、一本だけであっても見た目の印象は大きく変わってきます。特に前歯の1番・2番は、見えやすい場所ということもあり、保険治療をされた患者様がやりかえを希望されることは少なくありません。 ただ、やりかえるごとに破折のリスクや形成のために歯を削ることもありますので、できれば一番最初の補綴時にセラミックを入れていただくのが最善の選択肢だと思います。 保険の治療が悪いというわけではありません。ただ、保険の治療をすることで二次カリエスのリスクが高いことと、審美的なデメリット・経年劣化のスピードは最初に理解していただく必要はあります。 大切なのは歯科医師がしっかり説明することであると考えます。三宮アップル歯科では、カウンセリングをしっかり行うことで、患者様が最善の選択をできるよう心がけています。 審美治療は見た目だけでなく、清掃性や虫歯の再発のリスクも下げる、機能的にも優れた治療であると考えます。むし歯で歯を削ることになってしまった場合、まずいちばん最初の補綴カウンセリングに耳を傾けてください。

行った治療の内容:セラミックによる審美補綴

審美補綴治療には以下のようなリスクを伴う可能性があります
食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。

審美の症例集に戻る

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約
前歯の保険治療をした経年劣化を補綴により審美回復

前歯の保険治療をした経年劣化を補綴により審美回復 | 更新日: 2018年7月19日 | by 三宮アップル歯科


神戸市中央区の歯医者 三宮アップル歯科TOPへ

神戸の歯医者 三宮アップル歯科

歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

三宮アップル歯科の症例集 症状別の治療例
診療時間(日・祝休診)
月・火・木・金:9:30~18:45
:9:30~13:00
:9:30~17:00
所在地
神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2−2
三信ビル3F(受付)・7F
電話番号
078-200-6802(むし歯ゼロに)
※急患・新患受け入れ可能

JR神戸線 三ノ宮駅前MAP

JR神戸線 三ノ宮駅東口徒歩1分
各線三宮駅から徒歩5分

診療カレンダー

三宮アップル歯科のプレミアムフライデー

ご挨拶

院長 和気正和からのご挨拶
理事長 吉見哲朗からのご挨拶

お知らせ・情報

スタッフからのお知らせ
【歯の豆知識】三宮ウィキ歯ディア 治療前に気になる疑問を解消
神戸・三宮で歯医者のお仕事 三宮アップル歯科の求人情報

このページのトップへ