自由診療での義歯(入れ歯)治療

HOME > 義歯・入れ歯(自由診療) > 自由診療での義歯(入れ歯)治療

自由診療での義歯(入れ歯)治療

歯が抜けた後の治療法の選択肢の一つとしてあげられる義歯(入れ歯)による治療。入れ歯の治療には保険が適用されますが、もちろん保険を使わない自由診療の義歯(入れ歯)もあります。保険診療で行う義歯治療は、やはり材料や形状が決まっており、なおかつ作りなおす場合の期間までもが決まっています。一方自由診療の義歯は「取り外しの簡単さ」や「違和感の大小」、「滑舌」「丈夫さ」など、ご自身の希望に応じて義歯の種類を選ぶことも可能です。
義歯(入れ歯)治療しか出来ない方、義歯(入れ歯)治療しか望まない方も「合わない入れ歯に嫌気がさす」ぐらいでしたら、一度自由診療の義歯をご検討下さい。ご相談だけでも承ります。

image

自由診療義歯(入れ歯)の種類

image

【精密入れ歯】BPSデンチャー

BPSデンチャーとは、製作工程が綿密にシステム化された製作法で作り上げていく精密な義歯です。BPSはBiofunctional Prosthetic Systemの頭文字で日本語で言うと「生体機能的補綴システム」となります。生体機能的、簡単にいうと自分たちの身体に馴染む入れ歯です。BPSのコンセプトは「よく咬める」「痛みを出さない」「外れない」「美しい」こと。患者様個人に適したオーダーメイドの義歯ですから、今まで入れ歯に馴染めなかった方も適合する可能性が高い治療法です。アップル歯科にはこのBPSデンチャーの認定歯科医師も在籍しており、作成は義歯専門の技工所「ライズデンタルコミュニティ」に一任してBPSデンチャーを作成していきます。
日本顎咬合学会 野沢による論文ではお口の中の再現性がBPSデンチャーのシステムが通常の義歯製作におけるものより精密さが明らかに上だと論じています。

BPSデンチャーのメリット

  • 金属のように味がないので味覚に影響しにくい
  • 修理や調整が金属より容易
  • 歯ぐきに近い審美性
  • 義歯専門の職人によるオーダーメイド
    オードーメイド 超精密
    セミオーダー 精密

BPSデンチャーのデメリット

  • 保険適応外のため費用がかかる
  • 作成に時間がかかる
image

金属床義歯

義歯床という歯がない粘膜の上に乗る部分が金属で出来てた入れ歯です。通常保険の義歯は、義歯床がレジン(プラスティックのようなもの)で作られるため、一定の強度を持たせるために分厚くなってしまいます。義歯床は床を金属にすることで、薄くしても強度を保つことが可能です。更に、維持装置や連結子も多様なものを使うことが可能ですので、維持装置の数や位置の調節に自由度が高くなり、維持歯にかかる負担を軽減出来るという特徴があります。簡単に言うと床に厚みがないため滑舌に影響がでにくくなり、感じる違和感も少なく、義歯を維持する歯への負担も少ないということです。保険の義歯に比べコストはかかりますが、その分自分の口にピッタリと合った壊れにくい義歯が作成可能です。床を金属にすることで多くの長所が得られることは、論文でも報告されています。

参考文献※1)

金属床義歯のメリット

  • 強度があり温度が伝わる
  • コバルト コストパフォーマンスが高い
  • チタン 金属アレルギーの可能性が低く、丈夫で強い上に軽い。適応症例も豊富。
  • プラチナ 味覚への影響が少ない

金属床義歯のデメリット

  • 保険適応外のため費用がかかる
  • コバルト 他の金属床に比べ温度が伝わりにくい
  • プラチナ 変形が難しく修理が困難
image

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯特有の金具(針金・バネ)がない義歯(入れ歯)です。保険の部分入れ歯には、義歯部分を支えるためにクラスプという金属の止め具がついています。これは、入れ歯を止めるためには必要なものですが、このクラスプの違和感がどうしても合わない方も一定数おられます。ノンクラスプデンチャーはこの金属の止め具がないため、クラスプの違和感が苦手な方にはお奨めの入れ歯です。

ノンクラスプデンチャーのメリット

  • 針金・バネの部分がなく見た目に入れ歯とわかりにくい
  • 義歯の取り外しが簡単で手入れが容易
  • 会話中に義歯が落ちる可能性が低い
  • メンテナンス性に優れている

ノンクラスプデンチャーのデメリット

  • コストがかかる
  • 素材自体の寿命が短いためオーバーホールが必要
  • 適応が限られている
image

コーヌスクローネ デンチャー

義歯部分を維持する部品にクラスプ(針金・バネ)を使わない、2重構造の歯冠ではめ込むことよって義歯部分を維持する入れ歯です。簡単にいうと茶葉を入れる茶筒の蓋の構造に似ていて、茶筒の蓋が振っても取れないがゆっくり引っ張ると取れる様を想像して頂くと分かりやすいかと思います。

コーヌスクローネ デンチャーのメリット

  • 装着・着脱が容易で義歯自体がコンパクトで薄い
  • 雑菌がつきにくい、口腔ケアも容易
  • フィット感があり装着感が良く破損しにくい
  • 他の義歯に比べて発音が容易

コーヌスクローネ デンチャーのデメリット

  • コストがかかる
  • 適用が限られている
  • 残存歯を削らなければならない
  • 治療技術を必要とされる
タグ: , ,

自由診療での義歯(入れ歯)治療 | 公開日: 2016/08/31 | 更新日: 2019/04/16 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top