デコボコな歯並び「叢生」のリスク

HOME > 三宮wiki歯ディア > デコボコな歯並び「叢生」のリスク

叢生とはどんな歯並び?

虫歯・歯周病・咀嚼不良・口臭

不正咬合「叢生」のリスク

叢生(そうせい)とは不正咬合の一つで歯がデコボコに生えている状態のことを指します。

歯と歯が重なり合っていたり、互い違いになって生えているため、見た目が気になるだけではなく歯磨きもしにくくなり、磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうので注意が必要です。

また、上下の歯が噛み合っていない場合は咀嚼がしっかりできず、消化器官にも影響を及ぼしたり、汚れが溜まりやすく菌が生息しやすい環境となるため、口臭が強くなることもあります。

歯科医院で、叢生の患者様に矯正を進める理由は、主に上記のようなリスクを回避するためでもあります。

叢生のデメリットとは

叢生に限らず、全ての不正咬合(良くない咬み合わせ)は下記のトラブルを引き起こす可能性があります。

①虫歯・歯周病リスク

叢生は歯がデコボコしているため、歯磨きがしにくく、食べかすや歯垢を磨き残してしまう方が多いです。歯磨きが不十分になり不衛生な状態が続くと、虫歯や歯周病が進行するリスクが上がります。また、歯の病気だけでなく、口臭がきつくなる原因にもなります。

②顎関節症のリスク

叢生に限らず、不正咬合は顎に負担をかけてしまうことで顎の関節の軟骨をすり減らし、顎関節症になる恐れがあります。顎関節症は一度症状が現れると、治療期間が長くかかってしまうこともありますし、場合によっては治療が困難である症例もあります。

③会話や食事への影響

歯と歯の間隔が大きいため、空気が抜けてしまい、発音がしにくいこともあります。また、咀嚼がうまくできなかったり、舌の発達を妨げるという論文もあり(※1)、日常生活に支障をきたす恐れもあります。

※1)下顎前歯叢生は舌機能の発達不全と密接に相関していることが明らかとなった。さらに、舌機能の発達不全が、下顎前歯の不正咬合を誘発および悪化させる可能性、もしくは、下顎前歯の叢生が、正常な舌機能の発達を妨げる可能性が示唆された。

叢生になる原因はなに?

原因のひとつは顎が小さいこと

叢生になる原因の多くは、顎や歯の大きさが関係しています。例えば、顎のサイズに対して歯が大きいため、歯が綺麗に並ばない場合です。歯が綺麗に並ぶスペースがなければ、歯が収まりきらずに、歯並びが乱れて叢生になってしまいます。このように先天的に歯と顎のサイズのバランスがとれていないことは決してめずらしいことではありません。

一方で、後天的な要因によって叢生となる場合もあります。例えば、柔らかい食べ物ばかりで顎が発育せず、歯が並ぶ大きさまで広がらなかった場合や、指しゃぶりや口呼吸などの口腔習慣、頬杖をつくことなどの幼少期の悪癖などです。

その他にも、虫歯や外傷などで乳歯から永久歯への生え変わりがうまくいかず、歯並びがズレて不揃いな歯になることもあります。

叢生は治療した方が良いの?

叢生を放置するとどうなる?

叢生だからといって、若いうちは何事もなく過ごせることは思います。ただ、歯磨きが難しかったり、虫歯ができやすいということはあるかもしれません。

思春期になると、コンプレックスに感じる子は多くなります。笑ったときに歯が見えるのが嫌で、笑顔が消えてしまうこともあるかもしれません。

大人になると、虫歯や歯周病に悩まされることが多くなります。若年のうちは虫歯に、中年期以降は歯周病に悩みます。その間、抜歯治療が必要なほど虫歯を繰り返したり顎関節症に悩まされることもあるかもしれません。また、海外に行った際には「どうして矯正しないの?」と、質問されることもあるかもしれません。

このように、叢生という不正咬合の影響は歳を重ねるごとに感じていくことになります。叢生が気になる方は、お早めの治療が得策です。

叢生の治療方法

叢生治療、大人と子ども

叢生の治療は子供と大人(成人)によってアプローチが少し異なります。

顎の骨が成長段階にある子供の場合であれば、顎の骨が柔らかいため顎を広げることでスペースを確保する場合が多いですが、デコボコが大きい場合は最終的にワイヤーを使って歯を並べることもあります。様々な不正咬合の中でも、叢生治療は小児期(混合歯列期)に矯正治療を開始するメリットは大きい咬み合わせといえます。

成人の場合は、顎の成長が終わっているため、基本的には歯列矯正で治療しますが、重度の叢生である場合は、多くのスペースが必要な状態であれば抜歯が必要になることもあります。健康な歯を抜歯するのは気が引けるかもしれませんが、叢生のままで過ごすリスクと、最大4歯抜歯をしてでも歯を並べた場合を天秤にかければ、抜歯矯正の方がQOLが高かったり、将来的に歯を失うリスクを軽減することにも繋がります。

治療期間と治療費について

まずは歯科医師に相談を

叢生の治療期間は、患者様によっても異なりますが、約2〜3年程度かかることが多いです。

叢生は一件かなり歯並びが乱れていて、治療が困難そうに見えますが、実はそれほど難易度が高い歯並びではありません。軽度であればマウスピース矯正で半年で治療できるものもあれば、ワイヤー矯正で2年以内に終わることもあります。例えば下記症例1ならマウスピースで7ヶ月、症例2はワイヤー矯正で1年3ヶ月で終了しています。ただし、咬み合わせに「開咬」や「前突」などが加わると、難易度が増し、期間がかかってしまいます。

費用については、叢生の矯正治療は自由診療となるため、医院毎に異なります。ボリュームゾーンとしては80万円〜100万円程度が多く見られます。例えば当院の場合ワイヤー矯正で65万円(税込715,000円)と調整料5,500円(税込)✕24回で85万円程度、マウスピース矯正の場合80万円+特別診断料7万円で税込96万程度(調整料込)となります。

これらを高いと考えるかどうかは、これからの人生で何年間キレイで健康な咬み合わせで過ごすかという点を考えれば、十分価値のある治療ではないでしょうか。

叢生治療の治療例

マウスピース型矯正装置による叢生治療

Before

After

治療の内容 マウスピース型矯正装置(インビザラインGo)による前歯の叢生治療
期間・回数 7ヶ月・7回(カウンセリング・検査含む)
費用 自由診療:マウスピース型矯正装置(部分矯正) 総額 400,000円(税込 440,000円)
リスク・副作用
  • 1日当りの所定の製品装着時間が守られない場合、製品が担当医師の指示通りに使用されない場合、アポイントメントが守られない場合、および/もしくは特殊な形状の歯が存在する場合については、望まれる治療結果の実現性に影響を与える場合があります。
  • 次のステージのアライナーに交換した後に、歯の圧痛を経験する場合があります。
  • 歯肉、頬及び唇に、製品による擦り傷または痛みが生じる場合があります。
  • 製品は一時的に発音に影響を与える場合があり、結果として舌のもつれを生ずる場合がありますが、製品に関連した発話障害は、通常1週間から2週間以内で軽減します。
  • 歯の移動を可能とするための空隙を創り出すため、歯の削合が必要となる場合があります。
  • 長期間にわたって重なっていた歯は、歯間接触下部の歯肉組織が失われている場合があり、歯列矯正を行うことで、「ブラックトライアングル」が発生する可能性があります。
  • 稀に、歯の寿命を縮める場合があり、歯内治療および/もしくは追加的な補綴修復処置等の追加的な歯科治療が必要となる可能性、および、歯が失われる可能性があります。 また、過去に歯の損傷があった場合、または大規模な補綴修復処置がなされていた場合、さらに悪化する可能性があります。
  • 稀に、顎関節に問題が生じる場合があり、それによって関節痛、頭痛または耳の障害が生じる場合があります。

マルチブラケット矯正装置による叢生治療

Before

After

治療の内容 マルチブラケット矯正装置(ワイヤー矯正)による叢生治療
期間・回数 1年3ヶ月・19回(カウンセリング・検査含む)
費用 自由診療:マルチブラケット(クリアタイプ使用)+矯正用ミニインプラント✕1本 総額 745,000円(税込819,500円)(調整料15回分含む)
リスク・副作用
  • 治療中の正常状態が悪い場合は虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。 長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。
  • 歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
  • 体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪府 枚方市周辺で歯科をお探しなら

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科 枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top