歯の根の治療(根管治療)

HOME > 根管治療 > 歯の根の治療(根管治療)

根管治療とは

虫歯の進行と歯髄の炎症

むし歯を治療せずに放置すると歯髄にまでむし歯が到達し、歯の根っこが激しく痛みます。歯の一番外側は、身体の中で最も硬いと言われるエナメル質で覆われていますが、エナメル質の内側の象牙質・象牙質の内側の歯髄と、内側へ行くほど柔らかい組織になっていきます。

組織の柔らかさはむし歯の進行に関係していて、硬いエナメル質を突破してしまったむし歯は、あっという間に象牙質・歯髄へと到達してしまい、歯の神経を痛めることで激痛が起こります。

たとえエナメル質にできたむし歯の孔(あな)が小さかったとしても、歯の内部で見た目以上に進行していることも多々あります。歯髄にまで到達したむし歯を治療するためには、歯の神経を取る根管治療をする必要があります。

image

根管治療のポイント

根管治療はしっかりした手順・環境・設備で治療をしなければ完治する確率が低くなってしまいます。治療した歯が根の先で膿を作ってしまう確率(再治療が必要になる確率)は約50%と言われています。(※1)

また、一度治療した歯が再度痛みが出たり、膿が再発してしまった場合、再治療を行うことになりますが、再治療の治療成功率は約50%と言われています。治療を重ねれば重ねるほど治療の成功率は下がっていくのです。(※2)

ですので、1回目の治療をいかに確実に行うかということが大切になります。感染した部分の取り残しが無いかしっかり確認できる歯科顕微鏡の設備や、細菌を含んだ唾液を治療部分に入れない環境が大事になります。

グラフ

参考文献

※1)東京医科歯科むし歯科より

根管治療の種類

歯髄炎

むし歯が歯の内部の歯髄(神経)に到達して、痛みが出たり知覚過敏のように歯がしみたりする症状を歯髄炎といいます。一般的に耐えがたい痛みが出てしまいますが、まれに痛みを感じない慢性型の歯髄炎にかかられる方もおられます。

AAE(米国歯内療法学会)によると、治療部位への唾液の侵入を防ぐラバーダム防湿ができないむし歯は抜歯適応とも言われています。このことからも、唾液等の水分を妨げる防湿をしっかりすることが根管治療において重要と言えます。

image

歯髄炎の治療の流れ

image

1.むし歯が歯髄まで到達した場合は、根管治療になります。

image

2.むし歯をキレイに除去します。

image

3.リーマーという専用の器具で歯髄(神経)を取り除きます。

image

4.歯髄が入っていた空洞を綺麗に消毒し、ガッタパーチャという薬で封鎖します。

image

5.被せ物をするための土台を入れて歯を補強します。

image

6.被せ物を調整します。

image

7.完成した被せ物をセットして治療終了です。

根尖性歯周炎

むし歯や打撲などにより歯の神経が死んでしまった場合や、根管治療を途中で止めてしまって放置していた場合、あるいは過去に抜髄した歯などが、何らかの原因によって感染し、歯の根の先端(根尖)に膿が溜まった状態を根尖性歯周炎といいます。

個人差はありますが一般的に鈍い痛みや激しい痛みを伴い、膿が溜まってしまうと自然に治ることはないので早急な治療が必要となります。

image

根尖性歯周炎の治療の流れ

image

1.根の先に膿が溜まると激しい痛みがあらわれます。

image

2.リーマーという器具を使って過去に詰めた薬剤を取り除きます。

image

3.状態を診て歯髄の空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。

image

4.被せ物をするための土台を入れて歯を補強します。

image

5.出来上がった被せ物を調整。

image

6.歯科用セメントでセットして治療終了。

根管治療を受ける患者様へのお願い

治療を途中で辞めないで!

歯の根の症状はかなりの激痛を伴いますが、実は治療の初期段階で痛みの元を除去するので、すぐに痛みが消えることが多いです。そして、痛みがなくなったからもう大丈夫と思われて、治療の途中で来られなくなる患者様がまれにおられます。

痛みの元は無くなっていますが、治療部位は仮の蓋でしか塞がれていません。万が一途中でやめてしまうと、またすぐに歯の根に膿がたまり、最悪の場合再治療が困難で抜歯となることもあります。

歯の根に関する研究では、お口の中の細菌が根の炎症を引き起こさせていることが分かっています。(※3)痛みを取るだけでなく、歯の根の中の治療を完了して被せ物をしないとまた症状が再発してしまいますので、治療終了まで通院していただけるようにお願いしています。

image

参考文献

この記事の編集・責任者は歯科医師の西端大祐です。
タグ: , ,

歯の根の治療(根管治療) | 公開日: 2016/08/08 | 更新日: 2022/09/01 | by 三宮アップル歯科

このページの関連記事

三宮アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図

公共交通機関をご利用の方へ

  • 各線三宮駅より徒歩3分
  • JR三宮駅より徒歩1分
  • JR三ノ宮駅 東口を北側に出て東へ徒歩30秒、中央口からは東へ徒歩1分程度となります。
  • 阪急神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩1分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て東へ徒歩3分
  • 阪神神戸三宮駅 西口から出て地下道を南へE2出口へ徒歩1分、地下鉄の東出口2番から徒歩1分
  • 神戸市営地下鉄 東出口2番から徒歩1分

お車でお越しの方へ

  • 阪神高速京橋ICより車で8分
  • 阪神高速生田川ICより車で8分
  • 専用駐車場・駐車券の発券はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪府 枚方市周辺で歯科をお探しなら

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科 枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top